日帰り弾丸温泉シリーズ その8

特急スペーシアで行く湯西川温泉、川治温泉 

冬の平日休み。
夏じゃないから海にもいけないし、寒くて外飲みもできないけど、出かけたい。で、冬と言ったらやっぱりキラーコンテンツは「温泉」!ってなわけで、夜の宴会の前までぶらりと日帰りで温泉に行ってみようシリーズ。

コンセプトは以下。
①車は使わない
だって酒が飲めないから。温泉上がりのビアがうまいのに、それが飲めずに運転するのは地獄!笑
②特急かグリーン車をできる限り使う
電車内で飲むには在来線では敷居が高い。飲むことはできてもツマミまでは展開しずらい(机がない)。
③新幹線は(当面)使わない
単純に予算オーバー笑。「当面」としたのは今後ネタが尽きて「弾丸新幹線温泉シリーズ」も立ち上げる可能性があるかもということで。
④夜の宴会時間に帰ってこれる範囲
現地から終電で帰るなら行動の幅が拡がるが、やっぱり帰ってからも飲みたい!

ってことで、日帰り弾丸温泉シリーズ第8弾は栃木県の湯西川温泉と川治温泉です

2015-02-23-08-55-21
前回は特急スペーシアで鬼怒川温泉まで行ってきたのだが、今回はその先まで遠征してみることにした。鬼怒川温泉駅から先は野岩鉄道というマニアックな路線になる。沿線沿いを調べてみると、駅名だけでも湯西川温泉、川治温泉、中三依温泉、上三依温泉と温泉の宝庫!さくっと調べるとどうやら湯西川温泉の駅前に温泉施設があることがわかり、とりあえずそこに行ってみようと思い立った。

「特急スペーシアで行く鬼怒川温泉」の記事はこちら↓↓↓
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/18795558.html


2015-02-23-09-09-35
浅草駅9時発だと浅草駅にある松屋が空いてないので(10時営業開始)、酒とツマミは上野駅のエキュート(8時営業開始)で事前購入。わざわざ特急乗っていくからには、ツマミが乾きものでは盛り上がりません!


2015-02-23-09-01-27
ということでスカイツリーに乾杯!季節はずれのオリオンビール。オリオンやバドワイザーみたいな薄めのビールって暑い夏に飲むとすっきりしてうまいのに、寒いときに飲むとそれほどでもなくなるのはなぜだろうか。

2015-02-23-11-30-31
なんて考えているうちに120分で鬼怒川温泉に到着!ここから先は野岩鉄道という在来線に乗り換えます。

2015-02-23-11-35-22
やっぱり旅はロングシートではなく対面座席だと盛り上がりますね。気分が(一人で対面座席ではあまり意味がないんだけど)。気前のいい机つきなのでここでも飲めます笑。さりげなく奥の座席にいる女子大生(JD)が気になる。

2015-02-23-11-56-37
外の景色も渓谷の様相。やっぱり温泉地は平野じゃなくて山の中じゃないとね。

湯西川温泉駅に到着!
2015-02-23-12-03-19
だいぶ北まで来たつもりなのに、栃木県ってけっこう広いね。

2015-02-23-12-02-38
トンネルの駅。電車の行先に「会津」の文字。ってことは、このまま乗っていると会津に行くってわけで妙にそそります。

2015-02-23-12-03-00
イルミネーションで熱烈な歓迎。

2015-02-23-12-08-15
なんと湯西川温泉駅から直結の「湯の郷 湯西川観光センター」

2015-02-23-12-07-59
な、なんと!川が凍ってる!大興奮!

2015-02-23-12-08-38
天然のスケートリンク!ここで羽生結弦ばりに4回転サルコウでもしようものなら、氷が割れて池の底だろうなあ、なんて思ったり。

2015-02-23-13-49-18
湯西川温泉の温泉街そのものは駅からバスで20分。今日はそちらまで行かずに駅前温泉のみ。

2015-02-23-12-11-25
施設の外には足湯も!奥にある「ゴンの店」ってあのゴン中山??

2015-02-23-12-17-11
施設内にはお土産屋と食堂と日帰り温泉施設があり、温泉は2階のもよう。

まずは温泉の2階に行く。
2015-02-23-12-17-27
入口。コマンド?
「ドアをあける」

2015-02-23-12-19-22

コマンド?
「廊下をすすむ」

2015-02-23-12-31-40
コマンド?
「露天風呂につかる」
いい湯だな~~~アリアハーンっと。

2015-02-23-13-02-41
2階の休憩所に行こうとするが、飲食不可って・・・
飲食不可の休憩所でいったい何をするの?いわゆる「ご休憩」ってことですか???笑

BlogPaint
なのでやっぱり誰もいない。飲食不可の休憩所に机があるのが理解できん。

BlogPaint
しょうがないので1階にある食堂でビア。休憩所が飲食不可なのはこっちで食べさせようって魂胆ですな。腹落ち、腹落ち。

ということで、あまり長居せずに(というか、できずに)隣の川治湯元駅へ移動。



2015-02-23-14-04-57
2015-02-23-14-05-15
川治湯元駅に4分で到着。

2015-02-23-14-08-05
高架下に看板を貼っただけの川治湯元駅。

2015-02-23-14-07-48
駅前にあった案内板。温泉街は駅から少しだけ離れているもよう。

2015-02-23-14-08-16
変なおじいさんがお出迎え。川治湯元駅名誉駅長「かわじい」だって。ダレだそりゃ。「ダメだこりゃ」はいかりや長介。

BlogPaint
あっち向いてホイ!

2015-02-23-14-21-14
とりあえずお目当ては共同浴場の「薬師の湯」。共同浴場がある場合は必ずそこに入るようにしている。なぜなら、その地域の温泉文化がわかる気がするから。

2015-02-23-14-22-14
川沿いを歩いていくと・・

2015-02-23-14-25-24
「薬師の湯」を発見した!大人510円

2015-02-23-14-40-14
なんと貸切風呂もあるようです!50分3080円。

貸切したい気はやまやまだがフツーに男湯!
いい湯だな~ハハハーン、アリアハーンと温泉に入って上がる。
2015-02-23-14-40-42
2階にはうれしい休憩所。今度は飲食は禁止されてないもよう。

2015-02-23-15-05-38
誰もいない大広間。

2015-02-23-15-10-47
少女漫画が多いが簡易まんが喫茶にもなるもよう。

2015-02-23-15-35-21
「花より男子」を読みながらスパワーを飲む贅沢。

2015-02-23-14-27-31
道明寺が髪型をストレートにかえたあたりで「花より男子」は終わりにして、趣きのある川沿いを散歩してみる

2015-02-23-14-26-25
男女混浴露天風呂!!!ぐおおおお!

2015-02-23-14-26-40
営業終了!!!ぐおおおおおおおお!

2015-02-23-14-28-37
2015-02-23-14-29-07
2015-02-23-14-32-08
子持ちの湯とか不動の湯とかあります。(営業してなかった)

2015-02-23-16-53-09
3時間弱ほど満喫(漫喫?)して、さて帰りますか~~

2015-02-23-17-34-51
2015-02-23-17-33-28
途中の鬼怒川温泉駅で微妙に特急待ち時間があったので、下車して足湯でビア。

2015-02-23-17-39-14
BlogPaint
せっかく下車したので、鬼怒川温泉駅界隈のピザ屋でビア!

2015-02-23-18-19-05
2015-02-23-18-26-10
帰りの特急ビア!お疲れさまでした!

湯西川温泉駅前の温泉施設は近いのでおすすめではあるが、そこを目的として行くよりは何かのついでに立ち寄ったときに寄るのがよいかな。

【今日のぶらり旅】
浅草-湯西川温泉・川治温泉

(今日の買い出し)
上野駅エキュート(8時開店)

<往路>
浅草  09:00
鬼怒川温泉 11:02
(特急きぬ105号)

鬼怒川温泉 11:34
湯西川温泉 12:01
(野岩鉄道)

湯西川温泉 13:59
川治湯元    14:03
(野岩鉄道)

<復路>
川治湯元  16:53
鬼怒川温泉 17:13
(野岩鉄道)

鬼怒川温泉 1826
浅草    2035
(特急きぬ138号)

○交通費
浅草-湯西川温泉 3543円
(特急料金込み)

湯西川温泉―川治湯元 300円
川治湯元―鬼怒川温泉 450円

鬼怒川温泉―浅草 2573円
(特急料金込み)

(今日の日帰り温泉)
○湯西川温泉
「道の駅 湯西川」
510円

○川治温泉
「薬師の湯」
大人510円
(今日の飲み屋)
「らいふ」
http://tabelog.com/tochigi/A0903/A090303/9011145/