新橋酔式の泥酔ブログ〜せんべろ居酒屋探訪〜

新橋界隈に勤務するサボリーマンがおくるほろ酔いブログ。 同じ生ビールを飲んでるのに、なぜ店によって値段が違う! どうせ飲むなら安くてうまいキンキンに冷えたビアが飲みたい!今宵の居酒屋を生ビールの値段だけで決める硬派なビアニストのための激安生ビール店やせんべろ酒場をせんべろガールズと飲み歩きします。 そのほか、合コン、スポーツ、旅もたまにつぶやきます。 ※googleからSSLの指摘メールが来たたため、掲示板は一時閉鎖しています

せんべろ居酒屋探訪 その135

「やきとりセンター 新橋西口通り店」新橋
生ビール(アサヒスーパードライ)
290円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第135弾は新橋駅にある「やきとりセンター」です。
前から店の存在を知っていたのだが、どうせ生ビールはそんな安くないっしょ、なんて思っていたらなんと290円だということを知ったのでさっそく行ってみました。

 新橋で生ビールが税抜299円以下で飲める店
→→全店のリストはこちら


と、同時にこの↑リストにもランクインです。

FullSizeRender
黄色と赤の目立つこの看板。右下の「新橋 大」と書いてある看板は有名なラーメン屋「新橋 大勝軒」の看板である。大勝軒のあるところね、と言われればわかる読者の方もいるだろう。

IMG_4707
これがその入っているビル。土間土間なら行ったことある方もいるだろう。この激戦区・新橋の中で息の長い店だ。その右には「博多満月」。生ビールが199円でありながら、”可愛すぎる女子店員さん”がいることで一部の人の中で話題沸騰である(ブログでチェック!)。

FullSizeRender
「生ビール」290円(税抜)。銘柄はアサヒスーパードライ。ジョッキはそれほど小さくもない。

IMG_4708
こちらドリンクメニュー。何がすごいって、ビール以外のサワー、ハイボールも290円。そして、なんとメガハイボールがたった100円増しの390円である。

IMG_4712
IMG_4713
IMG_4714
おつまみも280円とか380円で安い!長年、新橋で飲んでいながら、こんな安い店をリサーチできていなかったことに悔しさでいっぱい。

ってことで、
IMG_4711
乾杯!!

FullSizeRender
「よだれ鶏」380円。うまい!安い!

FullSizeRender
「しびれきゅうり」180円。安い!かかっているスパイスみたいなのがうまい。

FullSizeRender
「ポテトフライ」280円。安い!

FullSizeRender
「チキン南蛮」380円。安い!

IMG_4719
「ももねぎ間」280円×2セット。焼き鳥は2本で一律280円。これは安くはないかな。

IMG_4720
続いて「レモンサワー」290円。

IMG_4721
「メガハイボール」390円。メガなのにこの値段。

IMG_4725
通常の生ビール、ハイボール、そしてメガハイボールの大きさ比較。これはメガがおすすめですね!(でもウイスキーは薄め)

IMG_4722
こちらは「ホッピーセット」290円。

FullSizeRender
「鬼おろし」180円。串と一緒に食べたらうまいとのことだが、酒飲みだと、これ単品でいける。

FullSizeRender
「かわ」280円。もう、そんなにいらないのに、誰かが気を遣って頼んだらしい。

FullSizeRender
「ささみペッパーチーズ」280円。これも誰かが頼んだ。

FullSizeRender
「砂肝」280円。これも誰かが頼んだ。もうお腹いっぱい。

FullSizeRender
「つくね月見」280円。もう食べれん!

ってことで、3時間くらい飲んで一人3200円くらいでした。焼き鳥はちょっと頼みすぎ感があったので、もっと安く済んだかも。ちなみにコースだと、2時間飲み放題2490円、3時間飲み放題3000円のがあるので、もしかしたらコースのほうが安く済む可能性があります。いずれにしても安い!

ってことで殿堂入りです!
 新橋で生ビールが税抜299円以下で飲める店
→→全店のリストはこちら


【今日の会計】一人3200円くらい(税込)
お通し なし 
上記料理
ビールなどたくさん

「やきとりセンター新橋西口通り店」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13027861/
生ビール(アサヒスーパードライ)
290円(税抜)

 新橋で生ビールが税抜299円以下で飲める店
→→全店のリストはこちら


 

飲み番外編

「武蔵新田ちょい呑みフェスティバル」に行ってきた!

choinomi_musashinitta
きっかけはこのチラシ。飲み友達から行こう!と誘いがあったのだ。
もう第10回とのことなのでずいぶん前からやっているのだが初めて知った。「武蔵新田(むさしにった)」とは聞きなれないかもしれないが、蒲田駅と多摩川駅を結ぶ「多摩川線沿線」の間の大田区のマイナーな駅である。
※昔は目蒲線と言っていたが、目黒線と多摩川線に分離された。
 
システムは以下。
IMG_3979
3枚つづりのチケット2500円
1枚のチケットで各店舗で1ドリンク+1品もらえるというもの。単純計算して1ドリンク+1品が833円程度。

IMG_3978
ということで武蔵新田駅に到着です。もともとは新田駅だったらしい。

IMG_3983
駅おりてすぐに「ちょい呑み本部」があってここで3枚つづり2500円のチケットを購入する。webで事前購入しておくと100円割引の2400円で、お楽しみ抽選会もあるらしい。(当日購入は抽選なし)

IMG_3980
FullSizeRender
もらったパンフレット。さあどこに行こうかな。

FullSizeRender
商店街っぽいゲート。フェスティバルのわりにはそれほど混んでなく、とてもローカル色満載。

IMG_3982
ちょい呑み対象のお店はこのようなノボリが立っている。

BlogPaint
その辺をぶらぶらしていると女子店員さんに勧誘されるので、そのまま入店!

FullSizeRender
1店目は⑳の「ビストロ武蔵新田」です!

IMG_4002
ちょい呑みメニューはここから選べます。

IMG_3989
ファーストドリンクはもちろん生ビール!サッポロ黒ラベル。グラスがちょっと小さい。

IMG_4001
1フードは3人いるので3種類注文する。「本日のジビエ料理」(たぶん手前)、「田舎風パテ」(たぶん左)、「ローストポーク」(右)。

IMG_4003
ってことで、金魚に乾杯!さすがに金魚料理はなかった笑

IMG_4006
そうこうしていると、このイベントで招致したと思われる音楽隊がやってきて、店内で演奏し始める。ローカル色満載。

IMG_4007
早々にビールがなくなってしまったので、瓶ビールを追加注文。中瓶750円。ちょっと高い気もしたがやむなし。

IMG_4008
すると今度は謎のゆるキャラが登場。「おおたく」と書いてあるので大田区のキャラクターかと思ったら、大田区非公認キャラクターの「だいこんちゃま」らしい。なぜ大根かというと、大田市場から逃げてきたという設定らしい。なんだそりゃ笑。

画像:はねぴょん
ちなみにこちらが、大田区公式キャラクターの「はねぴょん」。ああ羽田空港があるからですね。確かにわかりやすい。ていうかキャラクターがいたんですね。

BlogPaint
ってことで乾杯!手作り感あふれるチケットはこのように前にかけると、参加感が出ます。

BlogPaint
勧誘して、さらに撮影もしてくれた女子店員スタッフとも撮影!

さあ、次行ってみましょう。
IMG_4013IMG_4020
歩いていると何やら神社を発見。「新田神社」。駅名の由来となった神社ですな。「新田」といえば、キャプテン翼の新田瞬くんである。あの隼シュートはあまりにも有名ですな。創建は残念ながらその新田くんではなく、南北朝時代の新田義貞の息子・新田義興だそうで、たいそう伝統のある神社でした。

hayabusa
これがその新田くん。相変わらずこのシュート体勢が凄い。

IMG_4014
創建時の建物は東京大空襲のときに焼失しており、これは昭和35年に再建されたものなのだとか。

IMG_4027
こちらは樹齢700年の神木!パワースポット!

IMG_4015
お参りするちょい呑みガールズ。神社では「2拝2拍手1拝」だが、本日はちょい呑みなので「2杯2拍手1杯」らしい。

さあ2軒目です。
IMG_4016
IMG_4017
神社の先に「纏」という渋めの居酒屋があったのでさっそくイン。

IMG_4018
㉗居酒屋「纏」です。いかにも夫婦経営な感じです。

FullSizeRender
ちょい呑みメニューはこちら。

IMG_4021
ドリンクはもちろん生ビール。キリン一番搾りです。

FullSizeRender
ちょい呑みメンバーが4人に増えたのでツマミは2つづつ頼む。上の赤肉が「ダチョウ刺」、下が「ガッキ」という謎の食べ物。ガッキは新垣結衣のことではなく、馬肉の甘辛煮だそうです。

gakky
こっちのガッキーだったら大興奮。

IMG_4022
店内には小上がりの座敷があります。やっぱり座敷がそそりますな。


BlogPaint
ってことで、ちょい呑みガールズ一人加わって乾杯!この後、「3軒目どうする?座談会」で、スナックが対象の店に5店ほど入っていて、普段なかなか入れないから行ってみようという話になる。で、その中でも「パブ ボンジュール」が77席もあって広いので、気軽に行けそうだということになる。

ってことで、3軒目です。
IMG_4028
これがボンジュール。ボンジュールはフランス語でおはようとか、こんにちはの意味であり、夕方から夜の挨拶は「ボンソワール」じゃないの?と、心の中でツッこんでみたが、どうでもいい。

IMG_4032
入口の前にあった謎のモニュメント。このくらいベロベロになるまで呑め!という意味だろうか。

IMG_4029
「福田ビル」。そうこのビルにあるお店の「ボンジュール」は元モーニング娘の福田明日香がいるって噂なのだ。このビル名を見て、信憑性がにわかに増してきた。

fukudaasuka
これがデビュー当時の福田明日香。14歳。若い。

FullSizeRender
肝心のちょい呑みメニューは、オツマミとカラオケ1曲のようだ。

IMG_4033
あら、ドリンクメニューにビールがない。

IMG_4034
「ビールないんですか?」と聞くと「特別1本だけですヨ」と言って出してくれました。

IMG_4036
他の飲み物たち。

FullSizeRender
こちらはオツマミ。

IMG_4038
トイレにいくと、まさに福田明日香さんのソロデビューの告知が!ますます期待がたかまります!

IMG_4035
ってことで乾杯!店内ひろびろ。
オツマミを運んできた写真真ん中の白い服の女性に「福田アスカさんっていらっしゃるんですか?」っておもむろに聞いてみると、「あそこにいる白いワンピースのこが娘です」と言う。ん??娘???ていうか、この母親と思われる人もめちゃ若くて可愛い(娘さんが33歳くらいなので、どう考えて50代なのに全く見えない。若い)。

IMG_4051
その娘さん。お客さんとデュエット熱唱中。14歳の時と比べて今のほうが全然いい!エロい!

IMG_4048
IMG_4047
ちょい呑みガールズも負けじと熱唱。

IMG_4058
歌い足りないちょい呑みガールズはついにソロで熱唱。曲名は「Diamonds」byプリンセスプリンセス。どうやらこのお店、1人1曲とかしばりはないらしい。

IMG_4041
誰も曲を入れてなかったら、福田娘さんがソロで熱唱!なぜか曲はテレサテン。なんだか自由な感じだ。

FullSizeRender
1軒目の店にいたローカル音楽隊がこの店にもやってきて演奏。それを元モー娘。が撮影する贅沢。

BlogPaint
ちょい呑みガールズがさらに1人増えて乾杯!なんとこの写真、福田娘さんに撮影してもらいました。なんという贅沢!ボンジュール!ん?今、理解しました。モーニング娘だから、おはようのボンジュールってわけか!!腹落ち、腹落ち。

合流ガールズがまだ残り2枚の券があるってことで、次の店に行こうという話になりました。

4軒目はこちら
IMG_4061
いかり屋。あの「いかりや長介」が経営してるのだとか。

ikariya
いかりや長介(故人)

FullSizeRender
こちらのちょい呑みメニューはツマミ4点と豊富です。

IMG_4063
ドリンクは生ビールかサワーのようです。

IMG_4062
ちなみにハッピーアワーではハイボールやサワーが100円!!

IMG_4064
なんと21時以降は1時間飲み放題1000円!

IMG_4067
さっそく生ビールを注文。ジョッキがでかい!!

IMG_4066
それ以外のサワーもでかジョッキ!

FullSizeRender
IMG_4069
FullSizeRender
頼んだちょい呑みメニューたち。これだけあれば全然いける!

IMG_4071
結局、ビアが足りなくなって追加注文。小ジョッキ400円。

BlogPaint
ってことで乾杯!ちょい呑みメンバーお疲れさまでした!

ちょい呑みチケットを2枚購入、ちょいちょい追加ビール注文により合計6150円!なんだかんだ高くついてしましました。が、元モー娘メンバーとコラボできたから(あとその母も)、よしとしましょう!ではまた来年!ボンジュール!

IMG_4744
なんと次回は来年5月!どうやら年に2回春と秋に開催しているらしい。

【今日の会計】6150円(税込)
チケット2500円×2枚
瓶ビール 750円
生ビール小400円

「武蔵新田ちょい呑みフェスティバル」 
https://ameblo.jp/musashinitta-cnf/

さよなら築地市場シリーズ その28

「市場すし」 築地市場(場内)

いよいよ移転となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

※小池知事が移転時期を明言しましたね。最終営業日は2016年11/2でしたが、2018年10月11日移転に決まりました
いよいよ移転まで1週間を切りましたが、混んでいる店はますます混雑しているし、普段は空いている店までも大混雑です。10/6の築地閉鎖までこれからどんどん客が増えることでしょう。もう全店制覇もあきらめました笑(あとは寿司屋しか残ってないし・・)。

ってことで、第28回目は「市場すし」です。
IMG_4731
いよいよ、築地市場閉鎖(10/6最終営業日)まで1週間を切りました。とりあえず様子見に行ってみると、やはり移転を惜しむ日本人と、そんなことは全く気にもしてない外国人でにぎわっています。

IMG_4733
「市場すし」は混みまくっている場内でも比較的いつも空いている店。

混雑しているから名店なのか、空いているからそうでないのか、とかは全く気にしません。コスパという言葉もあるが、並ぶのにかかった時間とか、そういうのもコスパの概念のうちに入ると思うわけですよ。だから寿司大のように食べるのに4時間ならぶとか、他の店みたいに予約するのに何回電話かけてもつながらないとか、予約が取れても半年先だとか、ってその時間を含めると多大なる(時間という)コストをかけていると思われるわけですよ。その時間コストをかけて”特上”をとりにくのか、時間コストをかけなくて”普通の上”をとりにいくのか、このせんべろブログの読者なら言わずとも答えが出ているでしょう笑。
ちなみに、また別の考え方もあって、3000円という寿司を20分で食べてしまったのなら、その寿司は1時間あたり9000円のコストだったということになります。このブログで紹介している店なんて、3時間以上飲み食いしまくって3000円しかかからない所があるわけです。1時間あたりに換算すると1000円。そう考えると寿司っていう食べ物は、高コスト、高カロリーすぎて泣けてきます笑。

FullSizeRender
これがメニュー。3000円超えの寿司はやめようかと思ったが、丼モノも最低2800円と割高なので「特上にぎり3000円」にすることにした。

IMG_4740
市場すしの湯のみ。東京卸売市場という文字がそそります。

FullSizeRender
まず出てきたのが鉄火巻き。普通の鉄火巻きだがうまい。

FullSizeRender
続いて出てきたのが、玉子、いくら、赤貝?の3貫。どうやら3つづづ出てくるようだ。

FullSizeRender
続いていきなりトロ登場です。真ん中がコハダ(って言ってた気がする)、右が赤身。「赤身のうまさでその寿司屋がわかる」って勝手に提唱してますが、ここの赤身は可もなく不可もなくって言ったところか。トロはうまかった。

FullSizeRender
続いて海老、シメサバ、一番右はわからん。エビの寿司があんまり好きじゃないので少しがっかり。

FullSizeRender
さきほどの3貫の隣に追加されたのが、アジ(たぶん)とホタテ。ホタテがとても肉厚だった。

FullSizeRender
お椀はカニ出汁。なかなかうまい

ってことで、10貫+玉子、鉄火巻きでした。
だいたい30分で終了。まあ、築地の寿司に慣れてしまったのかわからんけど特に可もなく不可もなくって感じでした。



築地市場の最終営業日は11月2日(水)→2018年10/6終了です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→2018年10/11に延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「市場すし」も移転のもよう。

【今日の会計】

「特上にぎり」3000円(税込)


「市場すし」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13007649/https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13043244/


  

さよなら築地市場シリーズ その27

「岩佐寿し」 築地市場(場内)

いよいよ移転となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

※小池知事が移転時期を明言しましたね。最終営業日は2016年11/2でしたが、2018年10月11日移転に決まりました
いよいよ移転まで1カ月を切りましたが、混んでいる店はますます混雑しているし、普段は空いている店までも大混雑です。10/6の築地閉鎖までこれからどんどん客が増えることでしょう。もう全店制覇もあきらめました笑(あとは寿司屋しか残ってないし・・)。

ってことで、第27回目は「岩佐寿し」です。
IMG_4084
奥の1号館にあるカレー屋「中栄」の隣にある寿司屋です。ガイジン達は1号館の方まではこないのか、こっちにいるのは主に日本人。なので1号館にある「龍寿司」も含めて寿司屋に並んでいるのはあまり見かけない。今回も行列ゼロ。なのですぐに入ることにする。

IMG_4073
最安値が「にぎり」の2300円。丼モノもあって、「いくら丼」は2000円です。

IMG_4080
入って通されたのはカウンター。とりあえず「上にぎり」2900円を注文。

FullSizeRender
左からタイ、トロ、赤味。「寿司屋は赤味の味で決まる」と勝手に思っているけど、ここの赤味は普通な感じ。

FullSizeRender
左からエビと貝。何の貝かわからん。

FullSizeRender
イクラと玉子。

IMG_4082
穴子。

FullSizeRender
そして巻物。

IMG_4079
お椀もついてます。

IMG_4074
IMG_4083
ふと気になったサイン。なんとあのベッカムも来てたらしい!アルゼンチンのシメオネ(彼のせいでレッドカードもらって退場)と仲直りして来ていたとか、来ていなかったとか。

ってことで、岩佐寿司でした。7貫+巻物だといささか物足りなさは否めない。ちょっとづつ出てくるならいいが、数分でほぼ全貫出てきて、数分で全部食べてしまい、3千円近く払ったわりには十数分で食べ終わってしまい、なんとなくあっという間な感じ。メニューでは普通の「にぎり」から「特上にぎり」まで7貫で、「おまかせ」になると12貫になる。12貫くらいあると食べたなって気になるのだが、やはりこの手の寿司屋ではケチらないのが重要なのかも。



築地市場の最終営業日は11月2日(水)→終了も延期確定です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→2018年10/11に延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「岩佐寿し」も移転のもよう。

【今日の会計】

「上握り」2900円(税込)


「岩佐寿し」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13007649/


  

せんべろ居酒屋探訪 その134

「虎杖ビアスタンド(いたどりビアスタンド)」築地場外
生ビール(アサヒスーパードライ)
190円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第134弾は築地駅/築地市場駅の場外市場にある「虎杖ビアスタンド」です。

前回の「虎杖ビアホール」に引き続き、またまたチラシをゲット
IMG_1495IMG_1494
一瞬、こないだのビアホールの違うデザインのチラシかと思ったが、そうやら別の店らしい。生ビールも相変わらず190円。これは、確かめ(飲み)に行くしかない!

IMG_2248
ってことで、もんぜき通りです。ここ築地場外が新大橋通りに面している場所。有名なラーメン屋「井上(現在火事で焼失)」やホルモン丼で有名な「きつねや」などがある通り。ここを築地場内だと思っている人も多いことでしょう(あるいは場内と場外の違いがわからずに同じだと思っている)。夜18時にくると店も閉まり換算としている。

IMG_2249
はい、すぐ見つけました。この看板。煌めく190円の文字!!

IMG_2251
看板にある矢印を見ると、なにやら通路がある。中は煌々とひかっている。この奥のダンジョンにお宝(190円の生ビール)があるのだろうか。

IMG_2250
さっそく入ってみましょう。ザッザッザッ(ドラクエのダンジョンに入る音)。

IMG_2252
うぁぁぁぁ!現れたのはスライムではなく、190円の看板が煌めくお店!!

IMG_2256
生ビール190円。銘柄はアサヒスーパードライ。なぜか最近スーパードライを見ると福山の顔が浮かぶ。


そうそう、この顔!笑
「究極の辛口」とか言っているわりには、福山のニヤケ顔とのギャップが妙にウケる。

IMG_2254
こちらがメニュー。詳しくは見てないが、パット見、「虎杖ビアホール」とほぼ同じだと思われます。で、システムの方も、お通し278円に一人一品制があります。

ってことで、
IMG_2258
乾杯!こんなわかりづらい店なのに、けっこうお客さんがいますね。

IMG_2257
お通し278円→税込み300円。貝っぽいやつ。

IMG_2259
「しらすおろし」380円。この量だとちょっと割高かなあ。

ってことで、「虎杖ビアスタンド」でした。
虎杖ビアホール」との違いは、開店15:30と、16時開店のビアホールより30分早く飲めます。あともんぜき通りの中なので、駅からはこちらの方が近い。違いはそんくらい。

メニュー最低料金のツマミが380円なので、一杯だけ飲みに行こうと思っても、プラスお通し、ツマミで最低915円(税込)かかることになる。この手の一品制の店は軽く飲みに行くには割高だが、ちゃんと飲みに行くなら、飲めば飲むほどお得感がでるでしょう。

【今日の会計】一人915円(税込)
お通し 
上記料理
ビール1杯

「虎杖ビアスタンド」築地(場外)
http://itadori.co.jp/tsukiji-itadori-beerstand.html
生ビール(アサヒスーパードライ)
190円(税抜)

 

せんべろ居酒屋探訪 その133

「虎杖ビアホール(いたどりビアホール)」築地場外
生ビール(アサヒスーパードライ)
190円(税別)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第133弾は築地駅/築地市場駅の場外市場にある「虎杖ビアホール」です。

きっかけはこのチラシ。
IMG_0911
築地界隈で配ってるのをゲット。もちろん目にとまったのは「生ビール190円」の文字。これは確かめ(飲みに)行かねばなりません!

IMG_0912
行ってみるとこの目立つカニのオブジェが出迎えてくれます。長年この界隈にいながらこんなのがあるなんて気づかなかった!そして、「虎杖」が「とらつえ」じゃなくて「いたどり」と読むことも知らなかったし、築地や銀座に各店舗が展開されていることも知らなかった!不覚!

IMG_0913
お店の前の看板。お目当ての生ビールは本当に190円のようです(税別)。

IMG_0914
ガイジン用に英語表記もありますね。でもガイジンがこの築地という場所に来るお目当ては生ビール(DraftBeer)じゃないように気がするけど。

IMG_0916
店内。18時すぎなのに既に満席で入れず!

BlogPaint
店の対面が立ち飲みできそうだったので、飲んでよいか店員に聞いたら、そんなところでよければと言われたので、このスペースで立ち飲みすることにした。

IMG_0919
立ち飲みスペースから道挟んでみた店舗。

IMG_0921
生ビール190円。重要な銘柄はアサヒスーパードライ!値段的にモルツかと思ったのでドライでよかった!

IMG_0918
これがメニュー。カチ割りワインやハイボールも180円。サワーは380円なので頼んだら破門ですな。小さく書いてある注意書きを要約すると、お通し代278円(税別)→つまり税込み300円。で、一人一品制です。

ってことで、
IMG_0920
乾杯!

IMG_0925
カニとマグロにも乾杯!

IMG_0922
「お通し」278円→税込み300円。ポテサラと思われるものに海鮮が入ってます。

IMG_0926
「枝豆」380円。

FullSizeRender
「冷やしトマト」380円。とりあえず、最低料金のツマミだけ頼む。

IMG_0929
こちら「ハイボール」190円

IMG_0928
「カチ割りワイン白」190円。ワインもジョッキなのが嬉しい。

BlogPaint
なんでこうなったかよくわからないが通りかかった人と撮影!

メニュー最低料金のツマミが380円なので、一杯だけ飲みに行こうと思っても、プラスお通し、ツマミで最低915円(税込)かかることになりますね。この手の一品制の店は軽く飲みに行くには割高だが、ちゃんと飲みに行くなら、飲めば飲むほどお得感がでます。

【今日の会計】一人1000円ちょっとくらい(税込)
お通し 
上記料理
ドリンク

「虎杖ビアホール」築地(場外)
http://itadori.co.jp/tsukiji-itadori-beerhall.html
生ビール(アサヒスーパードライ)
190円(税抜)

 

せんべろ居酒屋探訪 その132

「鳥二郎」御徒町/仲御徒町
生ビール(アサヒスーパードライ)
270円(税別) →8/31まで99円

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第132弾は御徒町/仲御徒町駅の「鳥二郎」です。
なぜ御徒町なんて行くって?それはこのサイトの情報を偶然発見した友人に誘われたのだ。
FullSizeRender
そのサイトとは「favy」。そう、前回生ビール300円の「新橋てんがらもん」や「新橋アギーレデペロ」の情報元となったサイトである。今回はな、な、な、なんと生ビールが99円!!

これは行く(飲む)しかない!

ということになり、上野御徒町に集結!

FullSizeRender
ここが噂の鳥二郎。270円均一??あれ、生ビール99円は?

FullSizeRender
ほっ、生ビール99円って書いてありました。

FullSizeRender
エレベーター前の看板にも99円の表記が。これは間違いないでしょう。

FullSizeRender
さあ4階の店の前。生ビール99円で、ただでさえ安いのに他のドリンクもフードも270円均一ってことか。それは安い!しかも、さっきの看板に「お通し代やサービス料もない」って書いてあるのを見逃してません!

FullSizeRender
生ビール99円(8/31まで。通常は270円)。銘柄はアサヒスーパードライ。残念ながらスリムジョッキ。99円なら全然許すけど、270円だとちょっと高いかなあという印象。

FullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ドリンクもフードもぜーーーーんぶ270円均一。税別なので、税込みだと291円。微妙に300円に届かないところがまたお得感がある。

ってことで、
FullSizeRender
乾杯!今回の趣旨をみんなわかっているので、誰一人として生ビール以外を頼む人はいません。

FullSizeRender
「もりもりキャベツ」270円。おかわり自由とメニューに書いてあったので、270円で食べ放題!?

FullSizeRender
「枝豆」270円。普通の枝豆。

FullSizeRender
「出し巻き」270円。ちょっと量少なめか。

FullSizeRender
「おつまみ胡瓜ちゃんこ味噌」270円。味噌うまい。

FullSizeRender
「なんこつ唐揚げ」270円。量おおめ。

FullSizeRender
チンチロリンもあるけど、誰もやらない。だって生ビール99円だし。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
さあ、焼き鳥屋なので頼みます。「ジャンボ焼鳥」2本で270円。「もも」のタレとガーリック、「むね」のタレとガーリックで合計8本。

FullSizeRender
「トマトスライス」270円。まあこんなもんでしょう。

FullSizeRender
「ロシアンルーレット」誰かが辛いのを地味に当たってた。

FullSizeRender
「やげんなんこつ」270円×2と「砂ずり」270円×2。塩で。

FullSizeRender
「たこわさ」270円。人気。

FullSizeRender
「山芋ふわとろ焼き」270円。ふわとろ!

FullSizeRender
「つくね」270円。うっかり串をはずしてしまった後の写真。

FullSizeRender
「名物!スーパージャンボ串」1串270円。味は左がスパイス、右が赤タレチーズ。

BlogPaint
どうです、このジャンボっぷり!顔が日焼けで黒いのはツッコミなしで。

BlogPaint
ってことで、99円せんべろガールズたちと乾杯!!

BlogPaint
9人で生ビール71杯含む、83杯飲んだらしい笑。

ってことで、「鳥二郎」でした。
都内にはほかに新宿、蒲田、吉祥寺、新小岩、八王子にあるようです。
270円均一でもだいぶ安いのに、生ビールはさらに99円。8月いっぱいです。これはいくしかない!ちなみに会計は19時から23時半まで4時間半飲んで、驚異の2000円ぎり!!!

【今日の会計】一人1860円(税込)
お通し なし
上記料理
生ビール×71杯 99円
その他ドリンク

「鳥二郎」御徒町/仲御徒町
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13178938/
生ビール(アサヒスーパードライ)
270円(税抜)→現在99円(8/31まで)

 

せんべろ居酒屋探訪 その131

「凪〇(なぎまる)」門前仲町
生ビール(プレミアムモルツ)
380円(税込) 

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第131弾は門前仲町駅の「凪〇(なぎまる)」です。
平日15時に門前仲町を通りがかったので、せっかくだから人気店の「魚三酒場」に行ってみる。が、開店16時とのことなので空いてない。

IMG_0721
で、どこか飲めるところないかなと、近くを通りかかって発見したのがここ。「凪〇」と書いて「なぎまる」と読むらしい。もちろん真田丸(さなだまる)とは読まないし、なぎら健壱とも関係がなさそうだ。

IMG_0720
どうやら15時のさきほど開店したらしい。土日は11時からオープン。

FullSizeRender
生ビールは380円。銘柄はプレミアムモルツ。ほどほどに大きいジョッキ。

FullSizeRender
ドリンクメニュー。ハイボールは280円。サワー類は300円。安い安い。

FullSizeRender
おつまみメニュー。最安値は200円。

FullSizeRender
FullSizeRender
そしてこれ。「凪ぴん(なぎぴん)」。勝手に串揚げだと思っていたが、刺身の串らしい。オリジナル!塩炙りやタレ炙りもおいしそうだ。

IMG_0712FullSizeRender
なんと寿司もあり。1貫100円。巻き寿司は1本200円!おまかせにぎりもあり。

FullSizeRender
おすすめのこぼれハマチもあり。

IMG_0710
通常メニューないものもあり。ハマチを大量に買ったのか、ゆかり天や炙りポン酢もある。

ってことで、
FullSizeRender
乾杯!!店内は完全立ち飲み屋です。

IMG_0703
ドリンクやツマミの注文はこちらのカウンターで頼む方式。先払い。

IMG_0709
こちらの冷蔵庫からツマミをすぐとる方式。ないツマミは頼むと作って持ってきてくれる。

FullSizeRender
とりあえず冷蔵庫から「ポテサラ」150円をゲット。

FullSizeRenderFullSizeRender
この店メインの「凪ピン」の「はまち」と「いかしそ」と「えんがわ」各150円を頼む。

IMG_0718
メンバーズカードあり。ドリンクが毎回50円引き!しかも平日18時までは、メガハイ380円(100円引き)、酎ハイ150円(半額!150円引き)。これはお得。門仲に住んでたら絶対に入りたい。

IMG_0719
「メガハイ」480円。大きい。メンバーズなら380円。かなりお得。

FullSizeRender
お店の注意。まあこんなのは常識の範囲ですね。どこかの店(新橋の大統領)みたいに変なルールがたくさんあるわけじゃないので安心ですね。

ということで、門仲の立ち飲み屋でした。メンバーになって早い時間にいくとドリンクが圧倒的に安いです。凪ぴんという刺身串もオリジナルでよい感じ。次回は塩炙りしてみたい。


【今日の会計】一人1460円(税込)
お通し なし
上記料理
生ビール380円
メガハイボール480円

「凪〇」門前仲町
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13178938/
生ビール(プレミアムモルツ)
380円(税込)

 

レアな体験?シリーズ

「鮫洲試験場」
運転免許証を紛失したので再交付に行ってきました。

手続きが面倒くさいって噂あったけど、実際は・・・?


財布ごと運転免許証を紛失してしまったので再発行することになった。
いろんな人に
「再発行面倒くさいよ~~~」って言われたので少しビビる。

さっそく警視庁のサイトをチェックしてみた。

遺失、盗難、汚損、破損による再交付
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshin/saikofu/saikofu01.html

面倒くさそうな理由
その①
手続き場所が鮫洲、江東、府中試験場の3つだけ
普通の免許の更新だと、この3つに加え、神田・新宿の2つの免許センターと17の警察署で更新できる。板橋区とかに住んでいるとどこに行くにも遠そうだ。

その②
平日しか受け付けない
普通の更新だと、日曜日はOKだが、再発行の場合は平日のみしか受け付けない。ので、普通のサラリーマンだと休みを取るしかない。

その③
申請書用の写真が必要
普通の更新では写真持参不要だったが、写真を持っていく必要がある。しかもその写真にはいろいろ縛りがあることが判明!

各種申請用写真のご案内
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshin/koshin/koshin02_2.html

これを見てみると、顔を傾けてたり、目線が正面でなかったりするとNGといろいろなバージョンが実際の写真付きで書いてある
keishicho
ちなみにこの写真の女性が可愛いので調べてみたところ・・・・

ふと発見!免許証更新用の写真モデルが可愛いすぎる件
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/77080802.html
ちなみにこの女性、「鈴木千絵里」という元芸能人らしい。

ということで、
再交付に必要なもの
・(身分証明書)マイナンバー
・ピクチャンで撮った写真(3cm×2.4cm)
・更新手数料3000円
を持っていく。

samezu
受付開始する直後の平日月曜の朝8時半すぎに鮫洲試験場に到着。最近立て直したのかわからんが、建物が綺麗になっていた。

再交付の7番受付には人がほとんど並んでない。
すぐ受付すると、申請書と紛失理由書を書いてください、と言われる。持参した写真は申請書用の写真で、免許証に載る写真ではないらしい。
 
更新手数料3000円を支払い、紛失理由書と申請書を書いて、再び受付へ。10~15分くらい待たされる。呼ばれて、写真撮影。ここで免許書用の写真を撮られる。

ポイント①
持参する写真は申請書用の写真
免許証の写真は現地で撮影

申請書用の写真は現地に自動撮影機みたいなのがあるので忘れても大丈夫。でも600円とかで高いし、6人くらい並んでて待たされるので、ピクチャンがおすすめ(200円)。

ピクチャン(スマホなどで撮った写真をコンビニで写真印刷できる)
https://pic-chan.net/c/

ポイント②
紛失理由書に本籍地を書く欄が。
でも「都道府県だけ」でも大丈夫。

写真を撮ってから1時間後に無事再交付。
(でも実際は40分くらいでできてた)

IMG_0560
待っている間に食堂で食べた「ラーメン」550円。
残念ながらというか、当たり前だが、ビールは売ってなかった。

ということで、1時間半ぐらいで再交付完了!
あれ、手続きが面倒って言われてたのは・・・??

窓口で待っている間に、
免許証を失効した(更新期間中に手続きしなかった)と思われる人のやりとりを聞いていたのだが、その人たちが言われてたのが、

①「本籍地記載の証明書」を求められてた
これ、発行するには自治体に行かなきゃいけないですね。たしかに面倒。失効すると必要らしい。そして、係の人も「ないとダメです」と事務的でした。

②パスポートのスタンプを見せてた
おそらく海外に行ってて失効したパターンですね。海外に行ってた証拠としてパスポートを求められます。確かに面倒。

他にも入院してて行けなかった場合は、医療機関の証明書なども必要のようです。

上記のように失効すると失効した理由を証明するものを求められます。紛失による再交付よりはるかに面倒!さらに更新期間を6カ月以上すぎると、イチから試験を受けなければいけないらしい・・・。意外と知られてない事実かも!!

ってことで、
免許は紛失しても、失効はするな!
ですね(オチは特にない)。

  

小ネタシリーズ

免許証更新用の写真モデルが可愛いすぎる件


財布ごと運転免許証を紛失してしまったので再発行することになった。
いろんな人に
「再発行面倒くさいよ~~~」って言われたので少しビビる。

さっそく警視庁のサイトをチェックしてみた。

遺失、盗難、汚損、破損による再交付
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshin/saikofu/saikofu01.html

申請書用の写真が必要
普通の更新では写真持参不要だったが、写真を持っていく必要があるらしい。しかもその写真にもいろいろ縛りがあることが判明!

各種申請用写真のご案内
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshin/koshin/koshin02_2.html

これを見てみると、顔を傾けてたり、目線が正面でなかったりするとNGといろいろなバージョンが実際の写真付きで書いてある
keishicho
むむむ!!!
なんかこの写真のモデルの人、可愛いんじゃないの??


お堅いはずの警視庁のサイトには似つかわしくない女性が出てきたので面食らう。
気になって「免許 写真 モデル 可愛い」でgoogle先生に聞いてみたところ・・・

警視庁の運転免許「不適正な写真例」のカワイイ女性はこのひと!
https://nenza.net/2016/09/28368.html

やっぱりネット上でも気になってる人がいた!笑
ちなみにこの女性、「鈴木千絵里」という元芸能人らしい。

公式ツイッター。たしかに本人に間違いない!
chieri_twitter
いまは引退してコスプレとかしているらしい。
もしどこかで会ったら、
「免許の人ですよね?」
って言ってみたい。

(ご参考)
全県の免許更新の写真のページを調べてみました!


神奈川県警

kanagawa_menkyo
こちらは神奈川県警のサイトから。めっちゃ素人っぽい。もしかしたら婦警さんでは?
https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83068.htm

群馬県警
gunma_menkyo
群馬県警から。こちらもめっちゃ素人っぽいけど、嫌いじゃない感じ(高崎で一緒に飲みたい!)。
https://www.police.pref.gunma.jp/koutuubu/04menkyo/menkyo-syashin/data/jisan01.pdf

大阪府警
osaka_menkyo
大阪府警。こ、これって・・・はるな愛???さすが大阪。いいセンスしてます。
https://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/menkyo/syashin_woman_1.html

あとの県はイラストだったり、そもそもこういうふうに写真例を出してないところも。

 
  

ちょい飲み情報 その10

「フレッシュネスバーガー(フレバル)」 銀座8丁目店
生ビール(アサヒスーパードライ)190円(税別)

せんべろ居酒屋シリーズ番外編。最近流行りの「ちょい飲み」を追う。

外食チェーンを居酒屋がわりとして使う「ちょい飲み」がはやっている。本当にちょっと飲むだけの"ちょい飲み"レベルなのか。それとも本気でガチ飲みしてもいいんじゃないのか。その実力を探る。

今回はフレッシュネスバーガーが展開する「フレバル」です。
2017-01-11-18-54-27
新橋から一番近いのは「フレッシュネスバーガー」銀座8丁目店。銀座中学校のすぐそば。「フレバル」とは、「フレッシュネスバーガー」が展開する「バル」だから縮まってフレバルだとか。「触れ合うバル」の略ではない(それだとキャバクラになっちゃうからね。俺はむしろ触れ合いたいけど笑)。銀座中の先生も御用達だとか(生徒はあかん)。ちなみに17時から「フレバル」対応になるので注意(昼飲みしたい人は残念無念)!

2017-01-11-18-54-37
ここで注目すべきは「生ハム食べ放題」500円に「ワイン飲み放題」980円(※いずれも税別)。つまり、約1500円でワインと生ハムという無敵のコンビが食べ飲み放題!※ただし1時間

2017-01-11-18-54-43
もちろん生粋のビアニストのためにビールも用意。瓶ビールで300円+税とわりとリーズナブル。

2017-01-11-18-56-57
生ハム以外のメニューももちろんある。ツマミも300円で安め。

2017-01-11-18-57-14
本来の店の趣旨を忘れずにハンバーガーを食べたい人はこちらからどうぞ。

2017-01-11-19-00-02
ワイン飲み放題にもかかわらず、なぜか無駄に「瓶ビール」300円を注文。銘柄は「カールスバーグ」。容量確認したら約334mlだったので小びんのサイズ。

2017-01-11-19-02-31
ってことで乾杯!

2017-01-11-19-00-07
「ワイン飲み放題」980円ももちろん注文。こちらのグラスを渡される。

2017-01-11-19-01-13
こちらのワイン樽で赤と白をセルフで注ぎにいく方式。セルフ飲み放題は、注文してからドリンクが出てくるまでの時間差にいらいらすることないので個人的に好き。

2017-01-11-19-04-26
そして「生ハム食べ放題」500円も注文。"生ハム食べ放題"という響きがなんか無駄にシャレオツ感をそそる。皿には生ハムがちょっとしか入ってないけど、空いた皿を渡しておかわりする方式。

2017-01-11-19-01-58
白ワインにいってみる。あっさりめ。

2017-01-11-19-17-28
そして赤ワイン。しょっぱめの生ハムに一番合うかも。

2017-01-11-19-04-49
余計なツマミは頼まずにひたすら生ハムとワインを食べまくる。

BlogPaint
生ハム+ワインというシャレオツな組み合わせのはずだが、飲んでたのはもっさいオッサン達。

食べ飲み放題の1時間は若干短い気がしたが、逆に2時間だったらベロベロになっててかえってよかったんじゃないかという結論。1500円で食べ飲み放題はこれぞ本当にセンベロです!

(待ってました!生ビール190円に!)
IMG_6423
16~19時までのハッピーアワーですが、生ビールが190円に!!!

IMG_6424
生ビールだけでなく、ハイボールやワインも190円!!

FullSizeRender
これがその生ビール。アサヒスーパードライです。そして、190円にしてはそんなに少なくない量あります。

IMG_6427
19時までの0次会に最適!あるいは19時以降生ハム+ワイン飲み放題の本飲みへ移行も可!!

【今日の会計】一人1780円(税別)
瓶ビール 300円
ワイン飲み放題1H 980円
生ハム食べ放題1H 500円

「フレッシュネスバーガー」 銀座8丁目店 ※「フレバル」
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13101143/

生ビール(アサヒスーパードライ)
190円(税別)
ワイン飲み放題980円(税別)
  

せんべろ居酒屋探訪 その130

「アギーラ デ ペロ(Aguila de Perro)」新橋
生ビール(アサヒスーパードライ)
300円(税抜)※17-22時まで 

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第130弾は新橋駅の「アギーラ デ ペロ(Aguila de Perro)」です。
前回に引き続きfavyというサイトで「新橋でドリンク全部300円」という記事を思わず発見する。たいがいこの手の食系サイトって、「コスパ最高」とか書いてあるわりには生ビール安くなかったりして期待外れが多いのだが、このサイトはわりと我々向きで嬉しい。

これがその記事。
FullSizeRenderFullSizeRender
FullSizeRender
「40種類のお酒がオール300円」
この引きは強い。その対象に生ビールが入っていることももちろん確認済み。

FullSizeRender
ってことで店の前に来ました。店名は「アギーラ デ ペロ」。一回聞いただけじゃ覚えられない。サッカー好きならば元日本代表監督の「アギーレ」の名を思い出すことだろう。でもアギーレとは関係ないみたい。

FullSizeRender
このブログにはふさわしくないぐらいの雰囲気のいい店!

FullSizeRender
ほっと一安心。一番メインのドリンク300円のポスターが店の外に貼ってありました。

FullSizeRender
「生ビール」300円(税抜)。銘柄はアサヒスーパードライ。グラスは残念ながら小さめ。スタンディングスペース(立ち飲み)だけこの価格らしい。

FullSizeRender
このドリンクメニューが300円らしい。スパワーがあるのもうれしい。
※スパワー:「スパークリングワイン」という長ったらしい名前をシャレオツに「スパワー」と略したのは全世界で新橋酔式が初めてと言われている。なぜなら当時googleで検索しても出てこなかったから(今もスパワーと呼ぶ人はうちらぐらいしかいないという噂だが)

FullSizeRender
FullSizeRender
メキシカン料理屋だけにテキーラが豊富。テキーラっていうと酔わせるドリンクの代表的なものなので、女子には敬遠されます。女子を酔わせたい野望があるのなら、テキーラじゃなくてスパワー(しかもボトル)だ!

FullSizeRender
FullSizeRender
こちら通常のドリンクメニュー。けっこういいお値段します。生ビールは500円。さきほどのと同じ大きさのグラスです。

FullSizeRender
コロナバケツ。インスタ映えしそうですねえ。むしろ海とかで頼んでみたい。

FullSizeRender
FullSizeRender
フードメニュー。だいたい500円。さっきの通常ドリンクメニューに比べると思ったよりは高くはない印象。

ってことで、
FullSizeRender
乾杯!雰囲気よさげ!

FullSizeRender
お通し(値段不明)。しらすアヒージョみたいなものをパンにかけて食べる。シャレオツ。

FullSizeRender
「ブレザオラ」500円。日本では珍しい牛肉の生ハムとのこと。なので頼んでみる。ローストビーフ的な感じ。

IMG_5802
そうこうしているうちに仲間が増えてきて、みんなで乾杯!

FullSizeRender
インスタ映えを狙って、iphoneXのポートレートモード(背景がすこぶるボケる)を使って撮影。

FullSizeRender
ポートレートモードは少し離れないとうまく撮影できないので、自分でビアを持って撮ろうとするとけっこうシンドイ。それをXユーザの店員さんが気づいて「私持ちますよ」と言ってくれる。で、お言葉に甘えてビールじゃなくて店員さんを撮影。

BlogPaint
ついでに店員さんと2ショットも撮影。

FullSizeRender
「バッファローチキンウイング」500円。

FullSizeRender
手で食べられるように指袋付き。指袋をしてチキンを喰うせんべろセンターのまゆゆ。

FullSizeRender
「明太子とアボガドのアヒージョ」500円。明太子が炙った感じになって何ともうまい!

BlogPaint
乾杯!スタンディング席なので横並びです。そしてこれまでの記事にないシャレオツ感!

ってことで、新橋の「アギーラ デ ペロ」でした。
google先生に翻訳をお願いしたら「犬鷲」って意味でした。残念ながら元日本代表監督のアギーレとは関係がないようです。
agire
アギーレ元日本代表監督。

お店の公式サイトと店員さんの話によると、仙台を中心に数店舗を展開していたのだが、今回、東京・新橋に初進出なのだそうです。仙台と言えば「楽天イーグルス」。そのマスコットの「イヌ鷲」をかけて、その意味である「アギーラ デ ペロ」なんだそうだ。アギーラが鷲で、ペロが犬。

で、フードメニューがそれほど高くなく、量も少なくないので安くすみました。ただドリンクは300円ならいいけど、通常料金だと高くなると思われます。やっぱりスタンディングがおすすめです!

FullSizeRender
来年3月には田町にもオープンとのこと!行くか行かないかは、生ビールの値段次第!

【今日の会計】一人1770円くらい(税込)
お通し なし
上記料理
生ビールなど300円×17杯

「アギーラ デ ペロ」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13218897/
生ビール(アサヒスーパードライ)
300円(税抜)※17-22時まで

 

ワールドカップ現地観戦シリーズ2018 

ロシアワールドカップ現地観戦への道

闘うのは選手だけじゃない!
サポーター、ファン、サッカー馬鹿、俺たちも現地へ行くために闘っている。
チケット、宿、飛行機、そして、そもそも休みがとれるのか?

2002日韓大会から2006ドイツ、2010南アフリカ、2014ブラジルと4大会現地観戦を敢行。5大会連続を目指すべく2018ロシアへの旅がはじまった。

(2017年9/14一次抽選開始)
com_worldcup_organi
FIFA公式サイトで1次抽選販売がはじまる。
この時点では、出場国が全て確定していないし、もちろんグループの組み合わせも決まっていない。当然、我らが日本がどこの組なのか、どの相手なのか、どの開催都市なのかも決まってない。

その中で選べるのは、
・Match Specific Ticket
・Venue Specific Ticket
・Team Specific Ticket
である。

敢えてこれらを説明すると
「Match Specific Ticket」は試合個別のチケット。1試合づつ選ぶ。開幕戦から決勝まで64試合。最大7つ(確か)選択できる
「Venue Specific Ticket」は会場指定のチケット。だいたい4~5試合のセット。その地域に住んでいる、あるいは、ずっと滞在している人にメリットがある。ただし、ベスト8以降~決勝の試合(3位決定戦除く)は含まれない。
「Team Specific Ticket」は通称TSTチケットと言われ、特定のチーム(例:日本代表)の試合全てがついてくる。グループリーグの3試合は保証。TST3~TST7まで選択でき、後ろの数字は試合数。TST4であれば、グループリーグの3試合+決勝T1回戦となる。対象のチームが負けると勝者の試合のチケットにかわる。これがTST7となると決勝までついているので、1カ月間現地に滞在できるサッカー馬鹿野郎向けのチケットだ。当然ながら当選確率は異常に低い。

2017-12-04_165718
今回一次抽選に申し込んだのは上記の5試合。
準々決勝2試合と準決勝2試合、そして決勝。

前回のブラジル大会では、
3位決定戦と決勝を現地観戦した(自慢)ので、今回は準決勝を中心に応募してみた。「準決勝は決勝戦より面白い試合が多い」とよく言われるので、一度は観ておきたかったからだ。

朗報を待つ。

(2017年10/25日頃から)
FIFAより当選メールがきた!という声をちらほら聞きはじめる。が、自分には音沙汰ないので、落選したかと悟る。やはり、準決勝などの好カードは人気高かったのか。

(2017年10/31)
深夜2時「FIFA World Cup Ticketing Centre」からメールがくる。
件名は「2018 FIFA World Cup Russia - Ticket Confirmation」
2017-12-04_165638
むむむ!!!

むむむむむ!!!!

「Congratulations! The FIFA World Cup Ticketing Centre ("FWCTC") is delighted to inform you that the Tickets shown below have been allocated to you during the Random Selection Draw period based on your Ticket Application.」

パっと見、内容がすぐにわからないのだが、
とりあえず、
「Congratulations!」
と書いてあるってことはなんか当選したに違いない!

さっそくgoogle翻訳先生にお願いしてみると・・
おめでとう! FIFAワールドカップチケットセンター(以下「FWCTC」)は、下記のチケットがチケット申請書に基づいてランダム選択抽選期間中に割り当てられたことをお知らせすることを嬉しく思っております。

なんか変な日本語だが当たったらしい!!

当選したのは・・
7/7 準々決勝(ソチ)
7/10 準決勝(サンクトペテルブルク)
7/11 準決勝(モスクワ)

の3試合!

「決勝より面白いと言われる準決勝」
を2試合とも観戦。
激アツすぎる!

ということで、ロシアへの道が開けた!
そして、準々決勝の会場がオリンピックがあったソチっていうのも面白い。こないだソチオリンピックを現地観戦したばかりだからだ。

ソチオリンピック現地観戦紀行はこちら↓↓↓
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/54317473.html


とりあえず、すぐ飛行機を手配。
7/6 成田―モスクワ
7/12モスクワ―成田
のJAL便を予約。往復80,100円。安いかも!

(2018年11/16一次先着販売開始)
com_productList
この時点でも組み合わせがわかってないため、決勝とかぐらいしか申込みようがない。
が、サイトを見てみると決勝をはじめ、準決勝、準々決勝などは完売状態になっていて申し込めなかった。とりあえず何も申し込まない。
日本のTST3が買えた!という声もちらほら聞く。

(2017年12/1組み合わせ決定)
draw
組み合わせ決定。
今回は準決勝2試合+準々決勝1試合を既にゲットしていて、つまりベスト8のうち5か国を観戦できるという余裕があるせいか、それほどドキドキしなかった。

日本といえば、まあ韓国やイランよりはだいぶマシなのだが、前回大会で屈辱的な大敗をしたコロンビアがいるのが嫌な感じ。これまで、同組に南米のチームがいる大会は一度も決勝T進出していない。よく「日本はアフリカのチームを苦手としている」とテレビの解説とかでよく聞くが、そんなことはない。南米の方がよっぽど苦手だ。ってことで、これまでのジンクスでいけば、Gリーグ敗退ということになる。
初戦のコロンビア戦で引き分け以上であれば、かなり可能性はあがるのだが・・。

さて、この組み合わせにより・・
7/7準々決勝(ソチ)
アルゼンチン(熱望)×スペインorポルトガル(希望)が濃厚!
これはアツい!

7/10準決勝(サンクトペテルブルク)
ブラジル(鉄板)×フランスorスペイン(希望)orポルトガルが濃厚!

7/11準決勝(モスクワ)
ドイツ(鉄板)×アルゼンチン(希望)

ってことで、アルゼンチン好きとしては、2試合観られる可能性があって、アツイことに。


(2017年12/5二次抽選販売開始)
com_productList
二次抽選が開始した。さっそく見てみるとやはり準々決勝以降の試合はほぼ全て完売状態になっていて、申し込めない。今後もおそらく準々決勝以降はリセール以外は買えない状態が続くだろう。

com_productList
一方、日本戦は容易に手に入りそうな雰囲気だ。日本戦と準決勝と2回ロシアに行くことも少しだけ考えたが、今のところはやめておこう。

(2017年12/4)
fanID
ロシアW杯観戦者は「FAN-ID」なるものを取得せよという連絡が来る。それにしたがって指定のサイト(https://www.fan-id.ru/)から申請。なんでもこの「FAN-ID」があるとビザが不要らしい。※ロシア入国には通常ビザが必要。

(2018年1/9)
transport
チケット保持者、FAN-ID保持者は試合向け臨時列車が無料で乗れるらしい。さっそく専用サイト(https://tickets.transport2018.com/free-train/schedule)から予約する。試合前に各都市から向かう列車と試合後に帰る列車の両方とも予約できる。しかも無料で。ロシアも太っ腹だ。

transport_shindai
臨時列車は基本寝台列車で、二階建て。場所も指定できる。無類の寝台列車好きなので、楽しみでしょうがない。

ソチでの準々決勝(7/7)からサンクトペテルブルグの準決勝(7/10)までは、ソチ→モスクワ、モスクワ→サンクトと寝台列車を乗り継ぐ。

7/8()

アドレル(ソチ) 18:37

↓↓↓(23時間46分) 

7/9()

モスクワ18:23

 

モスクワ22:50

↓↓↓(7時間57分)

 7/10()

サンクトペテルブルグ06:47


なんとソチ→モスクワまで焼く24時間!!モスクワからサンクトペテルブルグまでも8時間!もう飲みまくるしかない!飲みつかれたら寝台列車で寝る。起きたらまた飲む!なんて贅沢!そして、宿代も二日分も浮いてラッキー!

7/11()

サンクトペテルブルグ04:15

↓↓↓(9時間55分)

モスクワ14:10


帰りも約10時間!日中の移動もオツ!

(2018年1/23)
id
ロシアからはるばるFAN-IDが届く!盛りあがってきた!
観戦者全員に送ってるのか!ロシアは太っ腹だ!ちなみにソチオリンピックの時は現地での発行でした。

ソチオリンピックで羽生結弦の金メダル見てきた!
現地観戦記はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/54317473.html

(2018年5/30)
W杯壮行試合 日本代表×ガーナ代表

0530_1
今回のワールドカップは日本戦観ないけど(期待もできないし)、とりあえず西野監督になってどうなったか。

結果・・・0-2で惨敗。
ただ負けただけでなく、何も収穫がなかった酷い試合。軽くブーイングでたけど、もっとしていいよ。俺はと言えば、ブーイングする気にもならなかった。

0530_2
試合後にウカスカジー(ミスチルのユニット)が応援ライブ。試合結果に憤って「早く飲みに行こうぜ!」と言うものの、みんなに「まあまあ、せっかくなので聴いて行きましょうよ」と諭されて、しょうがなく残る。でもミスチル桜井さんの声を聴いたら何かスッキリした。
ミスチルは偉大だ!

0530_3
帰り道に日テレの「PON」とかいう変な名前の番組からインタビューされる。

0530_4
なぜかテンション高くて、さっき聞いたミスチルの歌のさびを歌う。
「ウォーーウォ、ウォーーウォーーウォ、ウォ、ウォーーーー」

0530_5
翌朝・・・、20秒の長尺で出演!笑

録画しておいてよかった!↓


(2018年5/31)
tickets
なんと!翌日にワールドカップのチケットが届く!テンション上がってきた!


つづく(随時追記更新します)          
 

せんべろ居酒屋探訪 その129

「てんがらもん」新橋
生ビール(アサヒスーパードライ)
300円(税抜)※21時まで 

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第129弾は新橋駅の「てんがらもん」です。favyというサイトで「新橋で生ビール300円」という記事を思わず発見する。
IMG_3614
生ビールだけでなく、ハイボールやワインまで300円らしい。[PR]表記がついているのが少しだけ気になったが、300円であることにはかわりないだろう。とりあえず行ってみることにした。

FullSizeRender
店があるのはニュー新橋ビルの4階。ニュー新橋ビルと言えば、金券ショップや中国人マッサージ、地下には飲食街があるが、昭和な臭いがプンプンするビルである。新橋駅をでて目の前だ。最近、東京都の調査で、「震度6強で倒壊の危険性が高い」と診断された不名誉なビルでもある。まあそりゃ昭和感があればあるほど、耐震性も低くなりそうだ。

IMG_3554
どうやら生ビールなどが300円って言っていたのは、この「ハッピーアワー」ということか。でも21時までなのでアワーは長い。

FullSizeRender
「生ビール」300円(税別)。銘柄はアサヒスーパードライ。スリムジョッキなのが残念。まあ300円だから仕方ないととるか。

IMG_3555
通常だと生ビールは450円のもよう。

FullSizeRender
他のドリンク。決して安くはない。

FullSizeRender
ワインリスト。最安値は3000円。まあまあってところ。

FullSizeRender
コース料理は2時間飲み放題、税込みで3000円から。これは安いね。

FullSizeRender
FullSizeRender
280円のツマミから1000円超えのものまでいろいろ。

FullSizeRender
黒板メニューもあります。

IMG_3564
”究極の辛口へ”と言っているわりには、福山の笑顔に違和感を感じる。

ってことで、
BlogPaint
その辛口な笑顔の福山と乾杯!

FullSizeRender
「自家製ピクルス」280円。やっぱり最安値のツマミは頼むでしょう。

FullSizeRender
「セロリ漬け」280円。安いだけあって量は多くない。

IMG_3576
「ハイボール」300円。容器は小さい。これに氷が入っているのでさらに量は少ないだろう。ハイボールは店からすると利益率が高い。

FullSizeRender
「フライドボテト トリフ塩で」380円。トリフの味がちょっとしてうまい!この値段と量と味ならおすすめ。

FullSizeRender
「名古屋名物味噌カツ」1本190円×5本。ネギがいい感じ。

FullSizeRender
「炙り明太子」350円。炙り明太子好きなのよねえ。セブンの炙り明太子はコンビニ史上最高傑作との声もある。

FullSizeRender
「SNACK」280円。えびせんみたいなやつ。

FullSizeRender
「鶏の赤ワイン煮」1000円。高いだけあってうまかった!

BlogPaint
ってことで、ハッピー女子と乾杯!

19:30から飲みはじめ、ハッピーアワー21時までだっていうので、きっちり21時で退出!1人の会計は奇跡の2000円強でした。21時まで限定でおすすめかも。
※食べ物を頼みまくる女子とかいると会計が高騰するおそれあり。

【今日の会計】一人2130円くらい(税込)
お通し なし
上記料理
生ビール300円×9杯
ハイボール300円×8杯
サワー300円×4杯
ワイン300円×4杯

「てんがらもん」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13202317/
生ビール(アサヒスーパードライ)
300円(税抜)※21時まで

 

さよなら築地市場シリーズ その26

「仲家」 築地市場(場内)

いよいよ移転となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

※小池知事が移転時期を明言しましたね。最終営業日は2016年11/2でしたが、2018年10月11日移転に決まりましたまだ8カ月間あるけど、外国人が並んでたりしてなかなか全店制覇までたどりつけません。

ってことで、第26回目は「仲家」です。
IMG_3402
この「仲家」と隣の「大江戸」はともに海鮮丼のお店だが、とにかく外人が半端なくならんでいる。月曜のこの日、なぜかあまり客がいなかったのでここぞとばかり入ってみた(本当は他の店に行こうと思ってたのだが)。

IMG_3397
店に入る前に注文を決める方式。悩んだあげく、「いくらなかおち」1600円にする。

IMG_3398
商売ッ気がすごい感じだが、まあガイジンからしたらわかりやすいのかも。

FullSizeRender
味噌汁に漬物2種類がつく。想像していたよりは小さめな印象。が、なかおちはたくさん入っていた。まあこれで1600円は少々高い感じだが、外人向け価格と思えばそんなものだろう。行列できてなかったらいいけど、わざわざ並んで行く店でもないかなあって感じ。



築地市場の最終営業日は11月2日(水)→終了も延期確定です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「仲家」も移転のもよう。

【今日の会計】

「いくらなかおち」1600円


「仲家」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13007610/


  

せんべろ居酒屋探訪 その128

「六本木 居酒屋バッハ」六本木
生ビール(アサヒスーパードライ)
380円(税抜)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第128弾は六本木駅の「居酒屋バッハ」です。
居酒屋バッハといえば、あの新橋駅から近くてネオンが派手な激安生ビール180円で有名店の「新橋応援団ワタル」と同じ系列店。その渋谷のバッハの六本木店がオープンしていることが判明した!

この系列店はこのサイトで全店を紹介している新宿「
 やまと」や新橋「コン」などの 激安居酒屋グループ (※「有限会社飯田」が運営)とは似ているようで似ていない。「有限会社グローバル・クリエイション」という会社が運営している。

生ビール180円!激安居酒屋「●●応援団」→各地にある系列店の一覧はこちら

きっかけはバイトルのバイト情報。
bach_roppongi
運営会社「有限会社グローバル・クリエイション」のバイト情報を探したら、この店がひっかかった。[
「居酒屋バッハ 六本木新店オープン」のオープニングスタッフ募集とのことなので間違いなく応援団系列の新店舗だ。

ってことで早速行ってきました。
IMG_3406
六本木交差点から六本木一丁目の方へ坂道を降りていく。降りきって谷町ジャンクションのあたりに存在する。歩くとわりと遠い。

IMG_3407
もちろんウリは生ビール190円とハイボール150円。

IMG_3408
4階建てのようだ。


IMG_3410
さあさっそく入ってみましょう。

FullSizeRender
生ビール190円(税別)。銘柄はプレミアムモルツ。この系列店全て普通の「モルツ」だったのだが、2018年4月のビールの一斉値上げにより、180円が190円になり、そのせいで銘柄もプレミアムモルツになってしまった。プレモルの味そのものもあまり好きでないが、この微妙に容量が少ないスリムジョッキもいただけない。

FullSizeRender
ドリンクメニュー。サワー類は390円。意外に高い。この店いったときは生ビールかハイボール以外は禁止だね。520円のカシス系など頼もうものなら即破門!

FullSizeRender
こちらは食べ物メニュー。最安値は380円。

ってことで乾杯!
FullSizeRender
奥の矢沢とも乾杯!

FullSizeRender
「塩こんぶキャベツ」480円

FullSizeRender
「冷奴」380円

FullSizeRender
こちらは「ハイボール」150円。氷の分だけ容量が少なくてすぐなくなる。

BlogPaint
バッハ女子と乾杯!

ってことで、六本木の居酒屋バッハでした。
個人的にはプレモルがあまり好きでないので、六本木で安く飲むなら断然「小松(生ビール210円)」か「松っちゃん(生ビール180円)」ですな。駅から近いし、銘柄もサッポロ黒ラベルだし。バロック音楽がよほど好きならバッハに行ってもいいかな、ぐらいな感じ。

【今日の会計】一人2000円くらい(税込)
お通し なし(席料200円)税別
上記料理
生ビール190円×9杯
ハイボール150円×6杯

生ビール180円!激安居酒屋「●●応援団」→各地にある系列店の一覧はこちら

「六本木 居酒屋バッハ」六本木
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13217310/
生ビール(プレミアムモルツ)
190(税抜)

 

せんべろ居酒屋探訪 その127

「酒肴ちいち 新橋店」新橋
生ビール(アサヒスーパードライ)
380円(税抜)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第127弾は新橋駅の「ちいち」です。新橋SL広場の裏のヤマダ電機の前の道を歩いていると「野郎ラーメン」という武闘派のラーメン屋がある。その隣に偶然発見したのがこの看板。
FullSizeRender
生ビール380円!!!!!
っていうか、こんな店あったっけ?「朝7時30分まで営業中」という凄まじく長い営業時間は今回はスルーしておいて、とりあえず生ビール380円が気になる。


IMG_2906
この階段の上のようだ。さっきの看板には「大衆酒場ちいち」って書いてあったのに、この階段では「居酒屋ちいち」となっている。まあ、どうでもいいことだが。

IMG_2907
階段を上がってすぐ左側に発見。扉は「大衆酒場」だが、黒板は「居酒屋」だ。どうでもいいけど、気になる。

FullSizeRender
期待の生ビール380円(たしか税別)。銘柄はアサヒスーパードライ。残念ながらスリムジョッキ。高さがあるので、普通のジョッキと量はかわらないって噂ですが、泡の部分が幅広なのでその分ビールの容量は少ないとみた。騙されてはいけません。

IMG_2912IMG_2913
ハイボールやサワーは逆に高めの480円。

IMG_2914
IMG_2915
IMG_2916
ツマミは480円くらいが中心。

IMG_2917
おすすめメニューもあります。

IMG_2910
カウンターにもメニューが載っています。

ってことで、
FullSizeRender
乾杯!

FullSizeRender
「お通し」値段忘れた。マグロの何か。

FullSizeRender
「生本マグロ5点盛り(一人前)」680円。この店はマグロと煮込みが名物らしいので、おすすめされる。まあ築地でいなしている自分としては、今さらマグロ食べなくてもいいのだが、店の名物って言われると注文せざるを得ない。たしかにこのマグロは大トロかも。

FullSizeRender
それよりも気になったのがこちら。「極上生しらす うずら落とし」680円。生しらすは築地にその朝入ってきてすぐ出さないと痛むので今朝のとれたてでしょう。翌日になると緑色っぽくなって苦くなります。

FullSizeRender
「和牛もつ煮込み」480円。この店のもう一つの名物煮込み。確かにうまい!この白いスープが上品でうまし!

FullSizeRender
「手作りニラ餃子」480円。”手作り”とか言われるとつい頼みたくなりますね。逆に他の食事は手造りじゃないのかい!って思ったりもするが。

FullSizeRender
中にニラが入ってます。
※当ブログはせんべろブログなので食べ物を美味しく撮ろうとはしてません

FullSizeRender
「栃尾の油あげ納豆入り」580円。油あげも、納豆も好きなので、二つ入っているなんて最高です。さらに「栃尾の油揚げ」となっては頼むしかありません。

FullSizeRender
中に納豆入ってます。

ってことで、「酒肴ちいち」でした。
※ちゃんとした名称は「大衆酒場」でもなく、「居酒屋」でもなく、「酒肴」らしい。
新橋SL広場のすぐ裏で駅近。生ビールも380円。ツマミもリーズナブルでうまし。これはいい店発見しましたわ。ちなみにすぐ近くに支店があります。そしてランチタイムはなんと「唐揚げ食べ放題」らしいです。夜やったら激アツなのに。

【今日の会計】一人2000円くらい(税込)
お通し 値段忘れた
上記料理
上記ドリンク

「酒肴ちいち 新橋店」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13112671/
生ビール(アサヒスーパードライ)
380(税抜)

 

さよなら築地市場シリーズ その3

「磯野家」 築地市場(場内)
→2018年4/28閉店につき再掲載

いよいよ移転まで数カ月となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

激安生ビールを追求する硬派なブログ(笑)なのに、ランチを紹介するその辺のナンパなOLみたいな内容になっちゃうので、ネタ的にどうかと思ったのだが、最近せんべろネタがなくなってきたので笑、シリーズ化を決意してみました。というより、身近な存在の築地市場がなくなることへのある種の敬意です。

てなわけで、今回は定食屋の「磯野家」です。
2016-07-06-12-26-25
築地市場正門から入ってまっすぐ進んだところに店はある。

2016-07-06-12-28-55
2016-07-06-12-29-04
メニューはご覧の通りでいわゆる定食屋って感じです。気になるビールは700円。大びんかな?

2016-07-06-12-36-23
その中でも他にはないメニューは「ニラそば」780円。ニラのあんかけ入りラーメンって感じなのだが、これがまたうまい!基本的にラーメン専門店以外でラーメンは食べない主義だが、これは食べる価値あり!

2016-07-06-12-36-31
こちらは同僚が頼んだ刺身ミックス定食。値段不明。入口のところに日替わりメニュー。1階が寿司屋の姉妹店だけに魚も新鮮。

BlogPaint
店内の雰囲気。

2016-07-06-12-53-09
そうそう、隣の1階の姉妹店は「磯寿司」といって姉妹店のようです。行ったことないけど。

ということで、シリーズ第3弾は定食屋の「磯野家」でした。ニラそば以外にもボリューミーな定食がうり。ちなみに豚の生姜焼き定食とかけっこう量多いです。

(2016年10月再訪)
店員さんに「11/2に終了するの?」って聞いたら「延期したので営業も続けます」って言ってました。ひとまず一安心。
2016-10-12-12-35-25
ボリューミーな「豚ロース生姜焼き定食」970円。

2016-10-12-12-27-18
日替わりメニュー表。

2016-10-12-12-37-25
「ブリの刺身定食」1080円

2016-10-12-12-37-36
ブリ刺し身はうまかったが、それ以外が白米、お新香、味噌汁だけだったので、いささか物足りない感じだった。

(ちょいちょい再訪)
IMG_2882
同僚からタレこみがあったので行ってみたら・・・
「閉店のお知らせ」が・・・!なんと2018年4/28で閉店だそうです。店員や店主に確認したところ、豊洲新市場にも移転しないとのこと。つまり完全閉店。せつない。

IMG_2885
ってことで、「さよなら磯野家シリーズ」です。「ミックスフライ定食」値段忘れた。

IMG_2890
「肉豆腐定食」920円。ごはんを半ライスにすると50円引き。

IMG_2887
「鰹と鯵ミックス刺身定食」値段忘れた

IMG_2889
「かきめし大」と「かきめし小」値段忘れた。

麺系などの中華メニューは既に終了して頼めなくなっています。残りあとわずか。閉店前に急げ!

(閉店後に再訪)
IMG_3396
完全に閉店していた・・・。

築地市場の最終営業日は11月2日(水)→2018年10/6に延期
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転。→2018年10/11に延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「磯野家」はここに載っているが、移転しないで閉店。

【今日の会計】
ニラそば 760円

「磯野家」 築地市場(場内)
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13014821/


  

※2018年春のビール値上げでランキングに変動あり。更新しました※ 
★永久保存版★
新橋で生ビールが安い居酒屋
税抜299円以下の店を徹底調査し、全10店舗を発見!

※随時、299円以下の店を発見次第更新します※
shimbashi05

新橋にある全居酒屋のなかから生ビールが299円以下の店を徹底調査しました。ネットなどで探しても「安くてコスパ最高の居酒屋まとめ」みたいなものはたくさん出てくるが、どういう基準で安いとか、コスパ最高って言っているのか不明なものが多くて「結局、生ビールの値段はいくらなの?」と思うことが多い。なのでここではツマミの価格は関係なくとにかく生ビールの値段だけでランク付けした。値段が不明なものは自分の足で歩いて店に聞き込みして価格を徹底調査。14店舗を発見したので全て紹介します。(ハッピーアワーなど時間限定や曜日限定のようなものは対象外。定価は高いが事実上その値段であるものは対象に含めた)     
→2018年春のビール値上げにより価格が上昇した店舗がランク外に落ち現在10店舗。

税抜199円以下の店の全4店リストはこちら(内容は同じ)
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/51848540.html

●生ビール 税抜299円以下の店
(全10店)


力作のgoogleマップ!※ちなみに99円以下の店は0店舗でした

ランキング1位
「コン」

生ビール166円(税込180円)
→現在、感謝セールで120円(税込130円)※2018年6月確認済み
サッポロ黒ラベル

http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/17671473.html

ご存じ、激安居酒屋グループの系列店。新橋界隈で最安値をマークしたのはやっぱりあの系列店だった。

shimbashi02
ジョッキも通常サイズ(350ml)。ビアサーバーもちゃんと洗浄しているし、ジョッキの冷えも最適。最高のパフォーマンスです!


しかも、「生ビール180円」はなんと税込みの価格です!実質は166円!
※現在は生ビール130円。かれこれ3年近く100円だったが、この春についに値上げ。

 ランキング2位
「新橋応援団 ワタル」

生ビール190円(税込205円)
プレミアムモルツ
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/19230296.html

駅前に燦然と輝く「生ビール180円」の看板が目印。実は税抜き価格だったりする。 この店も「応援団系列グループ」として都内各地に徐々に店舗を増やしている。
→2018年春のビール値上げにより190円へ。銘柄もプレミアムモルツになってしまった。

2014-12-14-20-36-26
ジョッキは普通の中ジョッキ。銘柄はモルツなので個人的にはそれほど好きではない。こちらもよく冷えていて、ビアサーバーのメンテナンスもばっちり。

2014-12-14-20-35-04
この180円の看板が目印だが税抜き価格なので実質は194円。勝手に応援してくれてます。ありがとうございます! →190円に値上げ。税込み205円。

 ランキング3位
「てけてけ」
 
生ビール199円(税込214円) 
モルツ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/53006763.html

2017-04-17-18-44-32
これまでプレミアムモルツを299円で提供していたが、銘柄をモルツにして180円に変更!いっきに上位ランクイン!

2017-04-17-18-35-28
生ビールどころかハイボールも180円。「てけてけ」は各地に存在するのでいろんな場所で重宝しそう。→2018年春に199円に値上げ。
 

 
 ランキング4位
「博多満月 新橋店」

生ビール199円(税込215円)
サッポロ黒ラベル
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/53003464.html

都内を中心に30店舗以上あるチェーン店。チェーン店だろうが生ビールが安いにこしたことはない。3位と同じ値段だがランキングが下なのはジョッキが小さいから。     

2016-01-19-19-21-05
銘柄はサッポロ黒ラベル。が、残念ながらジョッキの底が若干スリムになっている"スリムジョッキ"。スリムなのはジーパンだけにしてほしい。

2016-01-04-19-16-20
「生ビール199円」は税抜き価格。税込みだと215円。

BlogPaint
そして、こちら可愛すぎる女子店員さん。
※ランキングには関係ありません※

 ランキング5位
「西湖春酒家」
 
生ビール200円(税込216円) 
アサヒスーパードライ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/53837762.html

昭和な雰囲気満載のニュー新橋ビル地下にある中華料理屋。ネットだけの情報ではわからない生ビール200円を展開。

2016-01-06-13-11-18
底がスリムの”スリムジョッキ”で若干量が少なめ。ビアサーバーを洗浄してなかった味。残念。

2016-01-05-14-37-17
定価は380円なのだが、張り紙にある通り200円。いつこの店の前を通っても200円なのでおそらくずっとこのままであると思われる。

 ランキング6位
「やきとり 〇金 新橋本店」
 
生ビール250円(税込270円)/飲み放題30分299円 
アサヒスーパードライ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/52069000.html

都内に9店舗ほどあるチェーン店。セルフ飲み放題の安さがウリ。

image
銘柄はアサヒスーパードライ。ひとまわり小さい小ジョッキ。

2016-01-05-21-13-09
単品で250円のほか、30分飲み放題で299円。自分で注ぎにいくセルフ飲み放題なので待たされることなく、最速で飲むことができる。

 ランキング7位
「かに地獄」
 
生ビール250円(税込270円)/飲み放題30分299円 
アサヒスーパードライ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/53928853.html

ニュー新橋ビルの地下。アド街などにも露出していた店。カニがメインだが飲み物も安い。

2016-01-29-19-53-39
こちらもひとまわり小さい小ジョッキ。アサヒスーパードライ。

2016-01-29-19-35-28
単品は250円。30分飲み放題299円。7位と全く同じ内容、銘柄だが、下位になった理由は、自分で注ぎに行ける”セルフ飲み放題”じゃないから。頼んでもすぐにくるとは限らない。

 ランキング8位
「破天荒」
 
生ビール278円(税込300円)
モルツ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/56149116.html

2016-03-03-20-07-04
生ビール中ジョッキはモルツ。あまりジョッキが冷えてなかった。

2016-03-03-20-04-49
値段は300円。キャッシュオンの税込み価格なので、税抜きにすると278円。

 ランキング9位
「やきとりセンター新橋西口通り店」 
生ビール290円(税込313円)
アサヒスーパードライ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/77755352.html

FullSizeRender
大きめ中ジョッキ。この量の差で同金額の10位の店「SHIMBASHI」より上位にランクイン。

FullSizeRender
生ビールもさることながらサワーやハイボールも290円。メガハイボールも390円。ツマミも280円と380円が中心と破格の安さ!!

 ランキング10位
「SHIMBASHI」
 
生ビール290円(税込313円)
アサヒスーパードライ 
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/57995836.html

若め女性客の多いスタンディングバー。ツマミが安くてうまくて量が多いのでコスパよし!

2016-04-07-20-03-33
290円は右側の中グラス。左の大グラスは490円。

以上、新橋で生ビールが299円以下の店を全店紹介いたしました!

税抜199円以下の店の全4店リストはこちら
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/51848540.html

(あとがき)
高い生ビールの値段ほど理不尽なものはない。

中身は同じなのに店によって値段が激しく違うからだ。私がよくいく激安生ビールの系列店で最安値は竹橋にある「かもん」の80円。しかし、ちょっといい店に入ってビールを頼むと880円とかする。実にその差は10倍以上だ。グラスやジョッキなどの形状は違えども、中身は同じ生ビールであるにもかかわらずだ。例えば、ただの玉子焼きだって、銀座の料亭で出てきた玉子焼きと、その辺のチェーン居酒屋ででてきた玉子焼きの値段が違うとしても納得がいく。新鮮な卵にこだわってるかもしれないし、卵を産むニワトリまでにもこだわっているかもしれない。しかし、生ビールはどこに行っても生ビールであり、中身はどれも絶対に一緒だ。なのに値段に10倍以上の開きがあるなんてありえない!と思うわけだ。

生ビールの値段だけで居酒屋を決める
 
なので、店を選ぶとき基本はビールが安い店というだけで選ぶことが多い。仮に2時間で生ビール6杯飲んだとしよう。1杯80円ならば480円で済むが、880円だと実に5280円だ! 私がビル・ゲイツみたいにどっかの国家予算並の金持ちだったらそんなの関係ねぇ~って小島よしおみたいに踊っているのかもしれないが、しがないサラリーマンにこの差はでかすぎる!

生ビールが安い。でもここにこだわる

 ビールの銘柄
好きな順でいうと、キリンラガー>キリン一番搾り>サッポロ黒ラベル>アサヒスーパードライ>モルツ。エビスやオリオンは別枠。プレミアムモルツは嫌い。モルツ系は樽の仕切り値が安いので生ビールの安い店にいくとたいがいモルツ系だ。一方、キリンで300円を切るような安い店はほとんどない。
 ジョッキの形状
プレミアムモルツのジョッキに代表されるように、底が微妙にスリムになっている"スリムジョッキ"が散見されるようになった。中ジョッキというからには350mlはあってほしいものだが、スリムジョッキだと250mlくらいしかないと思われる。昔から営業している居酒屋にいくと中ジョッキでも500mlはあるぞ。昔のジョッキは大きかったのに最近は小さくして杯数を稼ごうとするので姑息だ。
 ジョッキの冷え
ジョッキは重ねて冷蔵できないので、ちゃんとジョッキが冷えている店は、ちゃんと冷蔵施設を確保して冷やしているということになる。当たり前だが、常温のジョッキと冷えたジョッキでは味が全然違うぞ!外で缶ビールを飲むときは必ず一緒に氷も買って冷やすぐらい、冷えにとことんこだわってるので、冷えてないジョッキが出てきたら論外!
 ビアサーバーの状態
ちゃんと洗浄してない店は変な味がするのですぐわかります。居酒屋でこの手のビールなんて出してきたら論外!あまりビールとか出てなさそうな観光地のお土産屋などで生ビールを頼むとたまにこの変な味のビールが出てくる。

ビールは生き物だ!この基本ができてない店にいい店などない!

せんべろ居酒屋探訪 その126

「ひろかつ 渋谷道玄坂店」渋谷
生ビール(アサヒスーパードライ)
15時~18時まで199円、18時以降299円(税抜)
→3/31までいつでも99円
(税抜) 

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第126弾は渋谷駅の「ひろかつ」です。いつものようにマークシティの裏のほうにいくと行きつけの焼き鳥屋「鳥竹」がある。その鳥竹に向かって左に行くと、右側に「多古菊」、左側に「晩杯屋」がある。そのまままっすぐ進むと右側の角地に生ビール180円の勝男」があるのだが、その「晩杯屋」とラーメン屋の博多天神の間に新しい店がオープンしたのを発見した!

IMG_0320
「ひろかつ」?串かつ屋でありそうなネーミングだ。

IMG_0272
もちろん気になったのは生中199円の文字。よ~くみると18時までの価格で18時以降は299円とのことだが、いずれにしても安い。

IMG_0273
この看板からも安そうな感じが伝わってくる。

ひろかつ公式サイト
http://kushihirokatsu.com/
によると、創業67年の神戸三宮本店の2号店がこの渋谷道玄坂店なのだそうだ。ずいぶん遠くに進出しましたなあ。

IMG_0321
ということで入ってみましょう。登り階段に見えるけど下りです。

IMG_0324
目ざとく入口にあるチラシを発見してしまった。な、なんと生ビール99円(3/31まで)!!

IMG_0327
ここでLINEの友達になると3/31まで99円とのことなので、もちろん登録する。

IMG_0331
「生ビール中」99円(3/31まで)。※4/1以降は299円(18時以降。18時までは199円)
銘柄はアサヒスーパードライ。残念ながらスリムジョッキ。このジョッキの大きさで99円や199円なら許せるけど、299円だと格別安くはないなあという印象。

FullSizeRender
ドリンクメニュー。ハイボールは199円。サワー系も149円あり。生バカ大(1L)999円はちょっと高いですね。799円くらいなら検討の余地ありかと。

FullSizeRender
こちらフードメニュー。たくさんありすぎてよくわからんが、何となく安いであろうというのは伝わってくる。

ってことで、
IMG_0330
乾杯!オープン日なのに賑わってます!(ぐるなびとか情報でてないのに)

IMG_0328
おすすめメニューもある。安い感じ。

IMG_0333
いきなりソースが来る。いろんな味があるらしい。

IMG_0326
食べ方いろいろ。組み合わせるといろんな風味に!このソースとキャベツだけで飲めちゃいそう(究極のせんべろな飲み方。このお通し399円)。

FullSizeRender
「たぬき豆腐」399円。何がたぬきってたぬきソバのたぬき(天かす)がかかってました。ちなみにこの天かすのたぬきって「種ぬき(たねぬき)」が縮まって「たぬき」になったんだとか。

IMG_0335
「串かつおまかせ5種盛り」599円。やっぱり串カツ屋だから頼まなきゃ。

FullSizeRender
「厚切りハムかつ大」599円

FullSizeRender
「紅生姜」99円×2、アスパラ199円

FullSizeRender
「串カツ屋のモツ煮」399円

FullSizeRender
「天串おまかせ5種盛り」599円

BlogPaint
ってことで、せんべろガールズと乾杯!

生ビール4人(1人遅く来た)で19杯飲んだけど、2千円切る安さ!ちなみにもしこれが生ビール299円だと一人2718円になる計算になります。これが安いかどうかは微妙なところですね(いや、高い?)。18時前の199円の場合だと一人2205円。やはり199円ぐらいまでが妥当ってところでしょうか(ジョッキがスリムだし)。

とりあえず、3/31まで生ビール99円!急げ!

ちなみにまだぐるなびやら食べログやらホットペッパーやらに情報出てません。
FullSizeRender
お店の位置はこちら!

【今日の会計】一人1692円(税込)
お通し399円
上記料理
上記ドリンク

「ひろかつ 渋谷道玄坂店」渋谷
http://kushihirokatsu.com/
生ビール(アサヒスーパードライ)
15時~18時まで199円、18時以降299円(税抜)

 

せんべろ居酒屋探訪 その125

「肉の万世 新橋店」新橋
生ビール(プレミアムモルツ)30分セルフ飲み放題390円(税抜)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第125弾は新橋駅の「肉の万世 新橋店」です。
肉の万世ってとんかつ屋では?実は一部の店舗で「大人のドリンクバー」なるものを実施していることを目ざとく知ってしまったのである。
IMG_0236
それがこれ。なんと30分飲み放題390円(税抜)→421円(税込)。

IMG_0237
新橋店は新橋駅前にあるニュー新橋ビル3階にある。ちなみにオトナのドリンクバーを実施している店舗は、この新橋店のほか、秋葉原本店、神田店、日比谷店の4店舗のみ。

FullSizeRender
若干小さめのジョッキだが飲み放題なので関係なし。銘柄はプレミアムモルツだが、キンキンに冷えてるのであまり気にならない。

IMG_0238
クイックおつまみメニュー。

IMG_0240
肉屋らしい肉おつまみメニュー。

IMG_0239
肉屋らしくちょっと高めなハンバーグやステーキもある。

ってことで、
IMG_0247
乾杯!初めに飲み放題の時間を聞かれるので2時間にする。ちなみに1時間以上、一人1品以上注文必須。

IMG_0243
ここからキンキンに冷えたジョッキを取りだす。何と言ってもセルフ飲み放題なのが嬉しい。なぜかと言えば、自分のペースでお代わりできるから。頼んだのにドリンクがなかなか来ないと待たされることもない。

IMG_0244
生ビールはここから注ぐ。

IMG_0246
ボタン一回押せば全自動で注がれるシステム。泡が若干多い気がするが、飲み放題なのでそこは気にならない。

IMG_0245
焼酎もある。

IMG_0242
サワー系やソフトドリンクももちろん装備。

IMG_0241
ワインやマッコリ、トマトジュースまで揃っている。

IMG_0248
プレミアムモルツである証拠。

IMG_0249
「枝豆」400円

IMG_0250
「バラエティウインナー」630円

FullSizeRender
「ネギパーコー」450円。

FullSizeRender
「万かつサンド」700円。ここのかつサンドは有名なので食べなきゃということで。

FullSizeRender
「肉の三種盛」2980円。やっぱり肉屋に来たら頼まなきゃってことで。

FullSizeRender
「万世焼肉のチャンジャ」400円

IMG_0256
「もつ煮込み」400円

デフォルトで2時間分の飲み放題が一人1684円(税込)。お通しなしで5人で1人3400円
(税込)まあわりと安く済んだのかも。ボリューム多いので、多めの人数になるとお得かも。仮に最安値で飲もうとすれば、1時間飲み放題(390円×2+税)842円+一品432円。1時間飲み放題で1274円なら安いかも0次会にも使えそうだ。立地もよいし。

【今日の会計】一人3400円(税込)
お通しなし
上記料理
上記ドリンク

「肉の万世 新橋店」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13024957/
生ビール(プレミアムモルツ)
30分セルフ飲み放題390円(税抜)

 

せんべろ居酒屋探訪 その124

「カミヤ 茅場町支店」茅場町
瓶ビール(キリンラガー)600円(税?)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第124弾は茅場町駅の「カミヤ 茅場町支店」です。
せんべろセンターまゆゆとサトミキと茅場町の「ニューカヤバ」に行ってみるが、女子が多いと入店不可ということで追い出される。失意の後にたどり着いたのがこの「カミヤ 茅場町支店」である。
IMG_0103
この昭和な店構えがそそる。

IMG_0104
カミヤは人形町が本店で、新宿、上野などにもある。もちろんわがホームの新橋にも存在する。実はカミヤ初体験。

FullSizeRender
生ビールはない。「キリンラガービール」600円(たぶん大瓶)。

IMG_0105
この焼きものから6種類選んで!と言われる。3人で入店したので1人2種類頼むのがルールらしい。1種類400円。

IMG_0106
サワー系は380円。ホッピーは400円。

IMG_0116
レモンハイもウリらしい。「ホッピーがおいしく飲める推奨店」らしい。

ってことで、
BlogPaint
乾杯!

FullSizeRender
さっそくやってきました。1種類5本セットらしい。これはカシラ?レバ?シロ?

FullSizeRender
こちらはツクネ。

FullSizeRender
ヒナネギとネギ。

IMG_0114
ナンコツ。

FullSizeRender
ホッピーがウリだよ!と女将さんに言われて頼んでみると本当にうまい。生ホッピーですか?って聞いたら「うちは瓶だけど、ホッピーも、ジョッキも、焼酎も全部冷やしてるから美味しいよ」と言われた。

生ビール派の私はホッピーなんてほとんど飲まないが、初めておいしいと思った。ちなみに「三冷」と言われてホッピー好きな呑兵衛の間では当たり前の飲み方らしい。「ビールもどきのホッピーなんていったい何がいいんですかね?ビール飲めばいいじゃないですか」と、かつて会社の上司にたてついたことがあるが、「自分の酒の濃さで飲めるビールなんだよ」と言われて、なんとなく納得した覚えがある。

FullSizeRender
ガツ刺し。

FullSizeRender
ししとう。

FullSizeRender
箸はないので、串で不足ならつまようじで食べる。

FullSizeRender
これは何かのサワー。

BlogPaint
ってことで、せんべろガールズと乾杯!今回は追い出されずに済んだ笑。

ってことで、カミヤでした。
1人強制的に2種類10本というルールは好みがわかれるところであります。一応、いろんな種類が入っているおまかせ10本もあるらしい。生ビールがないのが残念なところだが、店舗によって違うのだとか。ホーム新橋支店は一度は行ってみたいところです。

【今日の会計】一人2000円くらい
お通しなし

上記ドリンク

「ニューカヤバ」茅場町
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13092267/

瓶ビール(キリンラガー)
600円(税?)

 

せんべろ居酒屋探訪 その123

「ニューカヤバ」茅場町
生ビール(アサヒスーパードライ)400円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第123弾は茅場町駅の「ニューカヤバ」です。
せんべろセンターまゆゆが自分で焼き鳥を焼ける立ち飲み屋があるのをテレビで見たので行ってみたい!と言う。しかも渋い雰囲気らしい。

そして、あの吉田類パイセンが行った店らしい。
→「吉田類訪問店の紹介はこちら

BlogPaint
ということで、さっそく行ってみました。赤提灯がなければただの家です。

IMG_0084
「ニューカヤバ銘酒コーナー」の赤ちょうちん。人はなぜ赤い提灯に惹かれてしまうのだろう。

IMG_0087
生ビール(中)は400円(税込)。銘柄はアサヒスーパードライ。

kayaba02
メニューはこちら。瓶ビールの他に生ビールはエビスもあるもよう。サワー系400円にハイボール350円と飲み物は安くはない。一方、ツマミは200~300円とお得。

kayaba01
ここに並んでいるオツマミをとってもよい。だいたいが200円~300円とのこと。

ってことで、
BlogPaint
乾杯!1830に店に到着したが既に混み混み。

IMG_0089
店の奥のこのカウンタースペースしか空いてなかった。

IMG_0085
なんと生ビールはセルフサービス。

IMG_0086
ここからジョッキを取りだして、

IMG_0095
ここにお金を入れます。1000円札までは対応している。

IMG_0096
ジョッキを設定して、このボタンを押す。

IMG_0097
自動で生ビールが出始めて、自動で止まる。なんともすぐれもの。

BlogPaint
ん?あれは??店の壁においてあるものが何か気になる。

IMG_0091
なんと!日本酒や焼酎もセルフ!!しかも「ひや」と「かん」の両方に対応している。

BlogPaintBlogPaint
そして、何やら人だかりができていると思えば・・・こちらは炭火!!これが噂のセルフ焼き鳥!?

IMG_0101
来たときは満員だったのだが、しばらく待っていたらこのほとりにいた客が帰ったので特等席ゲット!

IMG_0100
焼き鳥なんて自分で炭火でなかなか焼く機会がないので、何となく周りにいる人も楽しそう。ふちにあるタレをつけてもOK。この人みたいに塩をかけてもOK。

IMG_0102
1人4本位までらしい。「位」ってついていのがアバウトで悩ましい。

と、ここで30分前に合流したせんべろガールズのサトミキ(女子)のあとに、せんべろガールズセンターまゆゆ(女子)が満を持してお店に登場。すると・・・
「すいません、女性の方が多いグループはお断りしてるんですよ」と家族経営っぽい女性の店員に言われる。
えええ~~~!何それ?!結局、焼き鳥も焼けず、ツマミも食べず、生ビール3杯飲んで退出することになってしまった。気になって後でネットで調べてみたら、
「女性1人、女性だけグループ、男連れでも同数以上女性がいると入店不可」らしい。

男性専用車が守る正統な飲み屋としての空気

http://food-stadium.com/feature/17624/

↑にその理由が書いてあるけど、女性だけで入ってきてしまうと、奢ろうとしたり、話しかけようとしようとしたりするオヤジが出てきて雰囲気が悪くなるからだそうだ。なるほどね。

「せんべろガールズでも入店不可」のため、みんなふて腐れて近くの「カミヤ」に行くことにしました。ちなみに同数以上でなく、一人でも男性がいればOKと記述があるブログもちらほらあります。お店の雰囲気に合わない女性がいると1人だけでも断られる場合があるとのこと。センターまゆゆが「ワタシが店の雰囲気に合わないってこと!?」と憤慨してました笑。誰よりも渋い酒場好きなのに。

そして、吉田類パイセンはセルフ焼き焼き。おんな酒場放浪の人は入店不可ってことか。
→「吉田類訪問店の紹介はこちら

【今日の会計】一人1200円くらい
お通しなし
上記ドリンク

「ニューカヤバ」茅場町
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13019482/

生ビール(アサヒスーパードライ、エビス)
400円(税込み)

 

せんべろ居酒屋探訪 その122

「鶴松」新橋
生ビール(サッポロ黒ラベル)490円(税別)
→12-19時は生ビール290円!(土日も営業中)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第122弾は新橋駅の「鶴松」です。土曜の昼間に新橋で飲もうと思うと、昼から営業しているお店は決して多くはない。そんななか、日中から営業していて、しかもその間が生ビールが安い店を偶然発見してしまった。
IMG_9945
これがそのお店。ホルモン焼き屋である。「鶴松」と書いてある渋い提灯あり。生ビールの値段と日本の歴史に詳しいこのブログの読者の皆さんのことですから「鶴松」と聞くと思いだすのは「豊臣鶴松」だろう。豊臣秀吉の待望の跡継ぎ・嫡男だったが、2歳くらいで病死(後に生まれる跡継ぎの秀頼は鶴松の弟)。このホルモン焼き「鶴松」はその鶴松から名前をとったとか、とってないとか。

IMG_9946
営業時間は12時から23:30。昼から飲めます!新橋ではわりと希少な土日も昼から飲める店!(開店は土曜は今回確認済み。日曜はrettyによると空いてるとのこと。祝日はやってるか不明)

IMG_9944
そして、吸い寄せられたのはもちろんこの看板!「Openから19時まで生ビール290円」12時から営業しているので、日中はほぼ290円ってことです!

IMG_9954
「生ビール中」290円。銘柄は安定のサッポロ黒ラベル。

IMG_9940
生ビールは19時以降は490円のようです。でもハイボールは常時290円。サワーも330円と比較的お安め。「期間限定」のタイムサービスがいつまで続くのか気になるところ。

IMG_9941
ツマミ200円台、焼き物も300円台とお安い感じ。基本は豚だが、密かに牛があり、そっちにすると990円と値段が跳ね上がる。

ってことで、
BlogPaint
乾杯!いかにも新橋っぽい店内。

FullSizeRender
「らっきょう漬け」290円

IMG_9947
「もやしナムル」290円

IMG_9953
肉それぞれに対して味付けを選べるもよう。

IMG_9949
「牛ハラミ」990円は「タレで」。

IMG_9950
「タン(豚)」390円は「黒こしょう」で。

IMG_9948
密かに気になっていた「にんにく醤油」80円も追加!

IMG_9951
七輪でヤキヤキ。

BlogPaint
ホルモン女子たちと乾杯!!

ってことで、ホルモン「鶴松」でした。
12-19時の時間帯にいけば、そして豚だけ頼めばかなり安く済みそう。意外と多くはない「新橋の昼飲みできる店」にノミネートです!

【今日の会計】一人2000円くらい
お通しなし
上記料理
上記ドリンク

「鶴松」新橋
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13165734/

生ビール(サッポロ黒ラベル)
490円(税別)
12-19時は生ビール290円!

 

オリンピック行ってきたシリーズ2018

現地でオリンピックを観戦してきます!
①個人手配編

(2018冬季ピョンチャン五輪)
 
  
2008年に北京オリンピックに初めて行ってから、2012年ロンドンオリンピックで味をしめて、2014年は現地観戦としてはわりとマイナーな冬季五輪のソチオリンピックにも進出!リオ五輪はスルーしたが、2018年平昌(ピョンチャン)オリンピックはお隣り韓国なので行こうと思い立った!

「①個人手配編」

プロローグ

ロンドン、ソチ、リオ五輪に引き続き、国内販売での観戦チケットはチケットぴあ、ツアーは指定代理店で扱われることになった。
オリンピック公式サイトでは初めは現地(韓国)向けに販売され、日本など海外向けに販売されるのはしばらく経ってから。その間はぴあなどの指定業者からのみ買うことができるという。この傾向は今後も続くだろう。

2017年2/17 国内1次抽選開始
pia
オリンピック開幕の1年前からチケットぴあのサイトで国内1次販売開始(抽選制)。何の音沙汰もなくいきなり始まるので、オリンピック現地観戦を検討している人は1年ぐらい前からチェックするとよいでしょう。
※画面は抽選終了後のもの

ロンドン五輪・ソチ五輪に一緒に行ったうちの一人で会社同僚・ナオと以下の抽選に申し込む。
「開会式」
「男子フィギュアフリー」
「女子ジャンプノーマルヒル個人決勝」
抽選結果は3/24とのこと。
前回のソチで人気品薄だった「男子フィギュアフリー」は念のため会社の後輩3人にも申し込んでもらう。

2017年3/24 1次抽選結果発表

ぴあからきたメール。

「第23回オリンピック冬季競技大会(2018/ピョンチャン)」抽選結果のお知らせ

シンバシ ヨイシキ様

【スケート・フィギュアスケート】
【男子シングルフリー】
2018
0217() 10:00
カンヌン・アイスアリーナ

この度は、「第23回オリンピック冬季競技大会(2018/ピョンチャン)」にお申込み頂きまして誠に有難うございました。
厳正な抽選を行いました結果、残念ながらチケットをご用意することが出来ませんでした。
ご理解、ご了承下さいますようお願い致します。

ぴあ株式会社

-------------------------------

げげげ!落選!!!

「男子フリー」だけじゃなく、「開会式」「女子ジャンプ」まで落選。「開会式」はともかく「女子ジャンプ」が落選するとは思えないのだが・・・。会社の後輩も全員落選。

ツイッターなどで調べてみても、「男子フィギュアフリー」に当たったという投稿が全くない。どうなってるんだろうか。

2017年9/6 国内2次抽選開始

また何の前ぶれもなく2次抽選がはじまる。
「男子フィギュア」や「女子スキージャンプ」は1次販売で品切れしたのか、選択すらできない。

なぜか余っている以下に申し込む。女子フィギュアは浅田真央ちゃん引退後は人気がないのだろうか。
「女子フィギュアショート」
「女子フィギュアフリー」
抽選結果は9/28とのこと。

2017年9/28 2次抽選結果発表

ぴあから抽選結果のメールがくる。

 「第23回オリンピック冬季競技大会(2018/ピョンチャン)」フィギュアスケート競技
 抽選販売抽選結果のお知らせ


シンバシ ヨイシキ様

【女子シングルフリー】
2018
0223() 10:00
カンヌン・アイスアリーナ

この度は、「第23回オリンピック冬季競技大会(2018/ピョンチャン)」フィギュアスケート競技 抽選販売にお申込み頂きまして誠に有難うございました。
厳正な抽選を行いました結果、残念ながらチケットをご用意することが出来ませんでした。
ご理解、ご了承下さいますようお願い致します。

ぴあ株式会社

-------------------------------

げげげげ!!また落選!!!

「女子フリー」「女子ショート」ともに落選する。
しかし、ナオが「女子ショート」当選とのこと!

これにより、北京、ロンドン、ソチに続き
4回目のオリンピック現地観戦が決定した!!!

2017年10/12  航空券手配
羽田からソウル仁川までLCCのピーチエアーが出ているのでさっそく確保。

2/17 羽田0155発→仁川0435

2/21 仁川2245→羽田0055

往復で38,000円程度。安い。

2017年10/16 公式サイト海外向け販売開始
0217-21PyeongChang
オリンピック公式サイトがこれまで韓国国内向けにしか販売されていなかったのだが、10/16から日本など海外向けに販売されるという噂を聞きつけ、チェックしてみる。

speeds
それまでは、韓国国内住所でなければチケット購入できなかったが、日本の住所でも購入手続きにすすめる。とりあえず、もっとも金メダル候補・小平奈緒が出場予定の「2/18女子スピードスケート500m」のチケットを4枚ゲット。

com_Session_Info
ちなみに、男子フィギュアフリーは公式サイトでも「完売」だった。

ちょうど同じ時期、
jp_jp_auction_b279050001
ヤフオクに出品されていた「男子フィギュアフリー」の2連番チケットがなんと93万円で落札されていた!!!凄まじい!!!

jp_jp_auction_d255745609
11月に出品されていた「男子フィギュアフリー2連番」も68万円で落札!!!ヤバすぎる!!

2017年10/16 公式リセールサイト開始
com_ReSale
Fan to Fanサイト(リセールサイト)が10/31にオープン。うっかり何も知らない韓国人が「男子フィギュアフリー」のチケットをリセールに出さないかチェックするが、やっぱりここにも出ていない。このあと粘着質的にサイトをチェックするが、1回だけフリーがリセールに出ている(ログインに手間取っている間に売り切れた)のを見ただけで、それ以降は全く見ていない。

2017年11月頃 友人ゲット

友人3人ゲット。のべ5人のパーティに。

2017年11月頃 宿泊手配

booking.comでソウルの宿を確保。ピョンチャンの近く江陵(カンヌン)がぼったくり価格状態(1泊4万円とか)になっていたが、ソウルはわりといいホテルでも1泊5000円程度だった。

2017年12月頃 宿泊先変更
hotel
平昌(ピョンチャン:主にスキー系の会場)と江陵(カンヌン:主にスケート系の会場)は20kmぐらい離れているのだが、その間ぐらいに位置するダビチペンションというところが1室3万円(4名で割ると7500円)だったので確保する。ていうかめっちゃ家だ。交通の便はすこぶる悪そう。

2017年12月末 他競技のチケット確保
ticket
公式サイトで他の競技もゲットする。
「2/17 男子ジャンプラージヒル」
「2/19 男子ジャンプ団体」
「2/20 女子フリースタイルスキー」
「2/20 男子ノルディック複合LH」
これで大まかな観戦種目が決まった。

2018年1月 男子フィギュアフリーをヤフオクでゲット!
free
1月頃になると、国内ぴあ販売分のチケットが郵送で届きはじめ、それとともにヤフオクに出品されはじめた。カテB2連番などにチャレンジしたが、1枚6万超えたので断念。ソチ五輪のときは1枚14万円で落札した経験があるのだが、今回はもうちょっと粘る。そして、誰も入札していなかった、「男子フィギュアSP+FS」カテCセット2連番が1枚37,800円だったので落札!フリーほしさの抱き合わせ販売だと思えば、まあ安く済んだかも。

これで、
2大会連続でオリンピック男子フィギュア観戦決定。
しかも五輪連覇、1-2フィニッシュもあるかも!?


あとは行くだけになった。
出国当日、大雪振りませんように。
※ソチオリンピックの時は、出国日に50年ぶりの大雪に見舞われ大変なことになった。
「ソチオリンピック現地観戦記②東京大雪編」はこちら

2018年2月 開幕数日前、さらに宿泊先変更
ssolhouse
開幕数日前くらいに何気なくホテルをチェックしてみたらさらに安くて便利そうな宿を発見したので、予約変更。1泊1部屋26000円くらいのファミリールーム。4人部屋なので一人6500円くらい。海沿いのリゾートっぽいところ。プールがいい感じだけど、極寒だよね?笑。しかも部屋から日本海が見えるのだが、極寒だよね??

2018年2/8日 平昌オリンピックいよいよ開幕

寒い、寒いとは聞いていたが、以下の記事を読んでヒヨる。

零下8度、観戦あきらめた 金メダル確定時、席ガラガラ(朝日新聞)

https://www.asahi.com/articles/ASL2C35JXL2CUHBI00B.html

garagara
https://www.asahi.com/articles/ASL2C35JXL2CUHBI00B.html

男子ノーマルヒルの決勝で、競技開始が21:50なので終了が深夜におよび、寒すぎて観客が競技最後までいられずに先に帰ってしまったという記事。今回、このジャンプ競技2種目を含む、開始遅めのスキー競技を3つ観戦予定なので、さすがにヒヨる。

2018年2月 防寒対策をしはじめる
IMG_8137
近所のビバホームで買った作業用スノーブーツ。

IMG_8133
100円ショップであったか系の中敷きを発見したのでゲット!

IMG_8138
左から順に脚が痛くならないようにクッション材、あったかフェルト素材、そしてOLみたいにファー素材のをゲット。もちろん全て100円。まさかの中敷き3枚敷き!!その効果はいかに!?

IMG_8165
続いて頭の装備。当初は右側にあるニット帽とネックウォーマーだけで臨む予定だったが、ヒヨって左側の頭すっぽりフリースをアウトドア用品屋さんでゲットする。

BlogPaint
ほとんど犯罪者である。

BlogPaint
これならまあ犯罪者色が薄れるかな。よくよく考えたらこの状態だとビールが飲めないじゃないか!(そもそもマイナス10度の世界で飲むビールはどんなものなのか想像つかない)

IMG_8139
またまた100円ショップで手のサポーターをゲット。これ、内側に身に着けたら少しはあったかくなるのでは?

FullSizeRender
そのうえにこのグローブ。ちなみに「サポーター」だったので、めちゃきつくて締め付けられる素材だった。まあ、それも温かいのかもしれないけど。

(観戦競技)
2/17 10時 男子フィギュアFS
2/17 21時 男子ジャンプラージヒル
2/18 20時 女子スピードスケート500m
2/19 21時 男子ジャンプ団体
2/20 10時 女子フリースタイルスキーHP
2/20 19時 男子ノルディック複合LH
2/21 10時 女子フィギュアSP

現地からtwitterでつぶやく予定です。

新橋酔式
@gekiyasu_beer

https://twitter.com/gekiyasu_beer
Image200


NEXT> 
(続きは帰国後更新!)


さよなら築地市場シリーズ その25

「礒寿司」 築地市場(場内)

いよいよ移転となった築地市場。せっかく近くに勤務しているので、これまで通った市場内、場外のお店を紹介したり、今更ながら新規開拓したりするコーナー。

※小池知事が移転時期を明言しましたね。最終営業日は2016年11/2でしたが、2018年10月11日移転に決まりましたまだ8カ月間あるけど、外国人が並んでたりしてなかなか全店制覇までたどりつけません。

ってことで、第25回目は「礒寿司」です。
IMG_3801
礒寿司といえば、定食屋の「磯野家(2階)」の1階にあるお店。磯野家は何回も行ったことがあるが、このブログのために初訪問です。(寿司は単価が高いのでなかなか気軽にはいけない。でも夜の飲み代ならこんな金額すぐふっとぶんだけど)

FullSizeRender
惹かれたのはやはりこの「限定30セット」。2400円と割とお得。

IMG_3802
丼モノもあるけど、こちらは割と高額。

FullSizeRender
単品で頼むとこの値段。大トロ700円!!生ビールより高い!?

FullSizeRender
頼んだのはもちろん「限定30セット」2400円。他のセットも検討していたがこちらのセットは5000円相当の内容なのでオススメと言われた。

FullSizeRender
左から「いくら」と「ウニ」と「穴子」。

FullSizeRender
「大トロ」「赤身」「中トロ」
※大トロと中トロは逆かも?!

FullSizeRender
「鯛?かんぱち?平目?」と「甘エビ」。

FullSizeRender
お椀もついてます。

FullSizeRender
スペースが空いたところに「イカ」が追加。

FullSizeRender
さらに「炙りなんとか」も追加
※忘れた

BlogPaint
カウンターの店内。奥に「磯野家」の看板もみえます。

ということで、磯寿司でした。あまり行列ができてないのだが、けっこう旨めです。とくにこの限定セットはかなりお得です(なんせ5000円相当の握りが2400円ですから笑)。

築地市場の最終営業日は11月2日(水)→終了も延期確定です
2016-07-15-13-17-21
11月7日(月)から豊洲新市場に移転→延期

2016-07-15-13-17-35
こちら築地から豊洲に移転する店舗の一覧。「礒寿司」も移転のもよう。

【今日の会計】

「限定30セット」2400円


「礒寿司」 築地市場(場内)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13091991/


  

せんべろ居酒屋探訪 その121

「居酒屋ヨット」田町/三田
生ビール(サッポロ黒ラベル)290円(税込)
→現在生ビール、ハイボール、サワー80円!(2018年6月確認済み)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第121弾は田町/三田駅の「居酒屋ヨット」です。あの激安居酒屋グループ27店目の新店舗がオープンしてるの報を聞き、さっそく行ってきました!

▼謎の激安居酒屋グループ 
新宿「やまと」、六本木「松ちゃん」、神楽坂「竹ちゃん」、表参道「中西」、新橋「コン」など激安生ビール店でよく知られるあの系列店。名前に全く統一制がないが、メニューのデザインと生ビールの値段、サッポロという銘柄に関連性があり、一部噂を呼んでいたがネット等で調べてみたらやっぱり系列で今も各地で増殖をはじめている。

きっかけはこのバイト情報だ。
yotto
私がよく利用しているバイトル(バイト探ししているわけじゃなくて、バイト情報からこの激安居酒屋グループの存在を調査している。オープニングスタッフなんて募集していたら、新店舗の一番早く知ることができるからだ)。

yotto02
さきほどの写真の内装を見ると、もういつものあの系列店しかありえない。情報を読み進んでいくと、「系列店」に新橋「コン」や神田「すすむ」というお馴染みの店が書いてある。これはもう、激安居酒屋グループを経営する「有限会社飯田」の系列店で間違いない。

yotto03

こちらにも虎ノ門「小虎」と同じ系列店との記載が。住所も載っているのでそれを頼りに訪問できそうだ。ネットで調べてみたら、食べログには掲載されてないようだが、Rettyには投稿があった。ブログはまだないようだ。
くぅぅぅ~~~~!
この系列店の存在を世界最速で発見することを生きがいとしていたが、また出し抜かれた!!悔しい!!!行くしかない!!(飲むしかない)

IMG_7995
ということで、やって参りました。どうやら三田商店街のあたりです。この系列店、普段は非常にわかりづらいところにあるのだが、今回はどうでしょうか。

IMG_7996
ん?何か見覚えのあるレイアウトのポスター発見!

IMG_7997
どうやらここのようです!

FullSizeRender
でました!おなじみの料亭風の行燈。「ヨット」。またまた奇抜というか意味不明の店名です。

FullSizeRender
こちらが生ビール。銘柄は安定のサッポロ黒ラベル。

IMG_7998
気になるお値段は、で、でたーーーー!生ビール50円!!
→2017年9月から2018年2月現在までこの値段のようだ。いつまで続くかは不明。

(2018年6月)
IMG_6587
生ビールが80円になっていた。それでも安いけど。

FullSizeRender
さてさて、ドリンクメニュー。嬉しいのは生ビールだけじゃなく、サワーやハイボールまでもが50円であること。ビール党じゃない人と飲みに行くときも安上がりで済みますな。

FullSizeRender
こちらはオツマミメニュー。なんと、俺の好きな「冷奴」がメニューにない!ハツのハートマークどころか、ハツそのものがメニューにない!

IMG_8012
2時間半食べ飲み放題3680円。これって絶対高いと思う。生ビール10杯と3品+お通しでも2600円ぐらいにしかならない。

FullSizeRender
1人1品制です。金曜や祝前日も50円なのが嬉しいですね。

ってことで、
BlogPaint
乾杯!!

BlogPaint
お馴染みの店内。三田/田町という場所柄、おっさんサラリーマン率高し。三田といえば、慶應があるところですが、意外や学生風の人はいない。

FullSizeRender
お通し・席料430円。高いけど、ここで利益ださなきゃ店がやっていけないのでやむなし。

IMG_8005
お馴染みの自動注文器。

IMG_8239
ヨット感謝祭セールのオリジナルメニューもあるようです。

FullSizeRender
さっそく頼んでみました。系列店では見かけたことのないメニュー。「生ハムジャーマンサラダ」560円

FullSizeRender
「フランクフルトとレンズ豆のトマトソース煮」530円。これも系列店にはないオシャレなメニュー。トマトソースがうまそうです。

FullSizeRender
「牛肉のビール煮」580円。これも系列店にはないメニュー。いま紹介した3点はなんとなくジャーマン料理っぽいですねえ。昔ここにあった店がドイツ料理の店だったとか???(そこの料理人を引き抜いたとか??)いろいろな憶測が飛び交います。

FullSizeRender
「ハイボール」50円。ジョッキとの比較ではかなり小さめ。これに氷が入っているので容量はだいぶ少ないですね。50円じゃなかったら頼みたくない。

FullSizeRender
こちらは「レモンサワー」50円。ジョッキサイズ。

IMG_8241
店内にTVモニターあり、スポーツ観戦できます。

IMG_8246
小平奈緒と高木美保のWメダル目撃!コスパ最高の居酒屋観戦でした。

BlogPaint
せんべろガールズと乾杯!!

ってことで、田町/三田に新しくできた「居酒屋ヨット」でした。今なら生ビールのみならずハイボールやサワーまで50円。たいがい、ビール2杯くらいいくと他のものに移行する人が多いので、ビール党以外の人と飲みに行くときも安く済みます!!
ちなみに、店員に聞いてみたら「2017年7月にオープンしていた」とのこと。うーむ、半年以上もその存在をわからずにいたことが屈辱的。。。

【今日の会計】一人1200円くらい
お通し
上記料理
上記ドリンク

「居酒屋ヨット」三田/田町
https://retty.me/area/PRE13/ARE13/SUB1302/100001348050/
※食べログには掲載なし
住所:東京都港区芝5-23-17

生ビール(サッポロ黒ラベル)
290円(税込)
現在、生ビール、ハイボール、サワー80円!

激安居酒屋グループ→系列店一覧はこちら 
この系列店を経営する「有限会社飯田」の実態に迫った!レポートはこちら

 

日帰り弾丸温泉シリーズ その26

グリーン車で行く那須「北温泉旅館」

冬の平日休み。
夏じゃないから海にもいけないし、寒くて外飲みもできないけど、出かけたい。で、冬と言ったらやっぱりキラーコンテンツは「温泉」!ってなわけで、夜の宴会の前までぶらりと日帰りで温泉に行ってみようシリーズ。

コンセプトは以下。
①車は使わない
だって酒が飲めないから。温泉上がりのビアがうまいのに、それが飲めずに運転するのは地獄!
②特急かグリーン車をできる限り使う
電車内で飲むには在来線では敷居が高い。飲むことはできてもツマミまでは展開しづらい(机がない)。
③新幹線は(当面)使わない
単純に予算オーバー笑。「当面」としたのは今後ネタが尽きて「弾丸新幹線温泉シリーズ」も立ち上げる可能性があるかもということで。
④夜の宴会時間に帰ってこれる範囲
現地から終電で帰るなら行動の幅が拡がるが、やっぱり帰ってからも飲みたい!

ってことで、日帰り弾丸温泉シリーズ第26弾は栃木県の北温泉「北温泉旅館」です。

image
最近はまっている秘湯。その秘湯をまとめたこの本がバイブルとなっている。今回の北温泉はこの本には掲載されてはいないが、秘境の地にあるのだという。

飲みながら行く日帰り温泉シリーズで行ってみた
「日本秘湯を守る会」他の日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート


調べてみると映画「テルマエロマエ」のロケ地になったという。さっそく行ってみることにした。
IMG_8608
品川エキュートが朝8時から営業しているので、ここでツマミやワインなどを買う。

IMG_6619
品川から上野東京ラインの宇都宮行きに乗り込みます。宇都宮までちょうど120分飲み放題(ラストオーダー0分前)。

IMG_8609
居酒屋グリーン車!

IMG_8611
乾杯ビア!

IMG_8610
品川エキュートのワイン屋「ヴィノスやまざき」で、スパワーをゲット。

※スパワー:スパークリングワインの略。世界で初めて「スパワー」と略して言ったのは新橋酔式だと言われている。その当時googleで検索しても出てこなかったため

IMG_8613
品川エキュートの「バルマルシェコダマ」でハムもゲット。

IMG_8614
またまた乾杯!インスタ映えするラベル!

宇都宮~~うつのみや~~~
FullSizeRender
IMG_8615
黒磯行きの宇都宮線に乗り換えます。乗り継ぎ時間は4分。

FullSizeRender
ここから先は残念ながらロングシート。でもお構いなしにビア乾杯!正面の女子の脚にも乾杯!

IMG_8618
FullSizeRender
50分ほどで黒磯に到着。

IMG_8622
IMG_8623
那須湯本行きのバスは約40分後。

IMG_8624
なので駅前をブラタモリしてみる。

IMG_8625
IMG_8626
いきなり渋い店構えの「明治屋」。温泉まんぢゅうが気になる。明治元年に創業したから明治屋だって。ほえ~~

IMG_8637
IMG_8628
呑兵衛的にはむしろこっちの方が気になりますね。この渋い感じのサッポロビール。しかも特約店ってことはサッポロしか販売してないってこと??しかし営業はしてないようだ。残念。

IMG_8629
IMG_8630
これまた大正ロマン的な建物。どうやら「カフェ ド グランボワ」というカフェみたいだ。

IMG_8632IMG_8631
IMG_8633
めずらしい感じの建物。趣きがありますねえ。

IMG_8634
これなんかツタが垂れてジブリっぽい???

IMG_8638
これも渋い店。が、営業している感じはしない。

IMG_8639
ということで、駅前に戻ってきました。

IMG_8640
IMG_8643
那須湯本温泉行きのバスに乗り込みます。

FullSizeRender
バスでも乾杯!

IMG_8648
IMG_8646
バスに乗ること約35分。「那須湯本温泉」乗り場に到着。

IMG_8653
雪が積もっていて気持ちが荒ぶります!


ここに来るのは2度目!
日帰り温泉で有名な「鹿の湯」がここから歩ける距離にあります。

「鹿の湯」に行ってきたレポートはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/50459807.html


IMG_8651
北温泉はここから大丸温泉行きのバスに乗り継げば近くまで行けるだが、本数が1日に2本しかなくて、今回は時間が合わず。またここから新宿行きの高速バスが出ているようだ。この日は見落としていて、普通に電車で帰ってしまったが次回からは高速バスで帰った方がラクちんかも。

IMG_8655
バスがないのでタクシーに乗り込みます。

IMG_8656
うおおお!雪道!!大興奮!!!

IMG_8657
タクシーで降ろしてもらった場所がこの雪。ここはゲレンデか!?私をスキーに連れてってか!?それを言うなら私を温泉に連れてってか!?

IMG_8659
北温泉旅館はこちららしい。

IMG_8660
うおおおお!この道を進むらしい。往年のファンならここをドラクエ2のロンダルキア台地の銀世界を思い浮かべることだろう。ブリザード出てきてザラキ唱えないで!!

IMG_8664
とりあえず雪道でもビア!べホマ!

IMG_8670
お!何か施設が見えてきましたよ!もしやハーゴンの神殿!?

IMG_8675
このでかいプールは温泉らしい。

IMG_8676
ハーゴンの神殿ではなくて、北温泉旅館に到着!渋い!そしてこの雪がまたいい感じ!いい季節に来たかも!!

IMG_7081
「テルマエロマエ」のこのシーン。ちょうど上戸彩が北温泉旅館についたところですな。

IMG_8677
北温泉とテルマエロマエに乾杯!

IMG_8682
こちらが旅館の玄関らしい。上のつららがすごい。これが任天堂の名作ゲーム「アイスクライマー」だったら、このつららが上から落ちてきて、当たると即死亡である。

さあ旅館に入ってみましょう。
FullSizeRenderIMG_8687IMG_8688
旅館に入ると渋い感じ。おおお、これこれ。

IMG_7082
IMG_7083
「テルマエロマエ」のこのシーンはまさに北温泉旅館のこの玄関のところですな!

IMG_8689
まずは入り口の横にあった”プールっぽい温泉”の「温泉プール」に行ってみましょう。

IMG_8690
ここから外に出るっぽい。

IMG_8692
IMG_8693
IMG_8695
この手前の小屋みたいなのは内湯らしい。

IMG_8691
やっぱりこっちのプールでしょ。雪が積もっているため、足元にご注意ください。

IMG_8713
ひろ~い露天風呂!まさにプール!

FullSizeRender
温泉プールから宿を見たアングル。むむむ!

IMG_7091
「テルマエロマエ」の1シーン。阿部ちゃんと上戸彩がこの温泉プールに落ちる時のアングル!

IMG_8698
ってことで温泉ビア!

IMG_8722
さあ今度は天狗の湯に行ってみましょう~~

IMG_8723IMG_8728
渋い廊下。

IMG_8724
戦勝??戦前のものだろうか??

IMG_8725
IMG_8729
長い廊下を進む。

IMG_8730
天狗の湯!!!


「テルマエロマエ」で上戸彩が天狗の湯にいる1シーン。

IMG_8732
天狗の湯ビア!!

IMG_8731
この湯、実は混浴らしく、ご覧の通り、着替える場所は男女ともにこの棚らしい。バスタオル巻きも禁止なので女性がこの湯に入るにはだいぶ敷居が高いと思われる(最近、脱衣所が男女別になったらしいが、それでも敷居が高いとのこと)。

迫力の天狗。
IMG_8742IMG_8740
下からマリコ!じゃなくて天狗!

IMG_8733IMG_8735
外に出ると打たせ湯がある。

IMG_8737
こちらは家族風呂。ってことは貸切できるのか??

IMG_8745IMG_8747
今度は露天風呂の河原の湯の方に行ってみる。

IMG_8746
渋い廊下。むむむ!

IMG_7084
「テルマエロマエ」の1シーンに出てきた廊下ですな!

IMG_8749
お食事処の亀の間は準備中でした。

IMG_8750FullSizeRender
さあ河原の湯。

IMG_8762
おおお!外に川が流れていていい感じ。だから「河原」の湯なのか。

IMG_8761
IMG_8773
露天ビア!

FullSizeRender
お風呂を上がって玄関口の土間に戻ると猫ちゃんがいました。

IMG_8789
「猫びより」という猫専門のマニアックな雑誌を発見。むむむ!

FullSizeRender
おお!この猫ちゃんはモモちゃんという猫ですね!にゃあ!

FullSizeRenderFullSizeRender
モモちゃんの撮影タイム。

IMG_8799
モモちゃんとビア!!
IMG_7083
そういえば「テルマエロマエ」のこのシーンの右側にニャンコが写ってたけど、モモちゃんじゃなさそう。この宿には以前ティティちゃんという猫もいたそうで、18歳で2015年頃になくなったそうだが、もしかしたらその子かも!?

IMG_7084
この廊下のシーンの下側にいるネコちゃんはモモちゃんかも!?

BlogPaint
モモちゃんと2ショット!!

モモちゃんとの絡みが名残惜しいけど時間がきたので帰ります。
IMG_8806
IMG_8808
タクシーに15時に迎えにきてと伝えておいたので、また雪道を戻ります。

IMG_8810
迎えに来ていたタクシーで那須湯元温泉のバス停に戻る。さらば涙くん!さらばモモちゃん!

IMG_8812
IMG_8815
IMG_8817
バスまで少し時間があったので、バス停すぐ近くの温泉神社(ゆぜんじんじゃ)にお参り。雪の神社もいい感じ。

IMG_8821
この建物も温泉らしいが今回も入るヒマなし。

IMG_8823
さあ帰りのバスがやってきました。

IMG_8824
保冷バッグに雪を入れてキンキンビア復活!(ぬるいビールは飲まない主義)

IMG_8825
IMG_8826
FullSizeRender
帰りは黒磯駅から上野直行グリーン車ビア!お疲れさまでした!

ってことで、北温泉でした。
黒磯駅は雪積もってもないのに、行った先は雪に包まれた秘境。まさに秘湯です!移動時間も実に片道4時間半!新幹線なら広島超えてますわな。ネットなどでは混んでいると書いてあったがド平日に行ったせいか、ほとんど誰もいませんでした。

飲みながら行く日帰り温泉シリーズ
「日本秘湯を守る会」の他の日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート

 

【今日のぶらり旅】
品川-北温泉

(今日の買い出し)
品川エキュート

<往路>
品川08:21ー宇都宮10:22
(宇都宮線グリーン車)

宇都宮10:26-黒磯11:17

黒磯駅11:55―那須湯本温泉12:30
(東野バス)

<復路>
那須湯本温泉15:50―黒磯駅16:25
(東野バス)

黒磯16:39―上野19:04
(宇都宮線グリーン車)


○交通費
品川-黒磯(片道)
3020円(乗車券)グリーン券980円

バス 黒磯駅→那須湯本温泉 800円(片道)

タクシー
那須湯本温泉→北温泉旅館の手前
2500円くらい

(今日の日帰り温泉)
○北温泉
「北温泉旅館」
入浴料金 700円


日帰り弾丸温泉シリーズ その25

特急踊り子で行く湯ヶ島温泉

冬の平日休み。
夏じゃないから海にもいけないし、寒くて外飲みもできないけど、出かけたい。で、冬と言ったらやっぱりキラーコンテンツは「温泉」!ってなわけで、夜の宴会の前までぶらりと日帰りで温泉に行ってみようシリーズ。

コンセプトは以下。
①車は使わない
だって酒が飲めないから。温泉上がりのビアがうまいのに、それが飲めずに運転するのは地獄!
②特急かグリーン車をできる限り使う
電車内で飲むには在来線では敷居が高い。飲むことはできてもツマミまでは展開しづらい(机がない)。
③新幹線は(当面)使わない
単純に予算オーバー笑。「当面」としたのは今後ネタが尽きて「弾丸新幹線温泉シリーズ」も立ち上げる可能性があるかもということで。
④夜の宴会時間に帰ってこれる範囲
現地から終電で帰るなら行動の幅が拡がるが、やっぱり帰ってからも飲みたい!

ってことで、日帰り弾丸温泉シリーズ第25弾は静岡県の湯ヶ島温泉「湯本館」「河鹿の湯」「テルメいづみ園」です。
「湯本館」は「秘湯を守る会」の宿に登録されていたので、パラパラその本を眺めていて行きたくなった。そして、なんと川端康成が「伊豆の踊子」を執筆したという旅館らしい。
image
これが秘湯の本。最近のバイブルです。

飲みながら行く日帰り温泉シリーズで行ってみた
「日本秘湯を守る会」他の日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート


IMG_7865
ということで品川駅09:08。
09:00に東京駅を出発した特急踊り子105号が入線です。

IMG_7866
実はこのシリーズで踊り子号を使うのは初。というのは、伊豆方面に行く間に経由する熱海までは東海道線グリーン車で行けるからだ(熱海まで120分飲める)。でも、「伊豆の踊子」が執筆された宿に行くのに「踊り子号」の乗らないのは、”パリに行ったのに凱旋門に行かない”のと同じくらい残念だろう。

IMG_7863
電車旅のみならず、BBQ、お花見、スポーツ観戦、あらゆるシーンで役に立つクーラーボックス。今回は休日につきこちらを投入。普段の保冷バッグよりも保冷度が違うし、ビアの積載量も違います。

IMG_7864
そして、氷でキンキンに冷やしたビア。しかもサッポロ赤星の缶ビール版。

IMG_8024
朝9時台品川発なので、朝8時から空いている品川エキュートで焼き鳥などのツマミを購入。乾きものにはない居酒屋感で、旅の高揚感が高まります。最近お気に入りのスキットル(銀色のウイスキーなどの入れ物)を持ち歩き、ここに入れたウイスキーを持ってきたトニックウォーターで割って”自家製ハイボール”も旅に華を添えます。

FullSizeRender
ってことで乾杯!赤星!
「踊り子」と言えば、往年の人達は「伊豆の踊子」のイメージなのかもしれないが(映画化も4回されてるし、ヒロインも吉永小百合とか山口百恵とか大女優だし)、我々世代が「踊り子」って聞くと、もちろん思い浮かべるのはドラクエ4の踊り子「マーニャ」である。
index.png
当時中学生だった私からするとこの踊り子の恰好は刺激が強かった。

しゅぜんじ~~しゅぜんじ~~~
IMG_7881
前置きが長かったせいもあり、2時間であっという間に修善寺駅に到着。
隣駅の「まきのこう」って人名みたいで何だ?って感じだが、調べてみたら「牧之郷」と書くらしい。「郷」を「ごう」と読まずに「こう」と濁らないところがポイント。「ひろみ郷」も「ひろみこう」とこの地域では濁らないで読むとか、読まないとか。

FullSizeRender
修善寺駅は三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線という一回聞いただけじゃ覚えられない路線を行った先の終点。

IMG_7898
IMG_7899
修善寺駅。わりと綺麗。

IMG_7900
IMG_7901
目的までは修善寺駅からバスに乗り換える。乗り換え待ち時間は27分。

IMG_7902
バスが来たのでビア!

IMG_7903IMG_7904
バスに乗ること30分。「湯ヶ島温泉口」で降りる。

IMG_7909
この辺りは湯道と行って散歩道になっているので、ブラタモリしてみましょう。

IMG_7910
おお!趣きあり!

FullSizeRender
なんだこれ?!出会い橋・男橋!新橋じゃなくて残念。

IMG_7914
橋から見える川。

FullSizeRender
今度は出会い橋・女橋!さっきの男橋といい、なんかネーミングに勢いあるなあ。しかし残念ながら女子はいない。いたら出会いがあったのだろうか。

とくに出会いもロマンもなく橋を渡りきってそのまま進む。
IMG_7920
趣きある川沿い。

FullSizeRender
むむむ!

IMG_7924
なんか寂れた感がまた渋くていい味。「温泉上がりの牛乳」は「温泉上がりのビア」を覚えるまでは鉄板でしたね。

FullSizeRender
むお!こんなところに新宿??と、思ったら「新宿(あらじゅく)」と読むみたいだ。そして、背後の団地がまた渋い。

FullSizeRender
むむ!障子がやぶれた山河荘。

FullSizeRender
FullSizeRender
玄関口にまわってみたが廃墟のようだ。これまた渋い(いや寂しい)。これぞまさに「国破れて山河在り」だ(ん?意味違う?)。

IMG_7931
IMG_7932
むむむ!これまた渋い橋が見えてきました。男橋?女橋?渋橋?

FullSizeRender
橋を渡ると何やら気になる入口が。

FullSizeRender
犬猫温泉!?ワン!ニャー!

IMG_7937
この階段を下りるようだニャー!

IMG_7938
渋い階段を降りる。ここに温泉があるニャ!?

IMG_7939
看板発見!「テルマエ」とはラテン語で温泉って意味ですね。

IMG_7940
犬猫温泉の看板!!どこに温泉!?

IMG_7941
これが温泉!??お湯が沸いているのかな??

FullSizeRender
気を取りなおして再び歩きます。最初の目的地の湯本館の看板が見えてきました。

FullSizeRender
共同浴場「河鹿の湯」もあるようです。

FullSizeRender
湯本館の看板!川端康成の伊豆の踊子について言及されています!

FullSizeRender
こちらがその湯本館の入口!渋い!おなじみ「日本秘湯を守る会」の提灯があります。踊り子さんいるかな?

飲みながら行く日帰り温泉シリーズで行ってみた
「日本秘湯を守る会」他のの日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート


FullSizeRender
中に入ると昔ながらの急な階段。日帰り温泉したいと伝えると、本日は正月三が日なので、日帰りはやっておりません!と言われる。ニャー!!!

ここまでせっかく来たのに踊り子さんにも会えず、しぶしぶ外にでる。
FullSizeRender
FullSizeRender
しょうがないので、すぐ近くにあった共同浴場「河鹿の湯」に入ることにする。踊り子もこの浴場に入ったとか、入ってないとか。

FullSizeRender
大人は300円。

FullSizeRender
こちらが浴場。踊り子さんも、誰もいない。

FullSizeRender
浴場の窓から見える景色。川沿いがまた渋い。

IMG_7959
河鹿の湯を出て踊り子さんを探しにブラタモリする。

IMG_7960
今度は「いづみ園」を目指します。「踊り子のいづみちゃん」がいるのだろうか。

FullSizeRender
通りすがりに発見した「世古の大湯」入口。妙にそそる階段。

IMG_7994IMG_7993
渋い階段を降りていく。

IMG_7987
ん?あの建物か!?

IMG_7992
この裏路地みたいなところに浴場が!渋い!

IMG_7989
入浴料は100円らしい。

IMG_7991
IMG_7990
めちゃ家のお風呂っぽいので、とりあえず見学だけにする。ここにも踊り子さんはいない。

FullSizeRender
気を取り直して再びブラタモリ。白雲楼の看板と赤い橋がある。

IMG_7986
行ってみたが、やっていないようだ。まだ看板新しいのに。

FullSizeRender
いづみちゃんを求めてさらに歩きます。

FullSizeRender
お!あれか!?

FullSizeRender
FullSizeRender
「いづみ園」に到着です!宿泊4500円というリアルな数字がラブホっぽくて無駄に興奮する。

興奮しながら入ってみる。
FullSizeRender
こちらが入口。ラブホっぽさはない(当たり前であるが)。

FullSizeRender
御風呂への通路。

BlogPaint
IMG_7980
こちら露天風呂。男女別浴なので踊り子さんはいない。

FullSizeRender
こちら貸切風呂発見!60分1000円なので安い!

FullSizeRenderFullSizeRender
ということで貸し切ってみました。

FullSizeRender
FullSizeRender
貸切りビア!!

FullSizeRender
バスのお時間が来ましたので帰りま~す。結局、踊り子さんは発見できす。

IMG_7995
修善寺駅から伊豆箱根なんちゃら鉄道で三島へ帰ります。三島と言えば三島由紀夫。

IMG_7996
由紀夫ビア!

IMG_7997
三島でしばし時間があったので、地酒場に行ってみることにする。まずは駅近くにあった焼き鳥屋の「いろ鳥」。

IMG_7998
そうです。この晩酌セットがアツイ!

IMG_8001
IMG_8002
生ビールは500円。焼き鳥も1本150円。晩酌セットに比べるとあまりインパクトはない。

IMG_7999
ってことで、乾杯!銘柄はアサヒスーパードライ。ジョッキも大きめサイズ!

IMG_8004
IMG_8005
こちらが晩酌セットの小鉢と串3本。

IMG_8010
「三島コロッケ」350円。"三島"ってついてるだけで妙に頼みたくなってしまった。ただの「コロッケ」だったら頼まなかったのに。お店の戦略勝ちですな。もし自分がお店の店長になったらメニューに何でも”新橋”ってつけちゃうかも。「新橋コロッケ」とか「新橋ポテトサラダ」とか。

IMG_8011
せっかく来たので勢いで「月見つくね」250円、「つくねおろしポン酢」250円、「アスパラベーコン」200円を注文!

IMG_8012
「手羽先」150円もゲット!

IMG_8013
まだ時間があったので、すぐ隣にあったいい感じのスペインバルに行ってみる。というか女っ気(とくに踊り子さん)がほしくなったので笑。

IMG_8015
IMG_8016
アヒージョとポテサラ。値段忘れた。

IMG_8014
ワインでシャレオツに乾杯!奥に踊り子女子発見!

BlogPaint
どさくさに紛れて踊り子(女子店員)さんとの3ショットもゲット!

FullSizeRender
FullSizeRender
三島からは東海道線グリーン車ビア!お疲れさまでした!

ってことで、湯ヶ島温泉「湯本館」「河鹿の湯」「テルメいづみ園」でした。川端康成がそこで執筆したという湯本館の日帰り温泉入れなくて残念。いつかまた来よう!

飲みながら行く日帰り温泉シリーズ
「日本秘湯を守る会」の他の日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート

 

【今日のぶらり旅】
品川-湯ヶ島温泉

(今日の買い出し)
品川エキュート

<往路>
品川09:08ー修善寺11:08
(特急踊り子105号)

修善寺駅11:35―湯ヶ島温泉口12:07
(東海バス)

<復路>
湯ヶ島温泉16:52-修善寺駅17:26
(東海バス)

修善寺17:39-三島18:14
(伊豆箱根鉄道駿豆線)

三島20:42-品川22:31
(東海道線グリーン車)

○交通費
品川-修善寺(片道)
4710円(乗車券2780円、特急券1930円)

バス 修善寺駅→湯ヶ島温泉 750円(片道)

(今日の日帰り温泉)
○湯ヶ島温泉
「湯本館」
入浴料金 800円

○テルメいづみ園
入浴料金 735円
貸切風呂 60分 1000円

(今日の打ち上げ)
「いろ鳥」三島

「ESTRELLA」三島