新橋酔式の泥酔ブログ〜せんべろ居酒屋探訪〜

新橋界隈に勤務するサボリーマンがおくるほろ酔いブログ。 同じ生ビールを飲んでるのに、なぜ店によって値段が違う! どうせ飲むなら安くてうまいキンキンに冷えたビアが飲みたい!今宵の居酒屋を生ビールの値段だけで決める硬派なビアニストのための激安生ビール店やせんべろ酒場をせんべろガールズと飲み歩きします。 そのほか、合コン、スポーツ、旅もたまにつぶやきます。

せんべろ居酒屋探訪 その114

「居酒屋釧路 別館」上野
生ビール(アサヒスーパードライ)
250円(税別)→税込270円

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第114弾は上野の「居酒屋釧路 別館」です。
ちょうど成田空港から帰ってきて、京成を乗って戻ってきた。終点は上野。上野と言えばあまり飲むことがないのだが、昼から飲める店や立ち飲み屋がある一方、わりと観光化されてるなあという印象。外人も多い。だが、夜の飲み会まで暇だったので上野で時間を潰す(飲む)ことにした。ぶらぶら歩いているとある看板に目が留まった。
2017-07-10-17-01-28
250!?

2017-07-10-17-13-12
キタ――(゚∀゚)――!!生ビール250円!終日!さっそく入ってみる。

2017-07-10-17-14-55
銘柄はアサヒスーパードライ。大きさも普通の中ジョッキである。350ml缶がぴったり入るサイズ。

2017-07-10-17-16-35
ドリンクメニュー。生ビールは税込み表示の270円。税抜き表示が多い店もあるなか、良心的。

2017-07-10-17-16-43
2017-07-10-17-16-51
2017-07-10-17-16-58
ツマミは最低198円から。200~300円中心とけっこう安め。

2017-07-10-17-17-20
おすすめメニューもある。

2017-07-10-17-17-07
いろいろな種類の玉子焼きあり。個人的には岩のり厚焼き玉子が気になる!

ってことで、
2017-07-10-17-15-09
乾杯!

2017-07-10-17-14-24
こちらお通し300円。肉じゃがみたいな感じ。

2017-07-10-17-21-04
「力士みそもろきゅう」298円。力士みそが気になったので頼んでみた。濃いめの味噌。味噌にニンニクとかひき肉とかを入れたものらしい。「もろきゅう」の「もろ」って「もろみ味噌」のもろじゃなかったっけ?力士みそ?もろみみそ?どっちだ?

2017-07-10-17-23-08
「いくら醤油づけおろし」498円。ちょっと高めだったがいくら好きなので頼んじゃった。普通にうまい。

2017-07-10-17-15-17
店内では相撲も観戦できます。

ってことで居酒屋釧路 別館でした。別館だから本館もあるのかと思ったら、同じ上野にあるらしい。今回はサク飲みだったので、2品しか頼んでみないが、ツマミ安いけど思ったよりうまかった。生ビールが安いし、ツマミも安く、ここは飲み会で使えそうです。

【今日の会計】一人1454円(税込)
お通し
上記料理
上記ドリンク

「居酒屋 釧路 別館」上野
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13114459/

生ビール(アサヒスーパードライ)
250円(税別)

 

飲み番外編

サッポロラガービール
屋形船「赤星丸」に乗ってきた!

なんかのSNSかで、「赤星丸」という屋形船が運行されるという情報を目にした。赤星といえば、野球選手ではなくて、サッポロラガービールの愛称だ。ラベルのの色が赤いことから「赤星」と言われ親しまれている。このブログのせんべろな読者のみなさんなら、赤星と聞いただけで過敏に反応することだろう。

サッポロラガービール 屋形船「赤星丸」運航
~ビール好きに愛され続けてきた『赤星』を楽しみ尽くす屋形船!~
http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021607/index.html

↑が屋形船のプレスリリース。
6/15~25までの限定運航。あの赤星が飲み放題の屋形船である。これは乗る(飲む)しかない!
チケットぴあによる販売だったので、さっそく見てみると売り切れ続出!ぎりぎり一日分だけ4枚分チケットを取ることができました。うん、まさにプレミアムチケット!値段は食事ついて、サッポロ赤星を飲み放題で5400円(税込)。安い!?

出航が19時で仕事終わってから行くとぎりぎりになるので、午後休を取ってしまった。午後休となると逆に早すぎるので、目黒でBBQして、川床で飲んでから現地へ向かう。周りの人達に「屋形船で寝ないようにね」と言われる。最近、昼から飲みはじめると夜寝てることが多々あるのです。
2017-06-23-18-46-59
さあさあ、午後18時。品川駅から京急で一駅行った北品川駅が最寄りの三河屋前に集合です。このあたりは釣り船や屋形船が大量に出ていて、昔ながらの品川宿の雰囲気を感じることができる(その時代、生きてないけどね笑)。

2017-06-23-18-51-19
テーブル番号は③番。まだ明るいうちに船に乗り込みます。

BlogPaint
乗船前に記念撮影!せんべろガールズならぬ「赤星ガールズ」大集結です!笑

2017-06-23-18-51-45
赤星丸だけに赤ちょうちん。船全体が赤いコーディネート。

2017-06-23-19-00-11
船がいよいよ出航!さあ、お待ちかねのサッポロラガービール。通称「赤星★」!

ってことで、
BlogPaint
赤星に乾杯!!

2017-06-23-19-00-02
お料理。刺身にいろいろ。箸入れの「サッポロラガービール」がまたニクい。

BlogPaint
屋形船「赤星丸」の雰囲気。船内けっこう広め。客層の年齢層もわりと高めか。

BlogPaint
酔っぱらわないうちに、ひとまず乾杯写真!赤星ガールズに交じるブラジル男。

BlogPaint
ねじり鉢巻きが「結び方が甘い!」と本場のおばちゃんがセッティングしてくれる。素人は耳の上あたりで結びがちだが、本場はもっと上で結ぶのだそうだ。

BlogPaint
で、リニューアル後がこれ。うん、決まってるね!

2017-06-23-19-24-41
そうこうしているうちに、お台場に停泊です。この赤星マークは赤いはずなのだが、写真だと黄色く写る。ブラジルの呪いか!?笑

2017-06-23-22-16-15
さっそく、レインボーブリッジと記念撮影する赤星ガールズ。

BlogPaint
外に出てブラジル男も混じって撮影。

2017-06-23-22-16-21
これが赤星丸乗船記念の碑。フォトジェニック!

2017-06-23-22-16-30
さっそく、記念撮影する赤星ガールズ。人にピントを合わせると赤星の碑が写らない。

BlogPaint
さらに増える赤星ガールズ。どちらかというと、赤星レディースか。

2017-06-23-19-53-24
そうこうしていると、天ぷら入りました~~~屋形船と言えば天ぷらは外せません。

2017-06-23-19-33-58
赤ちょうちん。このとかとかみただけでそそられます!

2017-06-23-22-16-51
こちらの提灯はまさにサッポロラガービールの赤星提灯。もって帰りたい!

2017-06-23-22-16-49
「赤星探偵団」という柱。なんだろ?軽く調べてみたら、赤星が飲める店を探訪するサイトっぽい。

2017-06-23-22-15-01
こちらはサッポロラガーのラベルの変遷のようです。マニアはこういうのを見ると垂涎なのでしょうか。

BlogPaint
この辺りから記憶が曖昧です。なぜかカツラを被る赤星ガールズとブラジル男。

BlogPaint
バカ殿気分のブラジル男。めんこい、めんこい。

BlogPaint
嗚呼・・・。やっぱり撃沈。せつない。

2017-06-23-22-15-33
寝てる間にとにかく撮影しまくる赤星ガールズ。

2017-06-23-22-14-48
レインボーブリッジの下で勝負ポーズを決める赤星ガールズ。

BlogPaint
あまり記憶がないなか、どさくさに紛れて店員さんと2ショット。

BlogPaint
(寝てたせいか)あっという間に下船。帰り際の記念撮影。なんだか記憶が曖昧でせつないぞ。

2017-06-23-21-32-19
お土産はこちら!赤星グラス!これはアツい!あと赤星缶ビールもありました。

BlogPaint
ってことでお疲れさまでした!寝ててあまり記憶がなくてせつないので、次回絶対リベンジします!

また運航されたら嬉しいですね。赤星飲み放題だったのに、あまり飲んでないかも(ねじり鉢巻きのおばちゃんが今日はあまり出なかったなあって言ってた)。屋形船そのものは1万円近くして高いのだが(※ご参考 三河屋の乗合船で10800円)、これで5400円って半額ですよ!次回も乗る(飲む)しかない!

三河屋さんのフェイスブック。

後ろの方に写る赤星ガールズとブラジル男!笑

【今日の会計】一人5400円(税込)
サッポロラガー(赤星)飲み放題
コース料理

サッポロラガービール 屋形船「赤星丸」
http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021607/index.html

飲み番外編

サッポロ黒ラベル
「パーフェクトデイズ2017」に行ってきた!

なんかで登録したサッポロビールからメールが届いた。その内容によるとパーフェクトデイズという催しが開催されるらしい。

サッポロ黒ラベル「パーフェクトデイズ2017」 
http://www.sapporobeer.jp/beer/days/


スタンディングバーが設置されるらしい。気になる料金は、ビール1杯とオツマミ1品そしてお土産のグラスがついて500円!ビール1杯とオツマミ1品で500円だけでも安いのに、グラスがもらえるなんて相当安いぞ!しかも3日間限定!となると、行くしかない!
2017-06-30-18-48-10
さっそく東銀座特設会場のオープン日の6/30に行ってまいりました。ん?ここかな?既に行列。

2017-06-30-18-48-25
正面。なんだかいい感じ。

2017-06-30-18-48-31
6/30 16時オープン。18:30頃に会場についたが、数量限定の黒ビールは売り切れていた。言われてみれば、黒ラベルの黒ビールって見たことも飲んだこともなかった気がする。レアな体験ってことだったが、黒ビールはあまり好きじゃないので、ま、いっか。

2017-06-30-18-49-46
とりあえず並ぶ。お目当てはもちろんグラスですから!

2017-06-30-18-54-26
「完璧な生ビール」ってなんだろ?キン肉マンで言うところの、"パーフェクト超人"みたいなものか。

2017-06-30-18-59-52
待ち時間がありそうだったので、近くのコンビニで黒ラベルを買ってきて、立ち飲み乾杯!まさに「パーフェクトな待ち時間体験」

BlogPaint
待つこと20分。だんだん入口に近づいてきました。

BlogPaint
「あー好きですね。」特大モニターで告白する中田ヒデ。

BlogPaint
「自分のことを信じてあげな」と妻夫木聡。ちゃんと見てないので何の会話かわからん。

BlogPaint
なんか語ってるけど、とりあえず乾杯!キラーンの口元を再現してみたが、ただのニヤけ顔になってしまった。

2017-06-30-19-01-20
そうこうしているうちにチケットカウンターに到着。

2017-06-30-19-01-59
チケットゲット!たったの500円!入口まであと数メートル。

2017-06-30-19-07-01
入口から中を覗くと、白シャツのおねーさんがカウンターで飲んでいる。まさにオトナの生。左のおねーさんの黒インナーの透け具合と、足のポージングが好きです。

2017-06-30-19-07-08
さあ、いよいよ入店。

BlogPaint
カウンターでチケットを渡し、さっそくビールを注いでもらいました。注いでくれた娘があまりに可愛すぎたので記念に2ショット撮ってもらいました。

2017-06-30-19-14-09
1品ついているオツマミはこれ。ビニールから取り出す感じ。なんか機内食みたいだ。でも激ウマ。

2017-06-30-19-13-14
2層構造になったグラス。まさにパーフェクト。オトナ!

ってことで、乾杯!
2017-06-30-19-17-00
さきほどの可愛すぎるおねーさんにピントを合わせていることに気づいたあなたはさすがです。パーフェクト!

BlogPaint
ということで、パーフェクトなオトナの体験でした。サッポロのいう「完璧な生ビール体験」とか「大人の生」とか、何のこっちゃ?って感じだったけど雰囲気は伝わりました笑

2017-06-30-19-38-04
もう一つの楽しみのお土産のグラス。

2017-07-01-09-40-43
おお~けっこう大き目なグラス!350ml缶を入れるとちょっと余るくらいの感じでした。

2016年も開催されたとのこと。おそらく2018年も開催されると思われます。また行きたいですね~ちなみにパーフェクトビヤガーデンも7/13からオープンするみたいです。こちらも行くしかないですね!

【今日の会計】一人500円(税込)
別途コンビニで缶ビール購入

サッポロ黒ラベル「パーフェクトデイズ2017」 東銀座会場
http://www.sapporobeer.jp/beer/days/

せんべろ居酒屋探訪 その113

「赤札屋 六本木店」六本木
生ビール(キリン一番搾り)
390円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第113弾は六本木の「赤札屋 六本木店」です。
六本木交差点からアマンドの脇を通って芋洗坂を下りていくとすぐに目に飛び込んでくる赤い提灯。昔から気になっていたのだが、今回、合コンが六本木であったので0次会で行ってきた。赤札屋と言えば、新橋店大森にも存在する激安居酒屋。
2017-06-09-19-00-06
この店構えを目にした人も多いことだろう。赤い提灯と赤い店。なぜ、呑兵衛は赤い光に吸い寄せられるのだろうか。

2017-06-09-19-01-47
「生ビール(中)」390円。銘柄はキリン一番搾り。

2017-06-09-19-01-26
大ジョッキは600円のようだ。今回は頼んでないので大きさ比較できず。最安値はチューハイ150円。いつもこの赤札屋系列で思うのだが、「レモン入り」とわざわざアピールするのは何だろう。

2017-06-09-19-01-31
オツマミメニュー。総じて安い。税込み表示なのがひそかに嬉しい。

2017-06-09-19-02-16
激安居酒屋のくせに(失礼)、白板のおすすめメニューもある。

てことで乾杯!
BlogPaint
やはりおっさん客が多いが、立地がいいせいか女子もそれなりにいた。

2017-06-09-19-02-24
「お通し」360円。個人的にお通しが冷奴だと嬉しい。良質なタンパク質は肝機能の向上に効果あり!

2017-06-09-19-07-33
「冷やしトマト」240円。トマトは血中アルコール濃度を下げる効果あり!

2017-06-09-19-19-23
最安値の「チューハイ」150円。レモン入りが重要。

2017-06-09-19-39-48
おつまみ最安値の「オニオンスライス」160円。血がサラサラ効果あり!

2017-06-09-19-05-00
メガチューハイが超お得の250円らしいので、そういわれると頼みたくなるのが人情。

2017-06-09-20-04-12
人情で注文した「メガチューハイ」250円。この大きさなら確かにお得!ビールの大ジョッキもおそらくこの大きさであろう。

2017-06-09-19-01-58
こんな激安居酒屋(失礼)なのに、貼ってある有名人?のサイン。よくわからなかったが、ここに佐々木希とかのサインがあったら、佐々木希のことをすんごく好きになっちゃうかも笑。

ってことで、赤札屋六本木店でした。六本木の激安居酒屋といえば、飯田系列の「松ちゃん(生ビール180円)」と「小松(生ビール210円)」があるので、わざわざ行くことはなさそうだが、この近くで飲むときの0次会や2次会によいかも。他にも赤札屋は赤坂や四谷にもあるので、いつか訪問したい。

【今日の会計】一人1700円(税込)
お通し
上記料理
上記ドリンク

「赤札屋 六本木店」表参道
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13112331/

生ビール(キリン一番搾り)
390円(税込)

 

せんべろ居酒屋探訪 その112

「中華料理 ふーちん」 表参道
生ビール(サッポロ黒ラベル)
350円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第112弾は表参道の「ふーちん」です。「表参道で安く飲む」と言えば「中西」。その中西に行ったときにふと目にしたチラシがあった。

image

こ、これは!謎の激安居酒屋グループ(有限会社飯田系列)の新店舗情報!?
しかも「ふーちん」ってなんだ?
新装開店ってことは既に存在した店ってことだ。

むむむむ・・・
飯田系列店の存在を知らないまま、移転されたことに、猛烈なくやしさを覚える。

とにかく行くしかない(飲むしかない)!

2017-06-15-21-36-02
AOビルの脇道を通って奥らしい。AOビルと言えば、「俺のフレンチ・イタリアン青山」があるビルですな。またそんなシャレオツなところに移転したのか。

2017-06-15-21-36-40
突き当り。あの赤い暖簾?

2017-06-15-21-36-51
ありました!「ふーちん」!ちょっとこれまでの飯田系列とはコンセプトが違う感じ。

2017-06-15-21-36-58
赤い看板がなんとも言えません笑。しかも「ふーちん」って名前が脱力系です。

2017-06-15-21-37-26
新装開店記念がすごい。
①ドリンク1杯無料
②お会計から200円引き
③7月からは全メニュー100円引き

2017-06-15-21-40-16
「生ビール(中)」350円。銘柄は安定のサッポロ黒ラベル。このジョッキと銘柄は飯田系列と同じ!やはり同じなのか!?

2017-06-15-21-39-40
ドリンクメニュー。やっぱりレイアウトが系列店のと似ている。生ビールは350円。系列店の中では最高値。コンセプトが違うのか!?

2017-06-15-21-39-45
そして、料理メニュー。系列店とほぼ同じ価格帯。中華料理屋を銘打ってるので当たり前なのだが、料理が中華っぽい。系列店の中でもオリジナルメニューあり。また麺類があるのも特徴。

2017-06-15-21-39-54
そして定食もある。やはり激安居酒屋というより、中華料理屋を装っている。(中華料理って暖簾に書いてあるのだから当たり前なのだが、この系列がやると何か胡散臭い笑)

2017-06-15-21-40-01
裏面。肝心のチャーハンの値段が光ってわからず。

2017-06-15-21-42-06
「冷やし中華」なんてメニューもあり。

BlogPaint
店内の雰囲気も飯田系列そのもの。荷物を置く上の棚もお馴染みです。

2017-06-15-21-38-30
ちょっと様相が異なるのはこの椅子。位置が固定されています。ここは飯田系列にはないオリジナルですな。椅子だけでなく、隣の女子の足も気になります。

2017-06-15-21-52-31
「ギョーザ」330円。やっぱり中華にきたらギョーザだね。飯田系列のギョーザと味一緒。

2017-06-15-21-51-38
「玉子とキクラゲ炒め」750円。これは飯田系列居酒屋にないオリジナルメニューのはず。これ普通に作ってるのかなあ。

BlogPaint
TVモニターもついているので、スポーツ観戦もできるかな。

ということで、謎の激安居酒屋グループ(有限会社飯田が経営)のうちの一つ、中華料理屋「ふーちん」でした。生ビールの値段がとにかく安いこれまでの系列店とはコンセプトが違うようです。ていうか、これまでは居酒屋で、今回のは中華料理屋。食べログに投稿されているメニュー写真を過去から見比べてみると、2012年のはいわゆる街の中華屋っぽいレイアウトだが、2013年ころから例の独特のレイアウトのメニューになっています。このあたりから買収したのかな?謎は深まります。

【今日の会計】一人530円(税込)
お通しなし
上記料理
生ビール(最初の1杯無料)
さらに200円引き

「中華料理 ふーちん」表参道
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13209441/

生ビール
350円(税込)

 

噂の人気店    その42
魚金ウォーキングその9

「宇田川町魚金」 渋谷
生ビール(プレミアムモルツ) 90円 
※通常は580円

新橋を本拠に都内各地にある「魚金」。俺のシリーズと並ぶ予約激戦店でいつも満席。でも、せっかく新橋で飲んでいるので、いつも激安居酒屋の「コン」ばかり行ってないでこの魚金をめぐるツアーをやろうと思い立った。題して・・・  

「魚金ウォーキング!(ドラえもん風に)」  

嗚呼、なんて絶妙なネーミングでしょう!  

ということで、シリーズ第9弾は「宇田川町魚金(渋谷)」です。
2017-06-05-07-39-44
きっかけはこのティッシュを渋谷界隈でゲットしたことである。ななな、なんと生ビールが90円。しかも人気店の魚金である。なるほど、1周年記念で90円なわけですか。この機会を逃すわけにはいかない!

2017-06-06-18-47-35
ていうことで、やってまいりました。渋谷には「渋三魚金」、「神山町魚金」、「宇田川町魚金」と3店舗あるらしい。最初に電話した渋三が満席だったので、宇田川町にしたら空いていた。

2017-06-06-18-49-05
この階段の2階。なんか小ぎれいな感じ。

2017-06-06-18-47-25
ほっ、よかった。ちゃんと生ビール90円。

2017-06-06-20-23-24
生ビール90円。銘柄はプレミアムモルツ香るエール。ジョッキというかグラスは若干小さめ。

2017-06-06-20-22-47
飲み物メニュー。生ビールの通常価格は580円。あの小さめのジョッキで580円だったらかなり割にあわない。90円でよかった。

2017-06-06-20-22-582017-06-06-20-22-372017-06-06-20-20-53
その他の飲み物メニュー。和食だと日本酒などに行きたくなる気持ちはあるが、今回は生ビール以外禁止条例を敢行する。

2017-06-06-20-21-282017-06-06-20-22-202017-06-06-20-21-20
食べ物メニュー。まあいつもの魚金ですね。

2017-06-06-20-26-12
人気メニュー。1位はやっぱり「刺盛」。2位の「青のりどうふ」は別の店舗で食べたことあるが、地味だがめちゃうまい!

2017-06-06-20-26-19
新メニューらしいモザイク寿司。

ってことで乾杯!
BlogPaint
「生ビール以外禁止」条例を魚金ガールズも快く引き受けてくれました。

2017-06-06-20-20-58
「お通し」のポテサラ。410円。

2017-06-06-20-37-13
魚金と言えばこれ!「六点盛りスペシャル」1980円+真アジの姿造り300円。6点と言いながらいつも10点くらい乗って圧倒的ボリューム感満載!

2017-06-06-20-54-51
わさび足りないから追加したら、こっちも凄いボリューム出てきた!

BlogPaint
刺し盛りのボリュームに大興奮して乾杯。後方に写っているおねーさんも何か気になる。

BlogPaint
なので、2ショットを敢行!こちらのボリュームも大興奮!

2017-06-06-20-33-23
「大山鶏のピリ辛よだれ鶏」780円

2017-06-06-20-48-05
「銀ムツカマの煮付け」1580円。これは、量のわりに高い!

2017-06-06-20-52-32
「マグロの竜田揚げ」580円

BlogPaint
ってことで生ビール90円に乾杯!

なんと9人で生ビール49杯(一人5~6杯平均)飲んで、お会計は奇跡の一人平均1700円!これが生ビールが通常価格の580円だと一人4752円になっているところだった・・・。

【今日の会計】1人1700円程度     
お通し 410円×9
生ビール 90円×49杯
上記料理

「宇田川町魚金」渋谷
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13194290/

生ビール(プレミアムモルツ)
580円
 

噂の人気店    その41

「餃子家 とん吉」新橋
生ビール(キリン一番搾り)480円(税別) 

新橋駅前ビル。
昭和の香りが異様に漂うビルである。JR山手線の駅前でほとんどの駅前が小ぎれいに再開発される中、この新橋駅前だけは反対側のニュー新橋ビルも含めて全く昭和なままかわらない。さあそんな駅前ビル1号館に餃子居酒屋があるというので行ってみた。
2017-05-31-21-00-06
とん吉????餃子なのにとん吉?まるで焼とんの店のようなネーミングである。平日19:15頃に行ったが既に満席だったので、隣の「菊三八」の外に張り出た席で飲みながら、お客が出てくるのを待って1時間ほど飲んで入店できた。

2017-05-31-20-13-10
生ビール中は480円。銘柄はキリン一番搾り。ジョッキは珍しい形。高さがないが、幅がでかいので容量が普段のジョッキより多いか少ないか不明。

2017-05-31-20-12-49
こちらはメニュー。餃子居酒屋だけあって、餃子中心のメニュー。

BlogPaint
ってことで乾杯!餃子とビア!無敵の組み合わせ。

2017-05-31-20-16-48
「上海ザーサイ」380円。

2017-05-31-20-26-36
「パリパリ一口焼餃子」530円。なんかちょっと普通の餃子と違って皮が薄い感じ。でもうまし。

2017-05-31-20-28-54
「豚ニラ水餃子」530円。これもうまし。

2017-05-31-20-30-01
これは「シュウマイ」?680円

2017-05-31-20-51-52
これは何だったか忘れた。

ってことで、名前がとん吉なのに餃子家でした。「餃子とビール」というテーマで飲むならオススメです!でも混んでます。

【今日の会計】一人2000円くらい
お通し なし
上記料理
上記ドリンク

「餃子家 とん吉」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13048329/

生ビール(キリン一番搾り)
480円(税別)

 

噂の人気店    その40

「酒ぐら 金八」東京八重洲
生ビール(サッポロ黒ラベル)500円 

東京駅で飲むことになり、八重洲口周辺をブラタモリしていたら偶然目にしたこの店。この渋いたたずまい。そして、惹かれる赤ちょうちん。そして、店名が「金八」!金八と言えば、もちろん「3年B組金八先生」である。金八先生が不良どもの指導の後に、この店で「まあ飲め」と生徒に飲ませたとか飲ませてないとか(もちろん、未成年だからそのシーンは放映されない)。
2017-04-19-20-48-44
これが金八の店構え。もうこの店構え見ただけでぐっとくる人も多いだろう。


これが金八常連の金八先生。生徒を指導してビールを飲ませる姿は何度となく目撃されたとか、されてないとか。「人」じゃなくて「酒」って書いてあることもある。

2017-04-19-20-48-04
「生ビール中ジョッキ」500円の銘柄はやっぱりサッポロ黒ラベル。金八先生がプレミアムモルツとか飲んでても全く似合わない。

2017-04-19-21-07-55
あっさりしたお品書き。酒もツマミも1ページで収まってます。これも金八先生のご指導の賜物でしょう。

2017-04-19-21-08-02
そして、裏面には売れ筋商品を写真付きで解説しています。これも金八先生のご指導でしょう。

2017-04-19-20-49-24
壁には達筆でお品書きの短冊がたくさん貼ってあります。これも金八先生が生徒に習字の授業で書かせたとのことです。

ってことで乾杯!
BlogPaint
奥のおっさん達も金八先生の元生徒らしい。

2017-04-19-20-39-20
「信州特薦馬刺し」980円。金八先生のかつての教え子が牧場経営してるので、そこから直送とのことです。

2017-04-19-20-41-55
「モツ煮込み」480円。モツは金八先生が直々に芝浦市場から仕入れてきたとか。

2017-04-19-21-06-31
「エビスビール」は瓶で600円。後ろの女子がアンニュイな表情。

2017-04-19-20-42-02
「たこの唐揚げ」580円。たこは金八先生が東京湾で一本釣りしてきたのだとか。

2017-04-19-20-46-34
「子持ちししゃも」480円。本物のししゃもは北海道の一部でしかとれないので、おそらく代用品の「カラフトししゃも」と呼ばれるものでしょう。カラフトししゃもはししゃもと全然違うものらしい。と、金八先生が授業で言ってました。

さすがに店名が「~ハ」だけあって、料理がほとんど~80円。

ということで、「金八」でした。特に安くもなく、高くもない印象です。渋い雰囲気が好きか金八先生好きならオススメです。ちなみに料理長も店員も金八先生の教え子らしい(しつこい)。

【今日の会計】一人3000円くらい
お通し なし
上記料理
上記ドリンク

「酒ぐら 金八」川崎
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13069646/

生ビール(サッポロ黒ラベル)
500円

 

せんべろ居酒屋探訪 その111

「BINDI」汐留 ほろ酔いパスポート使用
1000円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第111弾は汐留の「BINDI」です。

突然ですが、
「ほろ酔いパスポート」ってご存知ですか?
2017-05-15-19-57-47
ランチが安くなる「ランチパスポート」の夜版である「ほろ酔いパスポート」ができたらしいのです。だいたい1ドリンク+2~3ツマミで1000円(税込)。店によってはこんなにたくさんツマミあって1000円!?みたいなものも。新橋エリア版と神田エリア版があるようです。

新橋酔式公式ツイッター
https://twitter.com/gekiyasu_beer

きっかけは、密かに存在している上のツイッターでつぶやいていたら、それを見た編集部から献本がありました!ついに、このブログも献本されるまで成長したんですねえ・・・笑。

bindi
と、いうことで、さっそく行ってまいりました。記念すべきほろ酔いパスポート(略してほろパス)1店目は汐留シティ―センターにある「BINDI」というインド料理屋。

2017-05-15-19-55-01
この店のほろ酔いメニューはなんと!飲み放題(2H)とツマミ1品!?というのは誤植で飲み放題(1H)だそうです。でも、1Hでも飲み放題なら全然いい!

2017-05-15-19-55-14
飲み放題メニューのビールは・・・プレミアムモルツ(香るエール)。1000円飲み放題なので文句はいいません!

2017-05-15-20-04-02
一緒にいった先輩(1ミリだけエイちゃんに似てる)は既にほろパス御用達で、この店は2回目でした。※ほろパスを使えるのは1店舗3回まで。

2017-05-15-19-57-53
たくさんつけられた付箋がこれまた年季が入ってます!

2017-05-15-20-08-28
で、1品ついている「チャナチャート」という謎の食べ物がこれ。ビールにとてもあう!

2017-05-15-19-56-10
ってことで乾杯!印度な内装!結局、1時間で5杯ビア!これぞ、本当のセンベロ!!

ちなみにこの店、ほろパス使わなくても「1H飲み放題※ただし1品注文制」が1000円でした。つまり、1品だけ頼めば1500円程度で飲み放題!

【今日の会計】一人1000円(税込)
1時間飲み放題+1品
※ほろ酔いパスポート使用

「BINDI 汐留店」汐留
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13175431/

※ほろ酔いパスポート使用
1000円(税込)

 

噂の人気店    その39

「大衆酒場食堂 丸大ホール本店」川崎
生ビール(キリンラガー)550円(税込) 

川崎っていうと、なんとなくだが労働者の町ってイメージで、別にディスってるわけではなくて、なんとなくその労働者が行きつけてそうな大衆酒場がたくさんありそうな雰囲気がする。大衆酒場といえば、もちろんこのブログの読者であれば、聞いただけでウハウハしてくると思う。が、しかし、実際に川崎駅を降りてブラタモリしてみると、チェーン店ばかりでなんともなかなか大衆酒場には出会わない。それもそのはず、人口140万を超える政令指定都市の中心駅であり、つまりは都会すぎて大衆酒場がよりつくしまがないのである。

行き当たりばったりでは見つからないので、ネットで「川崎で渋い居酒屋」などと調べてみると、それなりに大衆酒場が存在することがわかった。その代表格と言っていいのがこの「丸大ホール」である。

大衆酒場といえばやっぱり、あの吉田類パイセンもその「ホール」に訪れていたという。
→「吉田類訪問店の紹介はこちら

2017-05-08-19-27-59
さっそく訪れてみた。うむ、呑兵衛が好みそうな店構えだ。丸大っていうのは、〇に大で丸大らしい。昔、CMで「大きくなれよ~」で一世を風靡した「丸大ハンバーグ」との関係性は不明だ。

2016-12-15-20-13-31
「生ビール(中)」550円(税込)。生ビールでは珍しいキリンラガー。

BlogPaint
ちなみに生大は750円。中ジョッキとのサイズ比較は写真のとおり。店員のおばちゃんによると、大の方がお得だって。確かにそんな気がする。

ってことで乾杯!
BlogPaint
食堂って感じの店内。これがまたたまらん人にはたまらんだろう。ちなみに朝08:30からやってるとのこと。夜勤明けの人が飲みにくるらしい。この日は夜の訪問。

2016-12-15-20-12-06
こちらはメニュー。朝からやってる食堂だけあって定食メニュー中心。酒の最安値はサワー類の350円。

2016-12-15-20-11-41
こちらはオツマミっぽいメニュー。「カレー具」が気になる。

2016-12-15-20-12-18
こちらにもずらーっと短冊メニュー。

2016-12-15-20-12-28
テレビもついているので、スポーツ観戦できそう。この手の店には珍しくサッカーを放映。ていうか平日の夜の時間帯に代表戦でもないサッカーが中継されているのが珍しいのだが。

2016-12-15-20-15-07
奥には座敷の個室?もあります。

2016-12-15-20-12-45
お通し。なんとお通し代はタダらしい。

2016-12-15-20-18-29
なんかの刺身。たぶんアジ?「アジの開き」350円かも。

2016-12-15-20-20-13
「にら玉」350円。量のわりには安い。というか、値段のわりには量が多いと言うべきか。

2016-12-15-20-34-35
「大びん」600円。生中が550円だから量的には大びんがお得かも。

2016-12-15-20-13-17
こちらは「ウーロンハイ」350円。中ジョッキサイズ。

2016-12-15-20-50-57
なぞのオブジェも発見!

2016-12-15-21-20-08
「あさりバター」450円。やっぱり量多い。

2017-05-08-19-33-50
「もつ煮込」350円。やっぱり量多い。そして、味もうまし!

2017-05-08-19-38-23
「にらレバー炒め」450円。もやしマシマシ。

2016-12-15-20-37-31
そうそう気になるこのメニュー「カレー具」350円。いってみましょう。

2016-12-15-20-41-13
おお、普通にカレーの具!普通にうまし!

といことで、川崎の大衆酒場の代表格「丸大ホール」でした。朝からやってるので昼飲み(昼べろ)にも対応しております。なんでも「孤独のグルメ」にも出たことがあるとか(その番組、観たことがないのでわからないけど)。休日にいくと、賑わいすぎていて入れないらしい。

吉田類パイセンも訪問済み
→「吉田類訪問店の紹介はこちら

【今日の会計】一人2000円くらい
お通し なし
上記料理
上記ドリンク

「大衆酒場食堂 丸大ホール本店」川崎
https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14006825/

生ビール(キリンラガー)
550円(税込)

 

せんべろ居酒屋探訪 その110

恵比寿せんべろラリーに参加してきた!
6ドリンク+3フード 3000円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第110弾は恵比寿です。
 
1000bero-690x308
会社の同僚からの情報提供で「恵比寿せんべろラリー」なるものが開催されることを知る。

"恵比寿"といえば、東京屈指のオシャレタウン。
夜19時くらいに恵比寿駅の改札前あたりを通りすぎると、合コン、デートで待ち合わせしているOL女子のなんと多いこと!彼女達から醸し出される香水の香りとフェロモンで飲んでもないのに酔っちゃいそうである。新橋駅烏森口に漂う立ち食い蕎麦のダシの臭いとミックスされたおっさん臭とはえらい違いだ。このフェロモン女子の集まるシャレオツタウンには激安生ビールを提供する店やせんべろ酒場などは当然ながら存在しない。が、しかし、そんな恵比寿でせんべろラリーである。パリでは「ダカールラリー」か「せんべろラリー」かって言われているくらいだとか。

さて、下記のサイトから概要を確認すると・・・
https://machi-bar.jp/1000bero/

期間中に2000円か3000円のチケットを買って恵比寿の20店舗以上のお店で使うことができるとのこと。
2000円チケットは4ドリンク+2フード
3000円チケットは6ドリンク+3フード

だいたいこの手の相場って1ドリンク+1フードで1000円なので、1ドリンクお得!
ただ、店のラインナップがいまいちピンとこない。シャレオツな店が多く、"せんべろ"というワードが醸し出すイメージと合わないからである。まぁでも、とりあえずは行ってみようという話になった。

2017-03-29-19-13-18
ってことで、受付のお店「①アマポーラ」に行く。ここでチケットを購入できる。窓口購入だと+
500円なので事前にネットで買っておくとオトク。

2017-03-29-19-23-18
これがせんべろラリーのチケット。
左側で1ドリンクと1フード。右側は追加の1ドリンク。

2017-03-29-19-40-54
2017-03-29-19-41-07
マップと店の一覧を渡される。シャレオツな店ばかり。

2017-03-29-19-14-37
「①アマポーラ」でさっそく飲みたいところだが、貸切りなのか営業してなかったので、他の店にいくことにする。


せんべろラリー1軒目
「④スパイシーフライヤーズ」

2017-03-29-19-22-30
場所は西口の店舗が集まっている通りの奥。

2017-03-30-17-15-14
ドリンクは生ビールあり。

2017-03-29-19-22-25
が、ラリーとは関係なくハッピーアワーが20時までやっていて、1ドリンクに唐揚げ盛りで880円の看板に妙に惹かれる。

2017-03-29-19-23-35
結局、ハッピーアワーを注文。1ドリンクは生ビール。銘柄はエビスのようです。

2017-03-29-19-27-48
こちら唐揚げ盛り。部位の異なる唐揚げの3種盛り。

BlogPaint
て、ことで1軒目に乾杯!(既に飲みほしてるけど)。

さくっと切り上げて次なる店へ。せんべろラリーだから、もたもたしているヒマはありません。

せんべろラリー2軒目
「⑥estrela cafe bar」

2017-03-29-20-06-18
店選びはせんべろガールズにまかせます。希望は「プレモル以外ならどこでもいい」としか伝えておりません。

2017-03-29-20-07-10
ビルの階段を上がって、3階のお店。知ってないと絶対に入り難い感じ。

2017-03-30-17-16-48
ドリンクは生ビールOK。銘柄は不明。

2017-03-29-20-15-18
銘柄はハートランドでした。せんべろラリーのチケットを活用します。

2017-03-29-20-11-28
1店でドリンク2杯もいらないってことで、みんなでシェアする方式にする。受付ではいいよって言われたけど、お店ではだめって言われたが、無理やり押し通す。

2017-03-29-20-18-00
フードは「合鴨スモークの柚子胡椒ソース」。うまい。どのメニューから選べるのではなく、せんべろラリー専用のメニューとドリンクから選ぶ方式だということに今気づく。そりゃそうか。安いし。

BlogPaint
ってことで、2軒目に乾杯!いっきにラリー人口が7人に増える(顔出しNG多し)。

せんべろラリー3軒目
「⑫タンドゥール」

2017-03-29-20-56-09
3軒目は生牡蠣の写真に惹かれまくったラリーのメンバーの希望で「⑪佐渡島へ渡れ」に行くが、満席で断られる。で、同じビルの別の階にあったインド料理屋のタンドゥールにいくとすんなり入れる。"今年は32年目"だそうです。老舗のインド料理屋。

2017-03-30-17-15-52
こちらもドリンクは生ビールあり。銘柄は不明。

2017-03-29-21-01-33
ホっとひと安心。安定のサッポロ黒ラベル。そりゃそうだよね。サッポロ本社のおひざ元・恵比寿で他の銘柄だったら、営業担当は上司にシバかれることでしょう。

2017-03-29-21-08-50
フードは4種類。これは「ガーリックマッシュルーム」。うまし。

2017-03-29-21-08-54
「チキンカレーとスモールナン」。わりとマイルドな味。

2017-03-29-21-04-01
ってことで乾杯!

BlogPaint
3軒目に乾杯!ヒンドゥー語で乾杯は「チヤルス!」らしい。ギャルズじゃないよ。やっぱり顔出しNG多し(OKなのはせんべろガールズセンターのまゆゆのみ)。

せんべろラリー4軒目
「⑪佐渡島へ渡れ」

2017-03-29-21-25-29
さあ4軒目はさっき満席だった「佐渡島へ渡れ」という独特なお店。けっこうみんな和風なお店にいきたくて、参加店舗にあった沖縄料理屋はフードが「海ぶどう」だけだったので女子たちが盛り下がって敬遠したという。

2017-03-30-17-16-04
ドリンクに生ビールあります。それよりもみんなフードの牡蠣が気になっているもよう。

2017-03-29-21-41-12
生ビールはプレミアムモルツ。味はともかく、そもそもジョッキがスリムなのが気に入らんのです。

2017-03-29-21-41-18
他の連中はこちらの日本酒(佐渡島の地酒)。

2017-03-29-21-47-27
みんなお目当ての生牡蠣。俺は牡蠣はそれほど好きでもない。

2017-03-29-21-46-07
こちらは越乃鶏の竜田揚げ。

BlogPaint
ってことで乾杯。相変わらず、まゆゆ以外顔出しNG。

BlogPaint
どさくさで店員さんと2ショット!

せんべろラリー5軒目
「③BAR GENCO」

2017-03-29-22-21-51
ラリー5軒目はシャレオツなバーです。実は最後は時刻との闘いになりました。遅すぎて店が閉店しているという事態に!ということで比較的遅くまで営業しているバーになりました。

2017-03-30-17-15-42
こちらのメニューは豊富です。せんべろオリジナルカクテルだって!?すごい名称だ・・・。

2017-03-29-22-37-18
ビールがないのでハイボール。やむなし。

2017-03-29-22-44-42
なんかいろいろ頼む(もうほとんど消化試合な感じ)。

BlogPaint
ということで乾杯!奥の個室がたまたま空いていたので通される。が、「せんべろラリー」であることを伝えると、「普段はこういうところには通さないんですけどね」と露骨に嫌がられる笑。せんべろ差別だ!

てことで、せんべろとは真逆な街・恵比寿でラリーでした。恵比寿で6杯飲んで3000円なら悪くないかなって感じ。よくよく考えると1軒目のハッピーアワー880円がいらないんじゃないかと、冷静になってみたりもする。
ここの主催はこういったことをよくやってるらしいので、次回の企画に期待です。

【今日の会計】一人3880円(税込)
1軒目 ハッピーアワーセット 880円
2軒目~5軒目 チケット3000円

恵比寿せんべろラリー
https://machi-bar.jp/1000bero/

チケット3枚つづり
3000円(税込)

 

せんべろ居酒屋探訪 その109

「勝男 渋谷道玄坂一丁目店」渋谷
生ビール(モルツ)180円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第109弾は渋谷駅の「勝男 渋谷道玄坂一丁目店」です。マークシティを裏のほうにいくと行きつけの焼き鳥屋「鳥竹」がある。その鳥竹に向かって右に行くと、右側に「多古菊」、左側に「晩杯屋」がある。そのまままっすぐ進むと右側の角地に大きな居酒屋ができていた!
 
2017-03-22-20-16-23
もちろん、最初に目に飛び込んできたのは「生ビール180円」の文字。そして「道玄坂一丁目応援団」とある。この「~~応援団」は、新橋「ワタル」などを代表とする「応援団グループ」と私が勝手に呼ぶ系列店だ。

2017-03-22-20-17-51
「生ビール180円」の横に書いてある「※発泡酒ではございません」の表記もさきほどの「応援団グループ」と同じ。新系列店だろうか?!
 
katsuo01
困った時はバイトル。「有限会社飯田系列」の新店舗もこのバイトルでオープニングスタッフを募集していると新規店舗を発見することができる優れもののサイト(バイト以外の情報をこまめにチェックしているのはこの新橋酔式くらいだろう)。「株式会社GALA」というところが運営しているらしい。応援団グループは有限会社グローバル・クリエイションが運営しているので別会社ということになる。

BlogPaint
株式会社GALAの本拠地は大阪らしい。そういえば、思い出した。大阪なんばに行ったときに、この店で飲んだ!

image
それがその、大阪なんばの御堂筋沿いにあった「勝男」。しかし、その奥に「大阪王将」があるけど、この店も東京にあるし、その奥の「磯丸水産」も東京にあるし、さらにその奥にある「一軒め酒場」も東京にあるし、この写真が東京のものだと言っても誰も疑わないだろう。ちなみに緑色の看板「ピタットハウス」のすぐ奥は、大阪に行ったら絶対に立ち食いシメラーする「金龍ラーメン」がある。これは大阪オリジナルだったはずだ(東京進出してほしいなあ)。

katuso03
このバイト情報によると2017年2/9にオープンしていて、「満を持して東京初進出」とのこと。それはめでたい。しかし、「発泡酒・・・」の部分はワタル系列のパクリだと思うのだが、どっちが先に使用したのかは不明だ。

さてさて、肝心の生ビールは・・・
2017-03-27-18-59-42
「生ビール」180円(税抜)→税込み価格194円。銘柄はモルツ。
 
2017-03-27-18-58-29
ドリンクメニュー。生ビールは永続的に180円。チューハイは200円。左側によくわらん手文字が書いてあるが無視。
 
2017-03-27-18-58-37
ハイボールメニュー。最安値は「トリスハイボール」150円。ジムビームは180円で角ハイボールだと200円。値段が銘柄によって違うとは知らなかった。

2017-03-27-18-59-51
何も言わないで「ハイボール」って注文すると一番高い「角ハイボール」200円がでてきた。150円だと思ってるとあとで会計で微妙に高くなっていることだろう。(このときも150円だと思っていた。ブログを書くにあたって初めて気づいた)

2017-03-27-18-59-57
角ハイと生ビールの容量関係。氷の分を考えると生ビールのほうが圧倒的にお得。

続いて、食べ物メニュー。
2017-03-27-19-00-54
馬刺し以外はわりと安い印象。

2017-03-27-19-00-46
そして、店の看板にでかでかと書いてあった「大分中津の唐揚げ」。お店のウリだそうです。
 
2017-03-27-19-00-18
「やみつきキュウリ」250円

2017-03-27-19-06-54
「水菜と大根のサラダ」450円。

2017-03-27-19-33-51
「ももからあげ大(8個)」680円
 
2017-03-27-19-40-55
マヨネーズを追加で頼んだらでてきた。

2017-03-27-20-04-50
「たこわさ」280円

2017-03-27-20-25-30
「豚キムチいため」450円

2017-03-27-20-37-37
「チョリソちょっとカラソー」450円

BlogPaint
ってことで、からあげガールズたちと乾杯!
 
渋谷にまた生ビール200円を切る店が登場しました。料理のコスパも考えるとかなりオススメです。同じモルツを180円で提供する応援団グループの「居酒屋バッハ」がマークシティ裏に存在するが、こちらは少し遠目なので、立地的にも「勝男」がリード。「発泡酒ではありません」とか「応援団」とかかなり似ている要素が強い二つの系列店であるが、どっちがパクったのか仁義なき戦いがはじまるかも!?
 
【今日の会計】一人約1500円くらい
上記ドリンク
上記フード
あといろいろ

「勝男 渋谷道玄坂一丁目店」渋谷
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13205960/

生ビール(モルツ)
180円(税別)→税込194円

 

試してみたシリーズ その1

凄すぎると噂のgoogle「AutoDraw」って本当に凄いの?ちょっと試してみました。

ここ数日、「AutoDrawが凄すぎる」という話題が散見される。「AutoDraw」とはgoogleが無性で提供するツール。その名の通り、AIを使って自動でお絵かきするツールで、適当に描いた絵が、まるでプロ並みの絵に変換されるのだとか。いよいよ、googleもまるでドラえもん並の道具を作りはじめたわけですな(そのうちドラえもん本体も作りかねない)。

さっそく、どんなもんなのか試してみました!

09
ちゃちゃっと書いた、これなーーに?

10
おおおおーーー!綺麗な車の絵にたちまち変換!
ちなみに勝手に変換されるわけではなく、上部のバーに変換候補がでてくるのでそこから選ぶ方式。

01
続いてこれ。総画数3画で描いた絵。

02
おおおおーーー!綺麗なスマホに変換!

03
続いて、ニャンコ!

04
綺麗なニャンコに変身!なんとなくアメリカンテイストな絵が気になるところ。

17
このサイト、一応せんべろブログなので、やっぱりこの絵は外せませんね笑。ジョッキに注がれたビールです。この絵を描いてたらビール飲みたくなっちゃった。

18
シンプルにまとまったのはいいけど、美味しそうなビールの泡とかが全然ない!!!せっかく描いたのに!

05

国民的人気キャラのドラえもん!さあどうだ!

06
なんと!ライオン!?まあ、同じネコ科だから合ってるっちゃ、合ってる。

07
これはどうだ!ロビンマスク!
※「キン肉マン」に登場するキャラです。描くときはマスクの傷がポイント。

08
なんでタワー!?そっかタワーブリッジかっ!なかなかセンスあるな、google!
※ロビンマスクの得意技がタワーブリッジという名前。小学生だったときにウォーズマンのパロスペシャルとタワーブリッジをみんなで技かけまくったなあ。

11
さあさあ、こちらは国民的オバケのQ太郎!

12
googleにかかるとこんな不思議なキャラに返信!やっぱりアメリカンなテイスト。日本のキャラクターだと認識してくれないのかも。

13
これはどうだ!世界的人気キャラのミッキー!
さすがにgoogleもこのキャラを知らないとは言わせないぞ!

14
!?
た、たしかにネズミではあるが・・・!?あの陽気なミッキーがこんな悲しい表情のネズミになってしまいました。

15
世界でも人気のキャラ、キティちゃん!これはどうだ!

16
むむむ!またこのネズミ!!!
なんかこのネズミ、トラウマになりそう・・。

ということで、噂のAutoDrawを試してみました。
うーーーん、言うほど凄くもない気がするんだけど・・・。
ロビンマスクのときにタワーが出てきたのはビビったが(単なる偶然だと思う)。

AutoDraw 
https://www.autodraw.com/

噂の人気店    その38

「まこちゃん 新館」新橋
生ビール(プレミアムモルツ)525円(税込) 

正直に言います。
ある日、無性にやきとんが食べたくなってしまったのです。
新橋でやきとんと言えば「まこちゃん」です。マコちゃんがマコトなのか、マコミチなのか、マコーミックなのか、何者かは知らないが、新橋烏森口界隈に5店舗存在する名店の「まこちゃん」なのです。

そしてやっぱり、あの吉田類パイセンもその「まこちゃん」にサツアイ(挨拶)しに行ったのだといいます。
→「吉田類訪問店の紹介はこちら

2017-02-20-19-39-07
ってことで、「まこちゃん 本店」の前。密かに上の看板の「てっぺい」も気になる。まこちゃんの弟?ちなみに麻布十番で有名な「あべちゃん」は姉妹店だってさ。

2017-02-20-19-39-14
やっぱり、どうせ行くなら「本店」でしょ、と。が、しかし、混んでいて入れず。すかさず系列店に電話されて、「新館」が空いてるようなのでそちらを案内される。本店がよかったけど、ま、いっか。

てことで新館のまこちゃん。


「生ビール(中ジョッキ)」525円。銘柄は残念ながらプレミアムモルツ。これまで、まこちゃんにあまり寄り付かなかったのはビールがプレモルだったからってわけですな。

飲み物メニュー。プレモルが気に食わない人用に「瓶ビール」570円(税込)あり。大瓶なのでさっきの生ビールよりいいかも。チューハイ類は390円。

名物やきとんは145円。たれは秘伝だそうです。タレってどの店いっても"秘伝"だけど、たまには「極秘のたれ」とか「豊満のたれ」とか、秘伝以外のも食べてみたい。

おつまみメニュー。

やっぱりおすすめは「やきとん盛」。「新館サラダ」に「本店カレー」ってどういうこっちゃ!?

ハイボールと唐揚げがセットになった「ハイカラセット」は500円。単品は495円って、ハイボール?唐揚げ?どっちの単品!?ハイボール415円なので、唐揚げかな?いずれにしてもセットだと+5円なので、セット頼んだほうが断然お得。そしてお一人様190円ってのもなんだか計算違くないかい?


つっこみどころが多かったけど、とりあえず乾杯!
お疲れ様です!

「きゅうりタタキ」365円

「やきとん盛り5本」725円。もちろんタレは"秘伝のタレ"。"一子相伝のタレ"でもいいかも。北斗の拳ぽいけど。アタター!

2杯目乾杯!プレモルにブーブー言いながらなんだかんだ飲む。

「角ハイボール」415円。さっきのハイカラセットにしとけばよかった!

酔いどれ達で盛り上がる店内。

てことで「まこちゃん」でした。新橋っぽい代名詞のような店なので、女子に新橋で飲むってここに誘っても大丈夫。ただプレモルは好みが分かれるところだなぁ。

【今日の会計】一人2000円くらい
お通し なし
上記料理
上記ドリンク

「まこちゃん 新館」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13055045/

生ビール(プレミアムモルツ)
525円(税込)

 

噂の人気店    その37

「大提灯」大塚
生ビール(アサヒスーパードライ)430円(税別) 

大塚は新橋から山手線の真逆なので、なかなか行く機会がないのだが、大塚にある「ルビー」が現在生ビール30円という噂を聞き、確認がてら行ってみることにした(生ビール80円のときには来店済み)。でも、せっかく大塚に行くので、なんか渋い居酒屋にでも二軒目に行ってみたいなと探して発見したのがこの「大提灯」である。「提灯」にふらふらっと惹かれて居酒屋に吸い込まれてしまう呑兵衛は多いと思うが、なんとそのビッグ版の「大提灯」である。

そしてやっぱり、あの吉田類パイセンもそのビッグな提灯に惹かれてしまったという。
→「吉田類訪問店の紹介はこちら

2017-03-17-21-44-39
行ってみたらこの渋い店構え!たしかにビッグな赤提灯!ちなみに提灯を英訳するとLantern(ランタン)だそうです。なので大提灯を英訳するとビッグランタン。うーん、なんか渋みにかける。

2017-03-17-21-44-52
入口は普通の大きさの提灯が出迎えかえます。ノーマルランターン。

2017-03-17-21-48-04
生ビール中は430円(税別)→463円(税込み価格)。銘柄はアサヒスーパードライ。大きさは通常の中ジョッキ。ちょっと泡多め。

2017-03-17-21-47-56
生ビールの大ジョッキは700円。大きさ比較してみたかったが1軒目の
ルビー」でさんざん飲んだので今回は頼まず。チューハイ・サワー類は380円。ハイボールは400円。まあ一般的な値段か。

2017-03-17-21-47-41
食べ物メニュー。まあ、平均的なお値段。

2017-03-17-21-47-33
やきとんが有名らしい。そして、特製辛みそも絶品だとか。

2017-03-17-21-52-59
白板メニュー。通常メニューよりもこっちのメニューのほうを頼みたくなるのはなぜだろうか。

ってことで乾杯!
BlogPaint
見てのとおり、内装も渋すぎる店内。カウンターよりにある四角い行燈も渋い。行燈(あんどん)は英訳するとAndonとかLanternとか。さすが店名が大提灯だけあって、灯りにこだわりあり。

2017-03-17-21-48-29BlogPaint
逆サイドは複数人数で囲むテーブル席。左奥に見える障子の奥はお座敷になっているらしい。後で知ったがさらに地下にテーブル席があるらしい。どんな行燈があるか気になる。

2017-03-17-21-47-26
「お通し」280円。お通しを英訳するとAppetizer。前菜。でも、注文してないのに勝手に出てきて有料であることを考えるとCharge(チャージ)のほうがしっくりくるかも。

2017-03-17-21-54-53
「揚げぎんなん」350円。英訳するとFried Ginkgo nuts。ぎんなんの英語、初めてみた。

2017-03-17-21-58-31
そして、こちら名物の「やきとん たん、かしら」1本120円。特製辛味噌です。英訳するとYakiton。直訳してGriled Porkって言ってしまうと若干意味違くなってしまう。たん(舌)はTongeのタン。かしら(こめかみ)はTempleらしい。お寺の意味のtempleの何の関係もないらしい。なんだそりゃ(わりとどうでもいい)。

2017-03-17-22-22-44
「厚切りじゃがバター」450円。英訳するとThick slice fried potate with butterかな?ああだんだん英訳が面倒臭くなってきた・・。

2017-03-17-22-29-44
「メンチカツ」400円。英訳するとMinced meat cutlet。ミンチド ミート カツレツ。略してミンチカツ。これが訛ってメンチカツ。

2017-03-17-21-50-16
こちらは熱燗2合600円。銘柄は秋田の太平山。熱燗の英訳は簡単だね。Hot Sake。ホット酒。

ってことで、でっかい提灯の店「大提灯」でした。実はお店の読み方は
「だいちょうちん(Big Lantern)」ではなく、「おおぢょうちん(OH! Lantern)」なので注意!

【今日の会計】一人2470円くらい
お通し 280円
上記料理
上記ドリンク

「大提灯」 大塚
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13036859/

生ビール(アサヒスーパードライ)
430円(税別)

 

せんべろ居酒屋探訪 その108

「アガリコ 渋谷店」渋谷
生ビール(ハートランド)480円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第108弾は渋谷駅の「アガリコ 渋谷店」です。この日は渋谷で合コンだったのだが、最近頻繁に利用している「鳥メロ」が貸切で不可とのこと。やむなく店を探していたら発見したのがこの店。え?センベロじゃないの?まあまあ、落ち着いて聞いてくださいな。
2017-02-23-19-26-45
渋谷の東急ハンズをさらに奥に行ったところ。このあたりって駅から遠いのであまり行きたいないのだがやむなし。

2017-02-23-19-26-54
お店は合コンやデートでも使えそうなわりとシャレオツな外観。「アガリコ池袋店」が有名らしく、その渋谷店らしい。食べログなどで軽く調べると池袋店はレートが3.5以上もあり、口コミも好評だ。渋谷店は池袋ほどではないけど、おおむね好評のようです。

2017-02-23-19-27-02
平日17-19時はなんとドリンクが半額!生ビールは480円→240円ってわけですね。23時~28時までの朝まで飲み放題コースも1980円。カラオケいくより安い!?

2017-02-23-20-36-30
シャレオツな店内。夏はテラス席もあるらしい。

2017-02-23-20-42-30
今回ここで紹介する理由はこれ!
「シャンドン ブリュット」フルボトルが2800円(税別)!

え?それがどうしたって?
さすがは安いビールをこよなく愛する硬派な呑兵衛にとっては、スパワーなんてまるで無関心?笑 
※スパワー:スパークリングワインの略。世界で初めてスパークリングワインをスパワーと略したのは新橋酔式だと言われている。だってgoogleでスパワーって打ってもでてこないから

敢えて説明しますと、
あの有名なシャンパン「モエ・エ・シャンドン」がオーストラリアで同じ製法で作ったのがこの「シャンドン」なのです。
モエほどではないけどシャンドンもうまい。市販価格はだいたい2400円くらい。モエは1本4000円オーバーなので、そう頻繁に飲むことはできないけど、こっちのシャンドンならまあそれなりに飲める。そのシャンドンがお店で飲む価格で2800円なのです!安すぎる!だいたい4000円~5000円くらいが相場でしょう。

2017-02-23-20-42-27
はぁはぁ、ちょっと興奮しちゃいましたが、このメニューを見ると、興奮状態も落ち着きます。生ビールは480円。ハイボール500円。酎ハイ390円。とりわけ安いわけではない。

2017-02-23-20-42-36
他のワインもボトルで2800円のものから。あのドンペリも19800円。

2017-02-23-20-43-06
2017-02-23-20-43-12
フードメニュー。この店のウリはパクチーらしい。それで女子に人気なのだとか。

2017-02-23-20-55-14
ってことで、今回はビールを飲まずに、とにかくシャンドンボトル!素焼きのワインクーラーがまたシャレオツ。奥で女子とメニューを見つつ、密かに接近している男子はウッディではありません。


↑(ご参考)ウッディ 
 
2017-02-23-20-59-47
「お通し」300円。えびせん?撮り方が狙ってる?ってたまに言われます。

2017-02-23-21-01-09
「ベトナム風 生春巻き」300円。生春巻きっていつでも女子が必ず頼むメニュー。
 
2017-02-23-21-07-54
なんだろ、これ?「牛スジ肉の8時間煮込み」480円?

2017-02-23-21-08-19
「トマトとチーズのオーブン焼き」480円。
 
2017-02-23-21-35-42
「鶏レバーのなめらかムース」480円。480円が続く。なんかお得な気分。
 
2017-02-23-21-40-30
なんだこれ?「オリエンタルチリージョ パクチーと鶏もも」680円かな? 
 
2017-02-23-21-52-18
「パッタイ 焼きビーフン」950円。こちらはちょっと割高な感じ。
 
2017-02-23-22-03-40
こちらは「アガリコ式フライドポテト」480円?肉が乗っているので違うかも。実はメニューがわからいない場合は食べログの料理写真と照合して解明する地味な作業を毎回してたりする。こんなにわかりやすい料理なのに該当する料理が発見できなくて、何だかわからない。
 
2017-02-23-22-38-44
これも単純な料理なのにわからん。メンマとパクチー?
 
image
「空芯菜炒めトチオのソース」690円。トチオって何?誰かの名前?タイのソースの名前らしい。別に「トチ男」ではないらしい。
 
BlogPaint
ホットペッパーか何かでクーポンを探していたら「誕生日プレート無料」を発見。本当は予約時って書いてあったけど、聞いてみたらOKとのことなので無理やり頼む。そう、誕生月は一緒だけど、誕生日そのものは15日くらい前で、だいぶ誕生日色薄れてるけど(これも店に確認済み)。
 
BlogPaint
ってことで、合コンで初めて会った女子たちに無理やりお祝いしてもらった!笑
 
ってことで、渋谷のアガリコでした。
ウリは「シャンドンがボトルで2800円」です!
とにかくシャンドンっていうかスパワーを安く飲みたいならこの店!
 
【今日の会計】一人約4500円(税込)
上記ドリンク
上記フード
あといろいろ

「アガリコ 渋谷店」渋谷
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13183792/

生ビール(ハートランド)
480円(税別)→税込518円

 

さよなら築地市場シリーズ その23

「珈琲店 愛養」 築地市場(場内)

いよいよ移転まで数カ月となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

空気読めない小池知事が移転を延期しましたね。最終営業日は2016年11/2でしたが、2017年中の移転も目途がたっておりません(予算がたってないので2018年以降とのこと)いずれにせよいつ移転するか不明なので、来たる時に備えていまのうちに訪問しておきましょう。

ってことで、第23回目は「愛養」です。
2016-12-28-13-16-46
「愛養」は喫茶店です。みんなが血眼になって食べたがっている海鮮や寿司ではありません。行列がすごい「寿司大」や天ぷら「天房」の間にあります。ちょうどしーすー(寿司)ランチが終わってコーヒーでも飲むかってなったときにこの喫茶店の意義があります。

2016-12-28-12-47-02
基本はカウンター。2つだけ机があって複数人いるときはそちらで飲めます。

2016-12-28-12-45-52
コーヒなどいわゆる喫茶店的メニュー。一番下に唯一の食べ物メニュー「トースト」220円。

2016-12-28-12-49-48
「ホットコーヒー」450円。いわゆるコーヒー。お皿の「AIYO」の文字は「アイヨっ」って築地場内で働くおっさんの掛け声ではなく、「愛養」だと思われる。いちよう。

2016-12-28-12-49-22
「ホットミルクコーヒー」450円。だいぶミルク多め。こちらにも「AIYO」の文字。Hey!Say!JUMPが歌ってた「愛よ、僕を導いてゆけ」の「愛よ」という都市伝説もあるとか、ないとか。

2016-12-28-12-59-55
卓上にはミルクと砂糖と醤油。ん??なぜに醤油?コーヒーにもトーストにも醤油は使わないはずだが・・・?
店員に「この醤油何に使うんですか?」って聞くと「実は裏メニューで半熟卵があって、それにかけるんですよ」という。さっそく頼んでみる。
2016-12-28-13-09-02
裏メニューの「半熟卵」100円。

2016-12-28-13-09-23
半熟卵とか温泉卵とか食べるときに顔がついニヤけてしまいませんか?都市伝説?

ってことで、喫茶店「愛養」でした。
「しーすー食べたあとはコーヒーでも飲んでく?」
「アイヨっ!」
みたいな。
「愛よ!」ってなると急に重々しくなるので注意。

築地市場の最終営業日は11月2日(水)→終了も延期確定です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「愛養」も移転のもよう。

【今日の会計】

ホットコーヒー 450円
ホットミルクコーヒー 450円
半熟卵 100円 


「愛養」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13040524/


  

せんべろ居酒屋探訪 その107

「一軒め酒場 新橋店」新橋
生ビール(サッポロ黒ラベル)360円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第107弾は新橋駅の「一軒め酒場」です。

新橋駅ガード下。
汐留方面から烏森口に抜けるガード下に異変が!?

2017-02-09-19-21-24
そうそう、この場所、「養老の瀧 新橋店」があったところ。18時まではタイムサービスをやっていて生ビールが250円だったのだが、それ以外はとくに目立ったトピックスもない、ただの養老の瀧であった。が、閉店なのか改装なのか密かになくなっていた。

2017-02-09-19-21-06
工事中。右側奥の先が烏森口方面。なにやら「開店」の文字がある。

2017-02-09-19-21-46
近寄ってみると・・・なんと!養老の瀧のかわりに「一軒め酒場」が3/9 12時に開店するとのこと!「一軒め酒場」と言えば、街の至るところに存在する激安酒場。「一軒め」などと言うわりには、たいがい「0次会」か「3次会」でさくっと飲む時に来店する非常にリーズナブルな酒場だ。※0次会で行くってことはまさに一軒目なんだけど笑。そういえば、呑兵衛の聖地・新橋には「一軒め酒場」は存在してなかった。まさに満を持しての開店と言える。
 
3月2日。開店1週間前。
2017-03-02-19-07-21
行ってみると、オープン1週間前だが、店の形がほぼできていた。このでかでかと書かれた「190円」の文字が気になってしょうがないサラリーマンが続出であろう。
 
2017-03-09-19-06-36
さあ、いよいよ3/9開店当日!

2017-03-09-19-06-14
19時に押しかけてみるが、満席で入れず。まあ、この暗い駅前のガード下でこんなに煌々と190円アピールされたら、嫌でも吸い寄せられるであろう。

2017-03-10-13-53-47
 当日は結局、満席で入れなかったので、翌日の14時くらいに行ってみるとすんなり入れた。そうそう、この店、昼12時~深夜2時まで営業なのです!(定休日なし)
 
2017-03-10-13-55-34
「生ビール(中)」は360円(税別)。税込みにすると389円。銘柄はサッポロ黒ラベル。最近はやりのスリムジョッキ。どんだけスリムなのか今度、ちゃんと容量を測ってみたい。表の看板の「190円」に騙されるとこのビールの価格は拍子抜けだ。

ってなわけで、とりあえず乾杯!
2017-03-10-13-55-43
昼の14時なのにけっこう飲んでる人がいる。

2017-03-10-13-55-50
店内は広くて、2階席もあるもよう。

2017-03-10-13-56-10
こちら飲み物メニュー。190円なのはサワー、ウイスキー、日本酒、カシス、ワイン。人気のハイボールは300円。とりあえずよく飲まれるビールとハイボールがこの店の中では高めに設定されているのがなかなかうまい戦略だ。

2017-03-10-13-56-19
こちらは食べ物メニュー。200円台が中心だが、100円台のツマミもある。さすが安い!
 
2017-03-10-13-56-33
こちらは、すぐ食べたい人向けのスピードメニュー。
 
2017-03-10-13-56-46
こちらは店長のおすすめ。
 
2017-03-10-14-02-59
まずは一軒め酒場名物と言われるとつい頼んでしまう「神田旨カツ(和風)」99円。和風はぽんず醤油味。一口サイズ。
 
2017-03-10-14-10-42
「鶏味噌大根煮」160円。安い!
 
2017-03-10-14-13-00
「山盛りもやし炒め」290円。確かに山盛り。複数人数向けメニュー。

2017-03-10-14-19-59
「生ビール得ジョッキ」430円。通常の中ジョッキ(左)の一回り大きいサイズ。70円増しならこっちのほうがなんとなくお得。実際のところ容量はどんなもんだろうか。500mlはないけど、400ml以上はありそう。これから軽量カップ持ち歩こうかなあ。
 
2017-03-10-14-55-12
やっぱり190円の飲み物頼まなきゃねってことで「レモンサワー」190円。サイズはさきほどの中ジョッキ生ビールと同じサイズ。右側はお得ジョッキの生ビール。

まだまだ続くツマミたち。
2017-03-10-15-34-19
「揚げたて」220円。納豆ついても同じ値段らしい。

2017-03-10-15-43-24
「ウコン茶ハイ」190円と「水」0円。

2017-03-10-15-48-29
「おにぎり(さけ)」95円。お茶漬けと迷ったけど、値段でこっち。

2017-03-10-16-19-12
「焼味噌」180円。けっこう味濃いのでご飯と合う。

2017-03-10-16-25-47
「白鶴」190円の熱燗。焼味噌に合いそうなので頼んでみた。

ってことで、一軒め酒場がついに新橋にオープンした!の報でした。新橋駅の真ん前なので本当~にサクッと軽く飲むときに重宝するでしょう(もちろんガッツリ飲んでもOK)。ただし、190円をイメージしているとビール(360円)、ハイボール(300円)なので注意!
 
【今日の会計】約2500円(税込)
お通しなし
上記ドリンク
上記フード

「一軒め酒場 新橋店」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13206028/

生ビール(サッポロ黒ラベル)
360円(税別)→税込389円

 

せんべろ居酒屋探訪 その106

「ダイセン酒場」新橋
生ビール(モルツ)410円(税込)
→3/11まで生ビール99円!(終了)
→3/18までハイボール99円!(終了)
→3/25までグラスワイン99円!

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第106弾は新橋駅の「ダイセン酒場」です。
2017-03-09-20-28-31
新橋をブラタモリしていたら偶然発見したお店。あれ、こんな店あったかな?「ダイセン酒場」のダイセンは、先輩の意味の「パイセン」でもなく、大先輩の意味の「ダイパイセン」が縮まって「ダイセン」なわけではない。おそらく鳥取地鶏で有名な大山鶏のダイセンだと思われる。

2017-03-09-20-28-25
それもそのはず。3/6にリニューアルオープンしたというのです。リニューアルはどうでもいいけど、もっと気になったのがこの看板。「生ビール99円」だとぉぉぉぉーーー!

2017-03-09-20-34-17
生ビールの銘柄は「モルツ」。ジョッキは350mlくらいの量。

2017-03-09-20-32-50
なんとリニューアルオープン記念で、3月末までいろんな飲み物が99円です!

3/6-3/11まで生ビール99円
3/13-3/18までハイボール99円
3/20-3/25までグラスワイン99円

 
2017-03-09-20-33-222017-03-09-20-33-31
通常の飲み物メニューはこちら。生ビールの通常料金は410円。税込み価格なので税抜き379円だったらそれほど高くはなにかも。リッターメガ生が790円。こっちのほうが若干お得。ハイボール、サワー、サングリア、グラスワイン類は通常でも290円!税抜き価格にすると268円。これは安い。
 
2017-03-09-20-33-41
2017-03-09-20-33-49
そして食べ物メニュー。290円のツマミがほとんど。最安値は「ぷりぷりエビパン」180円。オツマミもだいぶ安い価格。しかも税込み価格。

って、ことで乾杯!
2017-03-09-20-34-31
店内わりとシャレオツな感じ。奥に8人用の半個室?あり。

2017-03-09-20-51-10
「ネギ塩豆富」250円。ネギ塩ダレに目がないんですよね~~

2017-03-09-20-50-22
「鶏メンチカツ(チーズ入り)」250円。けっこう大きい。揚げたてなのでうまい。

2017-03-09-20-55-05
「大山鶏むね焼き」290円。こちらも焼きたてなのでうまい。

ってことで、最近リニューアルしたダイセン酒場でした。セール中の生ビール99円やその他の飲み物も99円(しかも税込み)は驚異的だが、セールしてなくても生ビール以外はほぼ290円なので通常時でも安い!ツマミも290円平均で安い!これはいい店発見したね!
 
とりあえず、飲み物99円期間中の3月中に来店することをおすすめします!
 
【今日の会計】988円(税込)
お通しなし
生ビール 99円×2杯
ネギ塩豆富 250円
鶏メンチ 250円
大山鶏むね焼き 290円

(さっそく再訪。だってハイボール99円だもの!)
2017-03-13-18-45-21
3/13-3/18までハイボール99円
だったので、さっそく再訪してきちゃいました。

2017-03-13-18-53-46
「大山鶏の塩煮込み」290円

2017-03-13-18-57-33
「チューカラセット」100円。中辛の略ではなくて、チューハイ×唐揚げセットの略ですな。なんとレモンサワーと唐揚げのセットが100円!お得すぎ!ただし、16時~19時までのハッピーアワー限定なのと、1人1セットまで。にしても安い。

2017-03-13-20-24-02
「ピザ クワトロフロマッジョ」290円(通常サイズ)。通常サイズだと、半月状態できます。人数少なかったら半分で十分。

2017-03-13-18-53-22
ハイボール99円なのでとにかく頼みまくる。気が付いたら10ハイ飲んでたけど、ツマミが安くお通しもなかったので、1000円で済んだ!安すぎる!笑

【今日の会計】一人1010円(税込)
お通しなし
ハイボール 99円×10杯
鶏メンチ 250円
大山鶏の塩煮込み 290円
ピザ 290円

(さっそく再訪。だってグラスワイン99円だもの!)
2017-03-21-19-12-38
3/20-3/25までグラスワイン99円
だったので、さっそく再訪してきちゃいました。

2017-03-13-18-57-33
「チューカラセット」100円。16-19時に来店したときは外せません。最初にチューモンするときは「チューカラセット」。男女の恋愛もチューからですな。

2017-03-21-19-10-30
「やみつきキュウリ」190円。

2017-03-21-19-15-59
「大山鶏もも焼き」390円

2017-03-21-19-22-39
「グラスワイン赤」99円。

とにかくワイン安いので飲みまくり!さんざん飲んだのに、一人1200円で済んだ。安すぎ!ちなみにこの99円キャンペーンが終わったあと、いくらになるか尋ねたところ、「わからない」と言われました。ビール安いとうれしいなあ。

【今日の会計】一人1200円
チューカラセット 100円
生中 410円
グラスワイン99円×8杯
やみつきキュウリ 190円
大山鶏もも焼き 390円

(昼間に偶然とおりかかりました)
2017-03-15-12-26-22
ん?「らーめん」の提灯。

2017-03-15-12-26-16
なんと、昼間はラーメンを展開してました。今度行ってみよ。ラーメンにはうるさいですよ笑。

「ダイセン酒場」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13091438/

生ビール(モルツ)
410円(税込)→税抜379円

 

せんべろ居酒屋探訪 その105

「立ち呑み イチゴ―」淡路町/小川町
生ビール(モルツ)300円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第105弾は淡路町駅/小川町駅の「立ち呑み イチゴ―」です。東京最古の居酒屋と言われる「みますや」に行くとその隣にインパクトある店構えの飲み屋がある。前に「みますや」に行ったときに気になっていた。今回、その「みますや」での飲み会前の0次会で行ってみることにした。
2017-03-03-18-35-36
これがそのインパクトある店構え。いやでも目に入ってくる「酒つまみ200円オール」の文字。むしろグラビアアイドルを見るような眼で見入ってしまっていた。

2017-03-03-18-35-42
わかりづらいが、奥の白光りしている看板が東京最古の酒場と言われる「みますや」。まるで0次会や2次会で寄ってくれって言わんばかりの店である。

2017-03-03-18-35-49
「男は黙って呑む!」店名の「イチゴ―」はイチゴがうまいから、ではなく、開店当初は150円均一だったかららしい。

2017-03-03-18-36-13
お!4周年記念で2/13,14,15日は150円均一!まさに原点回帰!ちなみに訪れたのは3月なのでとっくに終わっていたが、来年2月の5周年記念の時に来てみようか。

2017-03-03-18-40-49
「生ビール」は200円でなく300円。

2017-03-03-18-39-28
さっそく頼んでみる。銘柄はモルツ。ジョッキは一回り小さめ。

ってことで乾杯!
BlogPaint
18時40頃に来たが思いのほか店内はすいている。

2017-03-03-18-41-01
ちょっと待て!2時間制だが、飲み放題ともつ鍋ついて2,200円は安い!

2017-03-03-19-05-33
なんと2次会コースは2時間飲み放題で1500円!料理も1品付き。そして、さきほどのもつ鍋コースと2次会コースを組み合わせて4時間飲み放題で3200円!(500円割引)。

BlogPaint
立ち飲みといいながら、ほとんどがテーブル席。立ち飲みスペースはカウンターの奥の方だけ。メニュー短冊がたくさん並んでいるあたりがカウンター。ここで注文して先払いで払う方式。

BlogPaint
これがメニューの短冊!見えづらいけど。基本200円均一。値段が書いてあるものはそれ以上。

2017-03-03-18-58-37
オススメメニュー。ほとんどが200円で高くても300円。安い!でか字の「なすしょうが」は超オススメでしょうか。

2017-03-03-18-57-48
こちらに並んでいるツマミも200円均一。基本的に注文してから作っているので、すぐ食べたいときはここから取って会計をする。

2017-03-03-18-40-00
ということで、並んでいるツマミのうち「もやしのおひたし」200円をゲット。

2017-03-03-18-40-17
なぜかミラーボールが回る店内。BGMも70年代だか80年代だかのよく耳にする洋楽。

2017-03-03-18-58-57
サワー類は200円なので、節約で頼んでみることに。初恋サワーとか洒落たネーミングのなかに「巨乳サワー」なるものがあり、とても気になる。

2017-03-03-18-59-28
「巨乳サワー」200円。いわゆる巨峰サワーです。ジョッキは使いまわしです(ちゃんと洗ってくれます)。

2017-03-03-19-09-12
超おすすめされてた「なすしょうが」200円。時間がかかる料理はできたらカウンターから呼ばれます。

BlogPaint
てことで、0次会に乾杯!!19時半ちかく店内は満員の様相です。

【今日の会計】一人900円(税込)
お通しなし
ビール 300円
巨乳サワー 200円
もやしおひたし 200円
揚げなす 200円

(当日の2次会で再訪)
2017-03-03-22-54-24
みますや」で1次会したあと、せんべろガールズたちと押し掛けます!カウンターで悩むガールズたち。

BlogPaint
近くのおじさまに絡むせんべろガールズ。

BlogPaint
ってことで、2次会乾杯!なんかのサワー200円。23時なのに店内混み混み。

BlogPaint
せんべろガールズたちと乾杯!

ってことで、200円均一の店「イチゴ―」でした。いやあ、安い!この辺に勤務してたら毎日通うことでしょう。東京最古の酒場「みますや」の0次会か2次会で行くにも最適です!

【今日の会計】わすれた
お通しなし
サワー200円

「立ち呑み イチゴ―」淡路町/小川町
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13155155/

生ビール(モルツ)
300円(税込)→税抜き278円

 

リアル充実体験シリーズ その1

東京の公道でリアルマリオカートをしてきた!
(お台場コース編)※オンボードカメラ動画付き


最近、台場などでマリオの恰好をしてカートを運転している外国人が多いので気になっていた。なのでこないださっそく体験してきました~。まさにリアル版マリオカート!

とか、言っていると、2月末に任天堂が著作権侵害で提訴したらしい。
任天堂、公道「マリオカート」に堪忍袋切れ ついに1社を損害賠償で訴え
http://www.j-cast.com/2017/02/24291585.html

いつ、営業停止になってもおかしくないので、リアルマリオカートしたい人は今すぐ急げ!!

って、ことでさかのぼること昨年11月。
2016-11-20-11-57-53
京急北品川駅のお店に集合です。たくさんカートがならんでいるが、実はここ以外の駐車場にもカートがたくさんある。

コースは3種類。

コースA(渋谷コース)

品川→東京タワー→六本木→渋谷→品川の2時間
コースB(お台場コース)
品川→お台場→東京タワー→六本木→品川の2時間
コースC(渋谷・お台場全部入りコース)
品川→お台場→東京タワー→六本木→渋谷→品川の3時間

今回はコースBのお台場に行くコースにしてみる。料金は6000円だが、facebookでレビューすると5500円になるというので、当然レビュー料金。

今回のリアルマリオカートのレース参加者は4人。ちなみにコスチュームは無料レンタルできます。マリオ系のキャラクター以外にもいろいろコスチュームがあるが、今回は全員でマリオ系をチョイス!
2016-11-20-12-24-51
まずはリアルクッパ。韓国料理ではない。

BlogPaint
そしてリアルヨッシー。吉幾三ではない。

BlogPaint
紅一点のリアルルイージ。敢えてピーチ姫ではない

2016-11-20-12-26-00
そしてリアルマリオ!北欧雑貨屋のフライングタイガーで買った「ヒゲ付きサングラス」と「バナナのペンケース」がここで大活躍!ていうか、人相悪すぎてワリオだな、これ。

店から徒歩数分の第一京浜沿いの駐車場から出発!
2017-03-06-17-10-53
興奮でドキドキ!

2016-11-20-12-39-26
北品川からレインボーブリッジを渡ってお台場へ向かいます!ヨッシーとルイージは都内での運転経験があまりないので緊張気味だったとか。

2017-03-06-17-12-25
北品川付近のコンビニで急きょ停車。

BlogPaint
ここのコンビニでマリオふんする外人さんカップルと合流!マリオが3匹に増殖!1UPキノコ2つ獲得した気分。

2016-11-20-12-42-00
カメラを向けるとすぐポージング。外人さんはノリいいね!

てことで、お台場へ爆走スタート!
2017-03-06-17-16-08
品川駅港南口の駅前を爆走!時速50キロ!

2017-03-06-17-16-34
芝浦ふ頭通過!そろそろレインボーブリッジ!

2016-11-20-12-42-23
バナナで前の敵を狙うマリオ。このバナナ(ペンケース)がかなりマリオカート向きでアツイ。

2017-03-06-17-17-28
さあ、いよいよレインボーブリッジ!信号ないのでここからノンストップ爆走!

2017-03-06-17-19-53
レインボーブリッジに乗る前のループ。気持ちいい~~~

2017-03-06-17-20-26
橋げたが見えてきた!時速55キロ!

2017-03-06-17-21-02
レインボーブリッジに突入!時速60キロ!

2017-03-06-17-23-25
橋を下りてお台場へ上陸!観覧車が見えた!

レインボーブリッジ爆走のオンボードカメラの動画はこちら
(F1のオンボードカメラっぽい!!)



2016-11-20-12-49-48
お台場のフジテレビ前を通過!

2016-11-20-13-06-31
お台場海浜公園に到着。ここで一旦、休憩。

BlogPaint
自由の女神像の前で記念撮影。いろんな人から写真撮ってください、って言われる。何かのイベントかと思ったのだろうか。

15分程度の休憩で出発です。
2016-11-20-13-08-44
お台場海浜公園のアクアシティ前の道から次は東京タワーへ!

BlogPaint
出発!マリオのヒゲがうさんくさくていい感じ!

BlogPaint
お台場の観覧車が見える交差点で撮影。

2017-03-06-17-26-53
再びレインボーブリッジへ!

2016-11-20-13-19-15
60キロくらいだが車高が低いので体感スピードはかなり高い。

帰りのレインボーブリッジ爆走のオンボードカメラの動画はこちら


2017-03-06-17-28-57
レインボーブリッジを下りて、東京タワーへ!道の前からタワーが見えてきて大興奮!

2016-11-20-13-28-59
でも車通り多いのでわき見運転注意!(走行中の自撮りは危険です)

2017-03-06-17-30-00
東京タワーのふもとに到着!

東京タワーに近づいているオンボードカメラの動画はこちら


2016-11-20-13-34-17
ここで最後の休憩。またまた記念撮影。

2016-11-20-13-39-15
東京タワーを豆の木と勘違いして登ろうとするマリオ&ルイージ兄弟。

2016-11-20-13-40-44
クッパの炎にやられそうになるルイージ(ヨッシーは黒子)。

BlogPaint
ヨッシーの上に乗るマリオ。なんだか動物虐待に見える。ヨッシーは恐竜だから、恐竜虐待か。

撮影で盛り上がったあと、東京タワーを出発!
BlogPaint
六本木を通ってゴールの北品川へ戻ります。このときもいろんな人に撮影される。

2017-03-06-17-30-32
六本木ヒルズ下のトンネル!

2017-03-06-17-32-40
うおおお!気分はモナコGP!ふとモナコGPのモンテカルロをこのカートで走ったらアツイだろうなあ、なんて考えたりする。

まるでモナコGP!六本木ヒルズのトンネル走行オンボードカメラの動画はこちら


2017-03-06-17-33-14
ヒルズ族のマンションを練り走る。

BlogPaint
ちなみにこうやって交差点でスタッフが写真撮影してくれます。

リア充の代名詞ブランド・ルイヴィトンの前を通過。
2017-03-06-17-33-45
この時点ではヴィトンの買い物客よりもこっちのほうがリアルに充実だと勝手に自負してる(でもカバンほしいな~~~)。

2017-03-06-17-35-57
第一京浜を爆走!品川駅前を通過!こんな幹線道路をただのカートで通行していいのだろうか。

2017-03-06-17-36-12
八ツ山橋交差点。さあゴールはもうすぐ。

気分は箱根駅伝選手!?第一京浜品川駅前を爆走!オンボードカメラの動画はこちら


2017-03-06-17-36-35
北品川のスタートの駐車場へ無事帰還!

マジでリアルに充実の2時間でした。
任天堂から提訴されていていつ営業停止になってもおかしくないので、今すぐ急げ!
(噂によるとマリオ系のコスチュームはレンタルできなくなっているとのこと。お客が勝手に持ち込むのは可能)

マリカ―(Maricar)
※日本語サイトは閲覧できなくなっている
http://maricar.com/

せんべろ居酒屋探訪 その104

「まとい駒」新橋
生ビール(アサヒスーパードライ)430円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第104弾は新橋駅の「まとい駒」です。新橋駅烏森口から新橋西口通り方面をまっすぐ行くとある飲み屋街。その角地に「まとい駒」と「呑太りん」が道を挟んで建っている。この2店は実は姉妹店とのこと。
2017-02-28-20-06-12
いかにもな店構えからついつい入り込みたくなるのだが、これまでこのブログで取り上げてこなかったのは生ビールが別に安くはないから。では、今頃なぜ?

2017-02-28-20-06-07
そうです。これです!サワーが200円!(税別)
※ネタ切れか?なんて言わないでくださいね笑

2017-02-28-20-08-33
「生ビール中」430円。標準的なサイズですね。明らかにこの店にいるっぽくない後ろの20代半ばくらいの女子四人組が女子会で大盛り上がり。こないだの合コンの話から彼の話まで、聞いてなくても話が聞こえてくるので、耳がダンボ状態ナウ。

2017-02-28-20-11-42
こちらは飲み物メニュー。生ビールは大・中・小まであるようです。酎ハイ・サワーは370円だが、看板にある通りすべて200円(税別)。

2017-02-28-20-11-51
2017-02-28-20-11-56
おつまみメニュー。だいたい480円平均。

2017-02-28-20-12-05
おでん、いいなあ。

2017-02-28-20-12-13
今週のおすすめメニュー。

てなわけで乾杯!
BlogPaint
渋い外観通り、渋い店内。

2017-02-28-20-11-16
「お通し」300円。メニューに小さく書いてあった。

2017-02-28-20-29-24
「冷やしトマト」380円

2017-02-28-20-45-56
「もつ煮込み」480円

BlogPaint
大ジョッキ750円と中ジョッキ430円の比較。大のほうがお得っぽい。

2017-02-28-21-04-23
大ジョッキと「レモンサワー」200円の比較。グラスに「ワリッカ」って書いてあるけど、なんだ?ワリカンの一種?「会計はワリッカで!」みたいな。と思ってグーグル先生に聞いてみたら、「ワリッカ」という名前の焼酎だそうです。ってことはこのレモンサワーもワリッカ使ってるのかな?

2017-02-28-21-21-04
「ライムサワー」200円の色合い。後ろの女子会はさらに大盛り上がり。

2017-02-28-20-51-05
「はんぺん磯辺焼」430円

2017-02-28-20-51-09
「えいひれ」480円

2017-02-28-21-48-57
「馬刺し」680円

2017-02-28-22-08-25
和風な店では熱燗だね~ってことで熱燗1合。「小徳利」300円。後ろの女子会はそろそろお開き。

ってことで新橋の渋い居酒屋まとい駒でした。サワー200円なのでそれ狙いで飲むのはいいかも。サワー系女子会にも最適!?

【今日の会計】一人3000円くらい
お通し300円
上記料理
上記ドリンク

「まとい駒」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13091003/

生ビール(アサヒスーパードライ)
430円(税別)→税込価格464円

 

日帰り弾丸温泉シリーズ その23

お座トロ展望列車「湯めぐり号」で行く
大内宿&湯野上温泉
「藤の湯えびす屋」

冬の平日休み。
夏じゃないから海にもいけないし、寒くて外飲みもできないけど、出かけたい。で、冬と言ったらやっぱりキラーコンテンツは「温泉」!ってなわけで、夜の宴会の前までぶらりと日帰りで温泉に行ってみようシリーズ。

コンセプトは以下。
①車は使わない
だって酒が飲めないから。温泉上がりのビアがうまいのに、それが飲めずに運転するのは地獄!笑
②特急かグリーン車をできる限り使う
電車内で飲むには在来線では敷居が高い。飲むことはできてもツマミまでは展開しずらい(机がない)。
③新幹線は(当面)使わない
単純に予算オーバー笑。「当面」としたのは今後ネタが尽きて「弾丸新幹線温泉シリーズ」も立ち上げる可能性があるかもということで。
④夜の宴会時間に帰ってこれる範囲
現地から終電で帰るなら行動の幅が拡がるが、やっぱり帰ってからも飲みたい!

ってことで、日帰り弾丸温泉シリーズ第23弾は福島県・湯野上温泉「藤の湯えびす屋」です
2016-12-03-12-20-17


たまたま野岩鉄道のサイトを見ていたら、「お座トロ展望列車」 なる記述を発見した。のぞいてみると、お座敷車両とトロッコ車両と展望車両が連結した列車が土日に運航しているというのである。ネーミングもお座敷の「お座」+トロッコの「トロ」+「展望」が合体したものとのこと。

お座敷でビア!
を列車の中でできるなんてこの上なく贅沢!


BlogPaint

ということで、思い立った前日金曜日にチケットゲットに走る。翌日の運行だったが難なくゲット。乗車には乗車券のほか整理券310円だけしか要らない。安い。 

image
朝9時の特急きぬ105号に乗り込むと鬼怒川温泉駅で1分の神乗り継ぎでお座トロ列車が待っているらしい。何か寿司ネタみたいだな。オザトロ。この特急スペーシアももうお馴染みですね。私鉄なので安くて大変お世話になっております。

2016-12-03-09-01-42
浅草9時発だと、近くに空いているスーパーなどがないため、ツマミはあまり買い出しできず。今回から旅の盛り上げグッズ、「ビールの暖簾」が加わりました。これを座席の前に垂らすと無駄に盛り上がります。
※東武百貨店デパ地下は10時開店

2016-12-03-09-02-13
さあ乾杯!乗って息つく暇もなくすぐスカイツリーが見えるので写真撮りたい人はあわただしい。

2016-12-03-09-09-56
2016-12-03-09-10-06
車内販売メニューを今更ながら発見。缶ビール大量に持ってきたのに、「生ビール」の文字を見たら頼まざるを得ません。

2016-12-03-09-34-13
ってことで、3号車のカウンターに突撃。東武のいいところは車両に販売カウンターをつけているところ。新幹線などにありがちなワゴン販売は来た時に飲みたいとも限らないし、逆に飲みたい時にいてくれるかわからない。こういう自ら買いにいける方式は旅ごころを盛り上げる。ちなみに東武はワゴン車も来てくれるので至れり尽くせり。東海道新幹線さん、見習ってください。

2016-12-03-09-43-19
ってことで「生ビール」500円と「フライドポテト」370円。ビールの銘柄は「アサヒスーパードライ」。

2016-12-03-11-06-48
東海道新幹線へ不満をつのらせていたら、2時間で鬼怒川温泉駅に到着!お座トロ展望列車に乗り継ぎ時間は神すぎてたったの1分!このニャンコのアニバーサリーマークが何なのか考えているヒマもない。
※おそらく沿線の「芦ノ牧温泉駅長」のネコちゃん。

2016-12-03-11-08-21
こっちは逆サイドの展望部分。きっちり両サイドを撮影する時間がありました。(発車を待ってくれている)

2016-12-03-11-09-53
さあ、いよいよお座トロ展望列車に乗り込みます!まずは酒と記念撮影(これがわりと時間かかる。酒を並べるのに)。

2016-12-03-11-13-24
なんと、お座敷が冬場になるとコタツになっていた!コタツ列車アツイ!

2016-12-03-11-14-10
コタツ列車でビア!

コタツ列車で宴会がはじまりました。
BlogPaint

前の女子の腰にくねりがたまらんなあ~。この女子二人、ずっとノンアルでトーク。

BlogPaint
急に撮影タイムが始まる。奥のエロ女子におじさんがずっと撮らされている。ずっと単品ショットだけなので、カップルではなそうだ(それが逆にあやしい。AV?)。右側の鉄っちゃんは駅弁にビール。

2016-12-03-11-14-17
オトナの車内見学。先頭の1両目は展望列車。

2016-12-03-11-14-29
目の前が展望の特等席だが誰もいない。

2016-12-03-11-15-06
こちらは3両目最後尾のトロッコ列車。冬なのでもちろん窓は開いていない。夏はオープンするのだろうか。

2016-12-03-11-14-56
そして、コタツ列車は真ん中の2両目。呑兵衛たちがおもらししないように、トイレもこの車両についている。

2016-12-03-11-53-56
トンネルに入るとトロッコ車両がライトアップする粋な演出も!

2016-12-03-12-20-49
会津田島駅でしばし停車。ていうか密かに福島県に突入しております。

2016-12-03-12-33-46
だんだん車窓がドラクエみたいになってきた。頭に流れるのはすぎやまこういちと中村光一がバトルしたというDQ1の「広野を行く」。
※ちょっと寂し気なメロディが勇者の勇敢なイメージにふさわしくない!と中村光一が噛みついた。すぎやま氏は一人で旅する戦士の不安さを表現したと真っ向から対立。確かにこういう景色の中で一人旅しているとすぎやま氏の曲調がしっくりくる。

2016-12-03-12-50-49
景色も水も綺麗!その癒しでホイミ!

2016-12-03-12-56-49
2016-12-03-12-56-52
浅草を出て4時間、湯野上温泉駅に到着!けっこう4時間乗り(飲み)っぱなしってすごいな。

2016-12-03-12-57-17
線路を渡って改札へ。

2016-12-03-13-04-15
2016-12-03-13-04-23
風情ある茅葺き屋根の駅舎。近くに「大内宿」という有名な観光地があるので行ってみることにする。

2016-12-03-13-16-04
バスの乗り継ぎが悪かったので、湯野上温泉駅からタクシー。10分程度で重要伝統的建造物群保存地区の「大内宿」の入口に到着!

大内宿入口から宿のほうへ数分歩いていきます。
2016-12-03-13-17-32

もはやほぼドラクエの世界。

2016-12-03-13-20-20
おおお~江戸時代にタイムスリップした街並み!ジパング!ヒミコいるかな?

2016-12-03-13-21-42
興奮のビア!さすがにこの街並みに缶ビールは似合わない。

2016-12-03-13-25-16 2016-12-03-14-20-36
さらに奥にいくがヒミコはいない。

2016-12-03-13-24-32
趣きある鳥居発見!ヒミコいそう。

2016-12-03-13-37-39
鳥居の奥へ行くと神社があるもよう。ヒミコいるかも!ドキドキ!

2016-12-03-13-41-35
ヒミコっていうか、やまたのおろちがいそう!

2016-12-03-13-42-32
恐る恐る階段を上がる。ザッザッザッ。しかし、ヒミコもやまたのおろちもいない。後で調べたら高倉神社っていう名前らしい。が、高倉健さんもいなかった。

2016-12-03-13-58-44
そしてまた村のほうに戻る。

2016-12-03-14-20-10
「街並み展示館」という館があったので行ってみる。まさか、ここがヒミコの館だろうか?

2016-12-03-14-00-23
「調整」!「脱穀」!

2016-12-03-14-00-25
どこだ!ヒミコ!探す勇者たち(他グループ)。

2016-12-03-14-01-38
ここかーー!?ヒミコォォォーーーー!そういえば、昔、卑弥呼って女優(セクシー系)がいたのをふと思い出した。

2016-12-03-14-12-56
血眼になって卑弥呼(セクシー系の方)を探す勇者たち。

2016-12-03-14-13-06
む!卑弥呼がへそで沸かした茶か!?

2016-12-03-14-29-18
館の外に出ると・・・む!卑弥呼が食べたらしい干し柿。敵はまだ近くにいるのか!?

image
むむむ!ヒミコが変身しているに違いない!

BlogPaint
とりあえず、柴犬に化けたヒミコと激写!

2016-12-03-14-20-50
ってことで、ヒミコよさらば!バスの乗り継ぎが悪いので、タクシーを呼び出して帰ります。

さあ、お待ちかねの温泉。
2016-12-03-15-04-56
湯野上温泉駅から歩いていけます。今回は「藤の湯 えびす屋旅館」。日帰り入浴は500円。

2016-12-03-15-05-01
さっきの旅館は内湯だけで、露天風呂入りたい場合は道の反対側の建物にいく。いわゆるアネックス(別館)ってやつですな。エニックスじゃないよ。

2016-12-03-16-21-38
さっそく露天風呂!ヒミコも誰もいない!

2016-12-03-16-21-48
外の景色。川が流れてるっていいね。奥にニョキって二つ立ってる岩が夫婦岩っていうらしい。ヒミコ岩じゃなくて残念。

2016-12-03-15-10-35
空いてたので貸し切ってみました貸切風呂。1000円。露天風呂から直結してます。

2016-12-03-15-10-51
貸切風呂はわりとこじんまり。木にしめ縄!ヒミコが入ったとか、入ってないとか。

2016-12-03-16-26-47
お風呂上がってブラタモリ。

2016-12-03-16-28-06
あまり見るところもなく駅に到着。

2016-12-03-16-37-47
渋い駅舎。

2016-12-03-16-38-01
囲炉裏?もあるよ。

2016-12-03-16-37-29
こういうの酒のツマミにいいんですよね。ジップロック持ってくれば、封をあけてそこに入れれば帰りの電車でツマめます。地元のツマミは袋パックが多いので、現地調達するにはジップロック必須!旅のマメ知識。今回は持ってくるの忘れた。

2016-12-03-16-39-02
駅舎の隣に足湯発見!ここで1時間に1本の電車を待つことにしましょうかね。

2016-12-03-17-04-29
足湯ビア!

2016-12-03-17-43-04
辺りはすっかり暗くなってしまいました。ここから東京に帰るにはほぼ終電の会津鉄道がやっときました。

2016-12-03-18-34-57
会津ビア!(ビアじゃないけど)

ということで、湯野上温泉でした。温泉自体は風情があっていいですが、これだけだと寂しいので、せっかくなので大内宿に行くのもよいでしょう。ヒミコがいるかも!?

【今日のぶらり旅】
浅草-湯野上温泉

(今日の買い出し)
特になし

<往路>
浅草    09:00
鬼怒川温泉 11:02
(特急きぬ105号)

鬼怒川温泉 11:03
湯野上温泉 12:56
(お座トロ展望列車)

湯野上温泉 13時頃
大内宿入口 13:15頃
(タクシー)

<復路>
大内宿入口 14:45頃
湯野上温泉駅 15:00頃
(タクシー)

湯野上温泉 17:43
鬼怒川温泉 19:24
(会津鉄道→野岩鉄道)

鬼怒川温泉 19:24
浅草    21:35
(特急きぬ140号)

○交通費
浅草-湯野上温泉(片道)3870円(乗車料金)
特急スペーシア(行き)1440円
お座トロ展望列車「湯めぐり号」整理券310円
※別途発券手数料540円
特急スペーシア(帰り)1030円

(今日の日帰り温泉)
○湯野上温泉
「藤の湯 えびす屋」
入浴料金500円、貸切風呂1000円

せんべろ居酒屋探訪 その103

「三代目 鳥メロ」 渋谷
生ビール(アサヒスーパードライ)199円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第103弾は渋谷駅の「三代目 鳥メロ」です。渋谷にある激安居酒屋グループの「すみれ」に向かう途中の「道玄坂上交番前」交差点で偶然発見したのがこの鳥メロ。「せんべろ」ならぬ「せんメロ」!
2017-02-01-19-55-54
 なんと生ビール199円!税別なので税込みにすると214円。銘柄はアサヒスーパードライだ。

2017-02-01-19-55-57
生ビール199円の誘惑につられ、地下に入ってみました。「三代目 鳥メロ」という店名を聞くと「懐メロ」の一種かなと思うが、このメロは「鳥でメロメロ」のメロらしい。むしろビールの値段にメロメロ。

2017-02-01-20-02-54
「生中 スーパードライ」199円(税別)。むむむ、アサヒでも導入しはじめたスリムジョッキ。この大きさで中ジョッキを名乗るのはどうかと思うぞ。おそらく泡をぬいた実容量は250mlくらいしかないと思われる。

2017-02-01-19-57-45
「男前スーパードライ」699円。男前って名称はアサヒ系のビールが置いてある店で散見される「男前ジョッキ」による生ビールだ。この店の男前はちゃんとデカいジョッキだろうか(次回確認)。

2017-02-01-19-58-06
2017-02-01-19-58-20
2017-02-01-19-58-37
2017-02-01-19-59-02
2017-02-01-19-59-14
生ビール以外は平均的な居酒屋の価格。とくに高いわけでも、安いわけでもない。下2桁が99円価格が多い。

2017-02-01-20-02-44
「お通し」300円。人数分まとめてきたのでとりあえずでかい。

2017-02-01-20-31-36
「串焼7本盛り」999円。とくにメロメロってわけでもない普通の味。

2017-02-01-20-40-13
「モモ1本焼 特製玉ねぎ塩だれ」999円。これはうまい。

2017-02-01-20-15-12
「燻製ポテトサラダ~秘伝ぷるぷるダレ」399円。黒っぽいのが秘伝ぷるぷるダレ。岩海苔っぽい味だが、ポテサラとマッチしてうまし!

2017-02-01-20-40-16
「鶏の唐揚」450円。

2017-02-01-20-40-43
「梅水晶」399円。

2017-02-01-20-45-03
「温玉シーザーサラダ」499円

2017-02-01-21-20-01
「菜の花串揚 玉ねぎ」100円と上の串が不明。タレも3つから選べるようです。

2017-02-01-21-36-58
「国産鶏のとりわさ」499円。

2017-02-01-21-40-57
「農業野郎磯野さんの厳選野菜焼 しいたけ串」199円。って言ってるけど磯野さんは実在するのだろうか。あやしい。

2017-02-03-21-28-48
こちらも磯野さんの「焼茄子串」

2017-02-03-21-15-26
「馬刺し」699円。馬刺しそのものよりもニンニク醤油が好きだったりして。

ということで、生ビール199円の鳥メロでした。ジョッキが小さいのが気になったけど、全体的に安いので総額として安上りです。ちょっと調べたらこんな記事が・・!

「和民」「わたみん家」→「ミライザカ」「三代目鳥メロ」…店名変更でワタミ復調! 「屋号隠し」との批判も…
http://www.sankei.com/economy/news/161231/ecn1612310002-n1.html

なんと、ワタミグループだったらしい。「鳥メロ」は「わたみんち」の店名変更とか。なるほど、お通しの塩昆布キャベツは「わたみんち」の名残りってわけですね。「和民」なんて生ビール(中)が450円だし、いつの間にかプレミアムモルツになってるし、完全スルーしてたけど、生ビール199円でアサヒスーパードライなら全然問題なしです。記事に書いてある通り、和民色(ブラック企業ってよりは単純にビールが安くない)を全く感じさせない店名なので普通に女子を誘う時に使えるかも。

【今日の会計】一人3000円くらい(税込)
お通し(キャベツ)300円
上記ドリンク
上記料理

(さっそくすぐ再訪)
男前ジョッキを確認しに再訪。
2017-02-07-19-25-58
中ジョッキと男前ジョッキの比較。店員に聞くと男前は1Lだそうです。

2017-02-07-20-04-51
男前ジョッキ(699円)の容量が中ジョッキ(199円)何杯分か確認してみた。まずこれ、カラの男前に中ジョッキで頼みたての生ビールを注ぐ。泡だらけ。

2017-02-07-20-18-21
泡がなくなるのまで我慢して、2杯目を入れたとこ。

2017-02-07-20-21-21
3杯目入れたとこ。泡の量を考えると「男前ジョッキ(699円)」は「中ジョッキ(199円)」×3杯分でした。ってことは中ジョッキのほうがお得。男前の値段設定、おかしいんじゃない?笑

BlogPaint
誕生日直後だったので男前にお祝い!メロメロガールズにメロメロ!

あまりビールを飲まないと高くつくことが判明。「ジャスミン割り」頼みすぎ!!
↓↓
【今日の会計】一人3949円(税込)
お通し(キャベツ)300円
男前生ビール 699円×2
中生ビール 199円×12
ジャスミン割 350×7
レモンサワー 350×1
男前レモンサワー 699円×1
ウーロン茶 299円×1
馬刺し 699円
ほか食事たくさん

「三代目 鳥メロ 渋谷道玄坂店」 渋谷
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13198239/

生ビール(アサヒスーパードライ)
199円(税別)→税込価格214円

 

せんべろ居酒屋探訪 その102

「たち飲み 吟」 新橋
生ビール(サッポロ黒ラベル)350円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第102弾は新橋駅近くの「たち飲み 吟」です。

ソチオリンピックに一緒にいった同僚ナオが誕生日2日前の新橋酔式を新橋でお祝いしてくれるというので合コン前にゼロ次会することにした。

ソチオリンピックの旅行記はこちら。波乱ありまくりのなかなかの力作です!笑
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/54393430.html

2017-02-02-19-35-25
どこに連れていかれるかと思ったらこちら。新橋駅前ビル1号館の地下にある立ち飲み屋「吟」。

「ギン」って聞くとまったく世代じゃないんだけど、「ギンギラギンにさりげなく~」ってマッチが吠えてたのを思い出す。この「吟」で飲めばこの全く意味不明な歌詞がわかるようになるのだろうか。店の存在はもちろん知っていたが、いつも混んでたので一人で入りづらかった。※通路挟んで反対側に立ち飲み屋の「へそ」がある

2017-02-02-19-25-01
「生ビール」350円(税込)。銘柄は安定のサッポロ黒ラベル。税込み価格なので税抜きにすると324円!

2017-02-02-19-35-30
カウンターでセルフキャッシュオン方式。

2017-02-02-19-25-43
最安値は「酎ハイ」300円。焼酎の雲海は290円。

2017-02-02-19-22-48
2017-02-02-19-22-57
2017-02-02-19-23-20
カウンター前に並んでいる一品料理を自分で取って、レジでお金を払う方式。だいたい200円~300円台とのこと。

2017-02-02-19-22-51
こちらからも取っていいらしい。エビスは大瓶で490円。

ってことで、
BlogPaint
乾杯!

2017-02-02-19-25-05
TVがついてるので一人でも見ながらぐだぐだできそうだ。

2017-02-02-19-25-57
「厚揚げ」たぶん300円くらい。※おごってもらったのでいくらかわからん。

BlogPaint
ってことで40分くらい立ち飲み。生ビール3杯と厚揚げ(シェア)を誕生日ということで奢っていただきました~。

この後、ナオは鶯谷(ラブホ多し)で飲み会。まさにギンギラギン!オレは渋谷で合コンってことでこちらもギンギラギン!吟で飲んだけど、結局「ギンギラギンにさりげなく」の意味は理解できず。もうちょっとオトナになったらわかるのだろうか。

ソチオリンピックの旅行記はこちら。
ギンギラギンで渡部、葛西の「銀メダル」をさりげなく目撃!
ギンどころか羽生結弦のキンもさりげなく目撃!まさかのキンキラキン!

http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/54393430.html

【今日の会計】一人1200円くらい(税込)
チャージなし
生ビール3杯
厚揚げ

「たち飲み 吟」 新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13015361/

生ビール(サッポロ黒ラベル)
350円(税込)→税別価格324円

 

日帰り弾丸温泉シリーズ その22

常磐線グリーン車で行く大洗「潮騒の湯」

冬の平日休み。
夏じゃないから海にもいけないし、寒くて外飲みもできないけど、出かけたい。で、冬と言ったらやっぱりキラーコンテンツは「温泉」!ってなわけで、夜の宴会の前までぶらりと日帰りで温泉に行ってみようシリーズ。

コンセプトは以下。
①車は使わない
だって酒が飲めないから。温泉上がりのビアがうまいのに、それが飲めずに運転するのは地獄!笑
②特急かグリーン車をできる限り使う
電車内で飲むには在来線では敷居が高い。飲むことはできてもツマミまでは展開しずらい(机がない)。
③新幹線は(当面)使わない
単純に予算オーバー笑。「当面」としたのは今後ネタが尽きて「弾丸新幹線温泉シリーズ」も立ち上げる可能性があるかもということで。
④夜の宴会時間に帰ってこれる範囲
現地から終電で帰るなら行動の幅が拡がるが、やっぱり帰ってからも飲みたい!

ってことで、日帰り弾丸温泉シリーズ第22弾は茨城・大洗の「潮騒の湯」です

joban
今回はあまり沿線に温泉がない常磐線を中心に探してみました。実は茨城県ってあんまり温泉がないんですよねえ。でも、いろいろネットで調べてたら大洗に「潮騒の湯」というスーパー銭湯的なところがあることがわかり、行ってみることにした。
大洗と言えば、フェリーで苫小牧まで行けることで自分の中で密かに有名で、いつか乗ってみたかったのだが実現したことはない。またカシマサッカースタジアムにはよく行くのだが、最寄りを通るのに乗ったことがない鹿島臨海鉄道も気になっていた(カシスタへはバスが便利)。

2016-11-21-09-35-13
ということで、水戸まではグリーン車。品川から2時間半かかるので落ち着いて飲めますね笑。買い出しは品川駅エキュート。朝8時から営業しているので、09:33発の電車なら落ち着いて買い込めます。

2016-11-21-09-35-35
ってことで乾杯!サッポロのこの★がフォトジェニックなんですよねえ~

2016-11-21-12-24-25
なんてことを考えているうちに水戸に到着。ここから鹿島臨海鉄道の乗り換えます。

2016-11-21-12-18-53
鹿島臨海鉄道はJRじゃないので別料金。

2016-11-21-12-22-33
大洗行き。1本逃すと30分待ち。

 BlogPaint
さあいよいよ、初乗車の鹿島臨海鉄道がやってまいりました。

2016-11-21-12-26-55
鹿島臨海鉄道でも乾杯!「かしまりんかいてつどう」って長いんのだが、地元の人は何て呼んでいるのだろうか。普通に「かしません」とかかな。
「ねぇ、ねぇ、お金貸して~~~」
「かしません」
みたいな笑。

2016-11-21-12-50-32
なんてくだらないことを考えていたら、16分で大洗に到着。

目的地到着
2016-11-21-12-57-50
大洗駅改札。

2016-11-21-13-02-02
広い改札のわりには駅はこじんまりしていた。

2016-11-21-13-16-43
「潮騒の湯」までは駅からタクシーで5分とのことなので、歩けば15分ぐらいでつくだろうってことで歩く。

2016-11-21-13-46-28
おお!俺が乗りたかったフェリーの「さんふらわあ」。これに乗り込んで鉄砲玉のように苫小牧に行ってみたい気分にかられるが、船旅はやっぱり夏が醍醐味。寒い時期はおとなしく温泉でも入っていましょうか。

2016-11-21-14-18-18
港から歩くと見えてきました「潮騒の湯」!

2016-11-21-14-24-16
なに?なに?太古の化石海水だって!?潮騒の湯のサイトによると、「大昔に地層の中に入りこんだ海水」だそうで、普通の海水よりも塩分濃度が濃いのだとか。なので、保温効果と鎮痛効果があるとか。へぇ~~~

2016-11-21-14-24-30
ということで、入口です。

2016-11-21-14-59-04
ひろ~~~い店内。

2016-11-21-14-38-38
2016-11-21-14-42-23
2016-11-21-14-42-29
露天風呂からは太平洋が見える!太古の温泉に身を浸すと、何億年前であろう、当時の様子を想像してしまう。きっとこの温泉にティラノサウルスも「いい湯だなぁ~」なんて吠えながら浸かっていたことだろう。猿が温泉に浸かるという世界的にも珍しい温泉が長野県の地獄谷温泉ってところにあるのだが、恐竜も浸かっていたという世界的な新発見がこの温泉からうまれる予感がする。

2016-11-21-14-59-27
大広間の食事処!温泉施設で一番ほしいもの第一位は「大広間の休憩処」!※当ブログ調べ

2016-11-21-14-59-59
しかも海を見ながらビア!

2016-11-21-15-04-05
ってことで、「生ビール(大)」700円

2016-11-21-15-01-45
生ビール中は500円。

2016-11-21-15-02-41
大洗の名物はあんこう鍋らしい。そういわれると頼みたくなる。

2016-11-21-15-02-45
2016-11-21-15-02-49
2016-11-21-15-02-52
2016-11-21-15-02-56
2016-11-21-15-02-59
2016-11-21-15-03-04
2016-11-21-15-03-07
2016-11-21-15-03-14
怒涛の海鮮メニュー!こりゃあ団体様で飲みにきたらめっちゃ盛り上がるなあ。

まだまだ続く怒涛のメニュー。
2016-11-21-15-03-192016-11-21-15-03-23
2016-11-21-15-03-27
2016-11-21-15-03-30
普通の定食っぽいメニューもある。

2016-11-21-15-03-35
宿泊施設もあるらしい。

2016-11-21-15-04-23
ってことで温泉上がりの乾杯ビア!ほとんど客いない。

2016-11-21-17-12-44
2016-11-21-17-14-30
ってことで大洗名物「あんこう鍋」頼んでみました。

2016-11-21-17-19-11
あんこう鍋は茨城県では有名らしい。もちろん魚の「アンコウ」を使った鍋。酒飲みには「あん肝」のほうが有名かも。

2016-11-21-18-29-59
ってことで帰りの大洗駅。

2016-11-21-18-30-48
「かしません」が入線。このまま鹿島神宮に南へ下ってから帰ろうと思ったが、そっち経由だとえらい時間かかるので断念。

2016-11-21-19-39-02
水戸駅で常磐線グリーン車に乗り込む。

2016-11-21-19-44-55
帰りの居酒屋グリーン車。現地で購入した「水炊きしらす」が酒のツマミによい。韓国海苔と一緒に食べると絶妙な味で最高!

ってことで、大洗「潮騒の湯」でした。
ここもわざわざこれ目当てで行くっていうよりも、近くを通ったので立ち寄るのがよい感じ。施設から日の出が見えるらしいので、初日の出を見に行くのもいいかも。

【今日のぶらり旅】
大洗・潮騒の湯

(今日の買い出し)
品川エキュート

<往路>
品川 09:33
水戸 11:59
(常磐線グリーン車)

水戸 12:34
大洗 12:50
(鹿島臨海鉄道)

<復路>
大洗 18:35
水戸 18:51
(鹿島臨海鉄道)

水戸 19:40
上野 21:43
(常磐線グリーン車)

○交通費
品川-大洗(片道)2590円(乗車料金)
グリーン券 980円

(今日の日帰り温泉)
○大洗
「潮騒の湯」
入浴料金800円(土日祝1000円)

さよなら築地市場シリーズ その22

「龍寿司」 築地市場(場内)

いよいよ移転まで数カ月となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

激安生ビールを追求する硬派なブログ(笑)なのに、ランチを紹介するその辺のナンパなOLみたいな内容になっちゃうので、ネタ的にどうかと思ったのだが、最近せんべろネタがなくなってきたので笑、シリーズ化を決意してみました。というより、身近な存在の築地市場がなくなることへのある種の敬意です。

空気読めない小池知事が移転を来年冬に延期しましたね。最終営業日は11/2でしたが、場内の店員に確認したところ「延期になったので営業もそのままやる」と言っておりました。しかし、いずれにせよいつ移転するか不明なので、来たる時に備えていまのうちに訪問しておきましょう。

ってことで、第22回目は「龍寿司」です。
2016-12-28-12-00-37
こちらの龍寿司は1号館です。「吉野家」や「禄明軒」のならび、カレーの「中栄」の隣です。いつも中栄か「豊ちゃん」に行ってしまうので高単価の寿司屋はスルーしてましたが、今回は制覇目的で行ってみました。

2016-12-28-12-00-40
最低価格は菊「2500円」。このくらいの値段で築地で寿司を食べられるといいね。

2016-12-28-12-00-44
本日のオススメ。今朝入荷したのだろうか。

2016-12-28-12-06-03
「瓶ビール(小)」450円。銘柄はキリンラガー。

2016-12-28-12-06-32
とりあえず乾杯!

2016-12-28-12-14-33
「菊」2500円を注文すると、いきなり中トロ(大トロかも)がくる。

2016-12-28-12-14-41
「おまかせ」4300円。1貫目は「えんがわ」。「えんがわ」は平目1匹から4貫しかとれないので希少らしい。なので比較的安いカレイが使われることが多い。一般的な寿司屋はほとんどカレイで白っぽい。ちゃんとした平目のえんがわはこのように透明っぽい色をしているのだとか。表の看板にあったようにおそらく青森産だろう。

2016-12-28-12-17-38
左側が「菊」2500円、右側が「おまかせ」4300円。(ちょっと前なので忘れたけど)左からイカ、大トロ、シメサバ、イカ、かつお、えんがわ。

2016-12-28-12-24-57
「おまかせ」ではボタン海老が登場。でかい!

2016-12-28-12-25-06
一方「菊」は巻物。さすが2000円台と4000円台の差が表れはじめた(ていうか差がないと困る)。


2016-12-28-12-27-33
「おまかせ」は赤貝?

2016-12-28-12-27-40
「菊」はホタテ?ミル貝?


2016-12-28-12-32-15
「菊」は光もの?とシャコが登場。

2016-12-28-12-32-07
「おまかせ」はやっと大トロが登場。「菊」の最初のトロとやっぱり脂の乗りがちょっと違うかも。

2016-12-28-12-33-47
「おまかせ」のしらうお。

2016-12-28-12-36-37
最後の一品はウニかイクラで選べる方式。イクラにしようとしたのだが、店員がウニがオススメだというのでウニにした。

そういえば、All Aboutに「松下幸之助」も愛したという穴子がこの店にあるとアバウトに書いてあったが、残念ながら出てこなかった。菊「2500円」はコスパ悪くないのだが、おまかせ4300円で8貫は量的にちょっと寂しいかも。

築地市場の最終営業日は11月2日(水)→終了も延期確定です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「龍寿司」も移転のもよう。

【今日の会計】

"菊" 2500円 

"おまかせ" 4300円 


「龍寿司」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13014830/


  

せんべろ居酒屋探訪 その101

「酒処 ふくべ」 田町/三田
生ビール(アサヒスーパードライ)300円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第101弾は田町/三田駅近くの「ふくべ」です。

突然ですが、クイズ101人に聞きました。
101」という数字を聞くと何を思いだしますか?


「101匹わんちゃん」・・・65人

「101回目のプロポーズ」・・・28人 

「マルイ」・・・6人

「丸井今井」・・・2人 

わからない・・・1人

101匹わんちゃん」はご存じ、ディズニーのアニメ。

見たことないのでどういう映画かわからんけど、101匹のわんちゃんが獅子奮迅の活躍をすることだろう。あ、獅子じゃなくてわんちゃんだから犬奮迅の活躍か。

で、続く「101回目のプロポーズ」は、

武田鉄矢が浅野温子に101回もプロポーズをしたという都市伝説的なドラマ。現代だったらただのストーカーだ。これを知っているそこのあなた、そろそろオッサンですね笑。ちなみにテーマソングはチャゲ&アスカの大・大・大ヒット曲「SAY YES」です。

ちなみに3位の「マルイ」はマークが「OIOI」の新宿とかにあるマルイ。4位の「丸井今井」は北海道にある百貨店で、東京人が札幌に行ってまず初めに気になることが、新宿にある「マルイ」と「丸井今井」の関係性だそうです(これも都市伝説)。

前置きがとても長くなりましたが、そんな101回目のプロポーズじゃなかった、101回目のせんべろ店は田町/三田駅の「ふくべ」です。
BlogPaint
田町駅から三田のほうに行ったすぐ、森永製菓の本社ビル「森永プラザビル」の地下に「エンゼル街」なるものがあるのを知っているだろうか。私も長年、田町界隈で飲んでいてこの昭和な地下街があるのを発見したのはわりと最近になってのことである。「エンゼル街」とはもちろん森永のマークの「エンゼル」のことだと思われる。「天使ような女子と天使のような体験ができる街」ではない。

2017-01-16-20-13-14
が、天使のような看板を見つけてしまった。なんと
「飲み物、食べ物全品300円」!!!
エンゼル!天使!神!
まるでチョコボールで金のエンゼルが当たった気分!

2017-01-16-20-13-34
これだけのメニューがぜーんぶ300円!

2017-01-16-20-15-22
「生ビール(アサヒスーパードライ)」も300円。ちょっと小さめジョッキなのが残念。

2017-01-16-20-14-36
飲み物メニュー。ビールもサワーもぜーんぶ300円(税別)。

2017-01-16-20-14-51
2017-01-16-20-14-55
93種類の食べ物メニューもぜーーんぶ300円。101種類だったらまさにSAY YES!って叫ぶところだった。

2017-01-16-20-23-33
「64番しいたけ山椒揚げ」300円。

2017-01-16-20-26-36
「66番山芋揚げ」300円。

2017-01-16-21-22-25
最近はまってる日本酒「松竹梅 熱燗」300円

ってことで、300円均一の「ふくべ」でした。田町駅前という場所柄を考えるとこの価格帯はかなりレアというかエンゼルですな。まさに「エンゼル価格」。なんかこの言葉、流行りそう・・・。
流行ら~ずに(迷わ~ずに)~~~SAY YES!!!
ちなみにこの「ふくべ」、浜松町にも300円均一であるようです。

【今日の会計】一人1200円(税別)
チャージなし
上記ドリンク
上記料理

「酒処 ふくべ」 田町/三田
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13103879/

生ビール(アサヒスーパードライ)
300円(税別)

 

さよなら築地市場シリーズ その21

「うまい鮨勘 築地市場支店」 築地市場(場内)

いよいよ移転まで数カ月となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

激安生ビールを追求する硬派なブログ(笑)なのに、ランチを紹介するその辺のナンパなOLみたいな内容になっちゃうので、ネタ的にどうかと思ったのだが、最近せんべろネタがなくなってきたので笑、シリーズ化を決意してみました。というより、身近な存在の築地市場がなくなることへのある種の敬意です。

空気読めない小池知事が移転を来年冬に延期しましたね。最終営業日は11/2でしたが、場内の店員に確認したところ「延期になったので営業もそのままやる」と言っておりました。しかし、いずれにせよいつ移転するか不明なので、来たる時に備えていまのうちに訪問しておきましょう。

ってことで、第21回目は「うまい鮨勘」です。
2016-11-16-13-07-02
ご存じ、仙台発祥のチェーン寿司屋で、一部回転寿司もあります。って実は知らなかったんだけど。それもそのはず、東京には5店舗しかありません。銀座、赤坂、亀有、大井町、そしてこの築地。亀有以外はわりと飲みに行く街なんだが、寿司屋ってことで完全に視界からはずれてました。

2016-11-16-13-38-52
この日は水曜の休市で、場内全体が閑散としているなか、どこかやってないかとぶらぶらしてたら寿司屋が2軒ほど空いていたのでこの店に入ってみた!普段は混んでるのでラッキー。

image
2016-11-16-13-11-25
2016-11-16-13-11-36
2016-11-16-13-11-47
2016-11-16-13-12-14
2016-11-16-13-12-24
怒涛のメニュー。寿司以外の普通のツマミがあったり、この辺はチェーン店を感じさせますね。

2016-11-16-13-18-28
店も混んでなかったのでアラカルト注文してみました。左上から順に左上から順に「マグロ」170円、「中トロ」335円、「活真鯛」225円、「かんぱち」225円、「あじ」170円、「炙り生たこ」170円、「炙りさば」170円、「炙りエンガワ三升漬け」170円、「極上ねぎとろ」225円、「いくら軍艦」280円。炙りもの多し!

2016-11-16-13-26-29
うーーん、かつおが旨そうだ。

2016-11-16-13-28-24
つい頼んじゃった「かつお三昧」480円。なんかさっきのメニューと色が違うような・・

ってことで、鮨勘でした。基本、店舗が狭い築地市場内の中では大人数で来ても大丈夫な広さがあります。でも、築地市場感はあまりないかな(って、知らなかったけど笑)。

築地市場の最終営業日は11月2日(水)→終了も延期確定です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「うまい鮨勘」も移転のもよう。

【今日の会計】合計2770円

"アラカルト注文" 

"かつお三昧" 


「うまい鮨勘」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13043245/