日帰り弾丸温泉シリーズ その26

グリーン車で行く那須「北温泉旅館」

冬の平日休み。
夏じゃないから海にもいけないし、寒くて外飲みもできないけど、出かけたい。で、冬と言ったらやっぱりキラーコンテンツは「温泉」!ってなわけで、夜の宴会の前までぶらりと日帰りで温泉に行ってみようシリーズ。

コンセプトは以下。
①車は使わない
だって酒が飲めないから。温泉上がりのビアがうまいのに、それが飲めずに運転するのは地獄!
②特急かグリーン車をできる限り使う
電車内で飲むには在来線では敷居が高い。飲むことはできてもツマミまでは展開しづらい(机がない)。
③新幹線は(当面)使わない
単純に予算オーバー笑。「当面」としたのは今後ネタが尽きて「弾丸新幹線温泉シリーズ」も立ち上げる可能性があるかもということで。
④夜の宴会時間に帰ってこれる範囲
現地から終電で帰るなら行動の幅が拡がるが、やっぱり帰ってからも飲みたい!

ってことで、日帰り弾丸温泉シリーズ第26弾は栃木県の北温泉「北温泉旅館」です。

image
最近はまっている秘湯。その秘湯をまとめたこの本がバイブルとなっている。今回の北温泉はこの本には掲載されてはいないが、秘境の地にあるのだという。

飲みながら行く日帰り温泉シリーズで行ってみた
「日本秘湯を守る会」他の日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート


調べてみると映画「テルマエロマエ」のロケ地になったという。さっそく行ってみることにした。
IMG_8608
品川エキュートが朝8時から営業しているので、ここでツマミやワインなどを買う。

IMG_6619
品川から上野東京ラインの宇都宮行きに乗り込みます。宇都宮までちょうど120分飲み放題(ラストオーダー0分前)。

IMG_8609
居酒屋グリーン車!

IMG_8611
乾杯ビア!

IMG_8610
品川エキュートのワイン屋「ヴィノスやまざき」で、スパワーをゲット。

※スパワー:スパークリングワインの略。世界で初めて「スパワー」と略して言ったのは新橋酔式だと言われている。その当時googleで検索しても出てこなかったため

IMG_8613
品川エキュートの「バルマルシェコダマ」でハムもゲット。

IMG_8614
またまた乾杯!インスタ映えするラベル!

宇都宮~~うつのみや~~~
FullSizeRender
IMG_8615
黒磯行きの宇都宮線に乗り換えます。乗り継ぎ時間は4分。

FullSizeRender
ここから先は残念ながらロングシート。でもお構いなしにビア乾杯!正面の女子の脚にも乾杯!

IMG_8618
FullSizeRender
50分ほどで黒磯に到着。

IMG_8622
IMG_8623
那須湯本行きのバスは約40分後。

IMG_8624
なので駅前をブラタモリしてみる。

IMG_8625
IMG_8626
いきなり渋い店構えの「明治屋」。温泉まんぢゅうが気になる。明治元年に創業したから明治屋だって。ほえ~~

IMG_8637
IMG_8628
呑兵衛的にはむしろこっちの方が気になりますね。この渋い感じのサッポロビール。しかも特約店ってことはサッポロしか販売してないってこと??しかし営業はしてないようだ。残念。

IMG_8629
IMG_8630
これまた大正ロマン的な建物。どうやら「カフェ ド グランボワ」というカフェみたいだ。

IMG_8632IMG_8631
IMG_8633
めずらしい感じの建物。趣きがありますねえ。

IMG_8634
これなんかツタが垂れてジブリっぽい???

IMG_8638
これも渋い店。が、営業している感じはしない。

IMG_8639
ということで、駅前に戻ってきました。

IMG_8640
IMG_8643
那須湯本温泉行きのバスに乗り込みます。

FullSizeRender
バスでも乾杯!

IMG_8648
IMG_8646
バスに乗ること約35分。「那須湯本温泉」乗り場に到着。

IMG_8653
雪が積もっていて気持ちが荒ぶります!


ここに来るのは2度目!
日帰り温泉で有名な「鹿の湯」がここから歩ける距離にあります。

「鹿の湯」に行ってきたレポートはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://gekiyasu-beer.blog.jp/archives/50459807.html


IMG_8651
北温泉はここから大丸温泉行きのバスに乗り継げば近くまで行けるだが、本数が1日に2本しかなくて、今回は時間が合わず。またここから新宿行きの高速バスが出ているようだ。この日は見落としていて、普通に電車で帰ってしまったが次回からは高速バスで帰った方がラクちんかも。

IMG_8655
バスがないのでタクシーに乗り込みます。

IMG_8656
うおおお!雪道!!大興奮!!!

IMG_8657
タクシーで降ろしてもらった場所がこの雪。ここはゲレンデか!?私をスキーに連れてってか!?それを言うなら私を温泉に連れてってか!?

IMG_8659
北温泉旅館はこちららしい。

IMG_8660
うおおおお!この道を進むらしい。往年のファンならここをドラクエ2のロンダルキア台地の銀世界を思い浮かべることだろう。ブリザード出てきてザラキ唱えないで!!

IMG_8664
とりあえず雪道でもビア!べホマ!

IMG_8670
お!何か施設が見えてきましたよ!もしやハーゴンの神殿!?

IMG_8675
このでかいプールは温泉らしい。

IMG_8676
ハーゴンの神殿ではなくて、北温泉旅館に到着!渋い!そしてこの雪がまたいい感じ!いい季節に来たかも!!

IMG_7081
「テルマエロマエ」のこのシーン。ちょうど上戸彩が北温泉旅館についたところですな。

IMG_8677
北温泉とテルマエロマエに乾杯!

IMG_8682
こちらが旅館の玄関らしい。上のつららがすごい。これが任天堂の名作ゲーム「アイスクライマー」だったら、このつららが上から落ちてきて、当たると即死亡である。

さあ旅館に入ってみましょう。
FullSizeRenderIMG_8687IMG_8688
旅館に入ると渋い感じ。おおお、これこれ。

IMG_7082
IMG_7083
「テルマエロマエ」のこのシーンはまさに北温泉旅館のこの玄関のところですな!

IMG_8689
まずは入り口の横にあった”プールっぽい温泉”の「温泉プール」に行ってみましょう。

IMG_8690
ここから外に出るっぽい。

IMG_8692
IMG_8693
IMG_8695
この手前の小屋みたいなのは内湯らしい。

IMG_8691
やっぱりこっちのプールでしょ。雪が積もっているため、足元にご注意ください。

IMG_8713
ひろ~い露天風呂!まさにプール!

FullSizeRender
温泉プールから宿を見たアングル。むむむ!

IMG_7091
「テルマエロマエ」の1シーン。阿部ちゃんと上戸彩がこの温泉プールに落ちる時のアングル!

IMG_8698
ってことで温泉ビア!

IMG_8722
さあ今度は天狗の湯に行ってみましょう~~

IMG_8723IMG_8728
渋い廊下。

IMG_8724
戦勝??戦前のものだろうか??

IMG_8725
IMG_8729
長い廊下を進む。

IMG_8730
天狗の湯!!!


「テルマエロマエ」で上戸彩が天狗の湯にいる1シーン。

IMG_8732
天狗の湯ビア!!

IMG_8731
この湯、実は混浴らしく、ご覧の通り、着替える場所は男女ともにこの棚らしい。バスタオル巻きも禁止なので女性がこの湯に入るにはだいぶ敷居が高いと思われる(最近、脱衣所が男女別になったらしいが、それでも敷居が高いとのこと)。

迫力の天狗。
IMG_8742IMG_8740
下からマリコ!じゃなくて天狗!

IMG_8733IMG_8735
外に出ると打たせ湯がある。

IMG_8737
こちらは家族風呂。ってことは貸切できるのか??

IMG_8745IMG_8747
今度は露天風呂の河原の湯の方に行ってみる。

IMG_8746
渋い廊下。むむむ!

IMG_7084
「テルマエロマエ」の1シーンに出てきた廊下ですな!

IMG_8749
お食事処の亀の間は準備中でした。

IMG_8750FullSizeRender
さあ河原の湯。

IMG_8762
おおお!外に川が流れていていい感じ。だから「河原」の湯なのか。

IMG_8761
IMG_8773
露天ビア!

FullSizeRender
お風呂を上がって玄関口の土間に戻ると猫ちゃんがいました。

IMG_8789
「猫びより」という猫専門のマニアックな雑誌を発見。むむむ!

FullSizeRender
おお!この猫ちゃんはモモちゃんという猫ですね!にゃあ!

FullSizeRenderFullSizeRender
モモちゃんの撮影タイム。

IMG_8799
モモちゃんとビア!!
IMG_7083
そういえば「テルマエロマエ」のこのシーンの右側にニャンコが写ってたけど、モモちゃんじゃなさそう。この宿には以前ティティちゃんという猫もいたそうで、18歳で2015年頃になくなったそうだが、もしかしたらその子かも!?

IMG_7084
この廊下のシーンの下側にいるネコちゃんはモモちゃんかも!?

BlogPaint
モモちゃんと2ショット!!

モモちゃんとの絡みが名残惜しいけど時間がきたので帰ります。
IMG_8806
IMG_8808
タクシーに15時に迎えにきてと伝えておいたので、また雪道を戻ります。

IMG_8810
迎えに来ていたタクシーで那須湯元温泉のバス停に戻る。さらば涙くん!さらばモモちゃん!

IMG_8812
IMG_8815
IMG_8817
バスまで少し時間があったので、バス停すぐ近くの温泉神社(ゆぜんじんじゃ)にお参り。雪の神社もいい感じ。

IMG_8821
この建物も温泉らしいが今回も入るヒマなし。

IMG_8823
さあ帰りのバスがやってきました。

IMG_8824
保冷バッグに雪を入れてキンキンビア復活!(ぬるいビールは飲まない主義)

IMG_8825
IMG_8826
FullSizeRender
帰りは黒磯駅から上野直行グリーン車ビア!お疲れさまでした!

ってことで、北温泉でした。
黒磯駅は雪積もってもないのに、行った先は雪に包まれた秘境。まさに秘湯です!移動時間も実に片道4時間半!新幹線なら広島超えてますわな。ネットなどでは混んでいると書いてあったがド平日に行ったせいか、ほとんど誰もいませんでした。

飲みながら行く日帰り温泉シリーズ
「日本秘湯を守る会」の他の日帰り温泉レポートはこちら
↓↓↓↓
「秘湯を守る会」のレポート

 

【今日のぶらり旅】
品川-北温泉

(今日の買い出し)
品川エキュート

<往路>
品川08:21ー宇都宮10:22
(宇都宮線グリーン車)

宇都宮10:26-黒磯11:17

黒磯駅11:55―那須湯本温泉12:30
(東野バス)

<復路>
那須湯本温泉15:50―黒磯駅16:25
(東野バス)

黒磯16:39―上野19:04
(宇都宮線グリーン車)


○交通費
品川-黒磯(片道)
3020円(乗車券)グリーン券980円

バス 黒磯駅→那須湯本温泉 800円(片道)

タクシー
那須湯本温泉→北温泉旅館の手前
2500円くらい

(今日の日帰り温泉)
○北温泉
「北温泉旅館」
入浴料金 700円