せんべろ居酒屋探訪 その27

「小池」 池袋
生ビール(サッポロ黒ラベル)120円

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第27弾は池袋駅の「小池」です。謎の激安居酒屋グループが池袋にあると聞き、気になって行ってきた。池袋だから小池の池なのかはわからんが、小池っていうとラーメンの小池さんを思い出すのは俺だけじゃないはず。

▼謎の激安居酒屋グループ 
新宿「やまと」、六本木「松ちゃん」、神楽坂「竹ちゃん」、表参道「中西」、新橋「コン」など激安生ビール店でよく知られるあの系列店。名前に全く統一制がないが、メニューのデザインと生ビールの値段、サッポロという銘柄に関連性があり、一部噂を呼んでいたがネット等で調べてみたらやっぱり系列で今も各地で増殖をはじめている。


さあ地図に表示されてあるとおりに行ってみましょう。今回はどんな変なところにあるのか。

行ってみると、わりと大きな通り沿いにはありますね。でも駅から離れてるので指名層しかこなさそうです。そして、なぜか隣の同じひとつ屋根の下にタコ焼き屋?があります。
「あんちゃーん」と「ひとつ屋根の下」の名ゼリフをつぶやいてみたが、「小雪ぃ〜」ではなくてこの店は「小池」。

おっと、そこから水槽が見えましたよ。店内直送アピールですね笑。私は絶対に頼みたくないけど。
チィ兄ちゃんの福山なった気分で店内に入ってみると、待ち行列の人に配るというミニ缶ビア発見。めったに待つことないので、きっと店をクローズした後にみんなで飲んでることでしょう。

そして毎度恒例、気になる生ビールのお値段は… 

でたーーーーーー!生ビール120円!

てことでさっそく乾杯!

正面の女子(小雪と小池)とも乾杯!


恒例のメニューチェック。おなじみのレイアウト。


ひとつ屋根の下にタコ焼き屋があるわりには、メニューはタコ焼き押しじゃない模様。チィ兄ちゃんも涙。さきほどの水槽直送メニューの活アジもあります。
そして嬉しいハツのハートマーク印。

小池の大感謝セール。やっぱりタコ焼きがない。
企画メニュー。「居酒屋でモヒート」のくだりもなし。
チャージ付きお通し400円。生ビール3杯分に匹敵。
とりあえず、チィ兄ちゃんおすすめのタコ焼きを頼んでみましたよ。まぁ普通のタコ焼きでした。
ん?メニューの片隅に小池(小雪)の自慢の一品だって。メニューの品だけみるといたって普通ですが…


てことで、塩こんぶキャベツを頼んでみたら、他の店より器のサイズが大きいだけでした。「小池ぇぇぇーーー」と心の中でつぶやいてみたが、誰も俺が福山だとは思ってくれません。

悲しみの中、会計を済ませて外に出ると…
ひとつ屋根の下のタコ焼き屋で、焼き鳥も焼いてる姿を発見。あの ハツもここで焼いてたんですね。

カウンターの下にはおなじみのレイアウトでメニューが。タコ焼きがウリなのではなく、たまたま外とのカウンターがあったので売ってただけってわけですね。

あの名作「ひとつ屋根の下」を思い出したらこの「小池」に来店をおすすめする。たこ焼きを焼いている姿に思わず「小池ぇぇぇぇ~~~」とチイ兄ちゃんのようにつぶやいてしまうだろう。店内に入ると「あんちゃん」っぽい店員がたくさんいるのでまさに「涙そうそう」である。最後にあんちゃんぽく「そこにビアはあるのかい?」ってつぶやいてみたが、なんせドラマがやってたのが12年も前なので誰も気づいてくれなかった。

いよいよこの激安グループ店もあと3店で全制覇(グランドスラム)達成です

【本日の会計】1人955円
ビール120円×2杯
ミニウコン茶 100円
お通し400円×2  
たこ焼き 290円
塩こんぶキャベツ 480円

「小池」 池袋

生ビール ジョッキ(サッポロ黒ラベル)
120円(毎日)

激安居酒屋グループ→系列店一覧はこちら 
この系列店を経営する「有限会社飯田」の実態に迫った!レポートはこちら