せんべろ居酒屋探訪 その110

恵比寿せんべろラリーに参加してきた!
6ドリンク+3フード 3000円(税込)

"1000円でもベロベロに酔える"という通称"せんべろ"居酒屋を探訪するツアー第110弾は恵比寿です。
 
1000bero-690x308
会社の同僚からの情報提供で「恵比寿せんべろラリー」なるものが開催されることを知る。

"恵比寿"といえば、東京屈指のオシャレタウン。
夜19時くらいに恵比寿駅の改札前あたりを通りすぎると、合コン、デートで待ち合わせしているOL女子のなんと多いこと!彼女達から醸し出される香水の香りとフェロモンで飲んでもないのに酔っちゃいそうである。新橋駅烏森口に漂う立ち食い蕎麦のダシの臭いとミックスされたおっさん臭とはえらい違いだ。このフェロモン女子の集まるシャレオツタウンには激安生ビールを提供する店やせんべろ酒場などは当然ながら存在しない。が、しかし、そんな恵比寿でせんべろラリーである。パリでは「ダカールラリー」か「せんべろラリー」かって言われているくらいだとか。

さて、下記のサイトから概要を確認すると・・・
https://machi-bar.jp/1000bero/

期間中に2000円か3000円のチケットを買って恵比寿の20店舗以上のお店で使うことができるとのこと。
2000円チケットは4ドリンク+2フード
3000円チケットは6ドリンク+3フード

だいたいこの手の相場って1ドリンク+1フードで1000円なので、1ドリンクお得!
ただ、店のラインナップがいまいちピンとこない。シャレオツな店が多く、"せんべろ"というワードが醸し出すイメージと合わないからである。まぁでも、とりあえずは行ってみようという話になった。

2017-03-29-19-13-18
ってことで、受付のお店「①アマポーラ」に行く。ここでチケットを購入できる。窓口購入だと+
500円なので事前にネットで買っておくとオトク。

2017-03-29-19-23-18
これがせんべろラリーのチケット。
左側で1ドリンクと1フード。右側は追加の1ドリンク。

2017-03-29-19-40-54
2017-03-29-19-41-07
マップと店の一覧を渡される。シャレオツな店ばかり。

2017-03-29-19-14-37
「①アマポーラ」でさっそく飲みたいところだが、貸切りなのか営業してなかったので、他の店にいくことにする。


せんべろラリー1軒目
「④スパイシーフライヤーズ」

2017-03-29-19-22-30
場所は西口の店舗が集まっている通りの奥。

2017-03-30-17-15-14
ドリンクは生ビールあり。

2017-03-29-19-22-25
が、ラリーとは関係なくハッピーアワーが20時までやっていて、1ドリンクに唐揚げ盛りで880円の看板に妙に惹かれる。

2017-03-29-19-23-35
結局、ハッピーアワーを注文。1ドリンクは生ビール。銘柄はエビスのようです。

2017-03-29-19-27-48
こちら唐揚げ盛り。部位の異なる唐揚げの3種盛り。

BlogPaint
て、ことで1軒目に乾杯!(既に飲みほしてるけど)。

さくっと切り上げて次なる店へ。せんべろラリーだから、もたもたしているヒマはありません。

せんべろラリー2軒目
「⑥estrela cafe bar」

2017-03-29-20-06-18
店選びはせんべろガールズにまかせます。希望は「プレモル以外ならどこでもいい」としか伝えておりません。

2017-03-29-20-07-10
ビルの階段を上がって、3階のお店。知ってないと絶対に入り難い感じ。

2017-03-30-17-16-48
ドリンクは生ビールOK。銘柄は不明。

2017-03-29-20-15-18
銘柄はハートランドでした。せんべろラリーのチケットを活用します。

2017-03-29-20-11-28
1店でドリンク2杯もいらないってことで、みんなでシェアする方式にする。受付ではいいよって言われたけど、お店ではだめって言われたが、無理やり押し通す。

2017-03-29-20-18-00
フードは「合鴨スモークの柚子胡椒ソース」。うまい。どのメニューから選べるのではなく、せんべろラリー専用のメニューとドリンクから選ぶ方式だということに今気づく。そりゃそうか。安いし。

BlogPaint
ってことで、2軒目に乾杯!いっきにラリー人口が7人に増える(顔出しNG多し)。

せんべろラリー3軒目
「⑫タンドゥール」

2017-03-29-20-56-09
3軒目は生牡蠣の写真に惹かれまくったラリーのメンバーの希望で「⑪佐渡島へ渡れ」に行くが、満席で断られる。で、同じビルの別の階にあったインド料理屋のタンドゥールにいくとすんなり入れる。"今年は32年目"だそうです。老舗のインド料理屋。

2017-03-30-17-15-52
こちらもドリンクは生ビールあり。銘柄は不明。

2017-03-29-21-01-33
ホっとひと安心。安定のサッポロ黒ラベル。そりゃそうだよね。サッポロ本社のおひざ元・恵比寿で他の銘柄だったら、営業担当は上司にシバかれることでしょう。

2017-03-29-21-08-50
フードは4種類。これは「ガーリックマッシュルーム」。うまし。

2017-03-29-21-08-54
「チキンカレーとスモールナン」。わりとマイルドな味。

2017-03-29-21-04-01
ってことで乾杯!

BlogPaint
3軒目に乾杯!ヒンドゥー語で乾杯は「チヤルス!」らしい。ギャルズじゃないよ。やっぱり顔出しNG多し(OKなのはせんべろガールズセンターのまゆゆのみ)。

せんべろラリー4軒目
「⑪佐渡島へ渡れ」

2017-03-29-21-25-29
さあ4軒目はさっき満席だった「佐渡島へ渡れ」という独特なお店。けっこうみんな和風なお店にいきたくて、参加店舗にあった沖縄料理屋はフードが「海ぶどう」だけだったので女子たちが盛り下がって敬遠したという。

2017-03-30-17-16-04
ドリンクに生ビールあります。それよりもみんなフードの牡蠣が気になっているもよう。

2017-03-29-21-41-12
生ビールはプレミアムモルツ。味はともかく、そもそもジョッキがスリムなのが気に入らんのです。

2017-03-29-21-41-18
他の連中はこちらの日本酒(佐渡島の地酒)。

2017-03-29-21-47-27
みんなお目当ての生牡蠣。俺は牡蠣はそれほど好きでもない。

2017-03-29-21-46-07
こちらは越乃鶏の竜田揚げ。

BlogPaint
ってことで乾杯。相変わらず、まゆゆ以外顔出しNG。

BlogPaint
どさくさで店員さんと2ショット!

せんべろラリー5軒目
「③BAR GENCO」

2017-03-29-22-21-51
ラリー5軒目はシャレオツなバーです。実は最後は時刻との闘いになりました。遅すぎて店が閉店しているという事態に!ということで比較的遅くまで営業しているバーになりました。

2017-03-30-17-15-42
こちらのメニューは豊富です。せんべろオリジナルカクテルだって!?すごい名称だ・・・。

2017-03-29-22-37-18
ビールがないのでハイボール。やむなし。

2017-03-29-22-44-42
なんかいろいろ頼む(もうほとんど消化試合な感じ)。

BlogPaint
ということで乾杯!奥の個室がたまたま空いていたので通される。が、「せんべろラリー」であることを伝えると、「普段はこういうところには通さないんですけどね」と露骨に嫌がられる笑。せんべろ差別だ!

てことで、せんべろとは真逆な街・恵比寿でラリーでした。恵比寿で6杯飲んで3000円なら悪くないかなって感じ。よくよく考えると1軒目のハッピーアワー880円がいらないんじゃないかと、冷静になってみたりもする。
ここの主催はこういったことをよくやってるらしいので、次回の企画に期待です。

【今日の会計】一人3880円(税込)
1軒目 ハッピーアワーセット 880円
2軒目~5軒目 チケット3000円

恵比寿せんべろラリー
https://machi-bar.jp/1000bero/

チケット3枚つづり
3000円(税込)